見出し画像

SORJIN日記 072

見事に沖縄支店の夢は消えたのだけど、肝心要の本店もガタガタと揺れ動き出した。

この頃の僕はとてもワンマンで人の言うことをまるで聞かないどうしようもない奴だった。もともと人付き合いが苦手で、PCでの作業が性に合ってた性格なので物事が上手く回らなくなると投げ出したくなる症状に駆られる。

写真撮影チームと映像撮影チームが在籍していたんだけど、いまから業界的にも急成長の分野「映像」を率いる映像チームが全員飛び出していった。ごっそり映像製作するスタッフが抜けた穴は大きかった。

さらに悲劇は重なるモノで、ゴッソリ抜けた映像チームが会社になって、ウチが指定店で入っていた式場に同じく映像指定店で入ってきた。「ああ、やられた」沖縄にうつつをぬかしてる間、裏でそういう話ができあがっていて、知らぬは僕だけだったんだなぁ〜と思うとつくづく人望のかけらも無いんだなぁ〜とすこし本気で凹んだ。何も出来ないスタッフにずっと給料払ってきて何年も投資をし続けてきて、こういう下克上をされるのかと思うとコレが現実なんだと。

性格というのは怖い物で、式場に対してもウチのスタジオよりウチにいたスタッフの会社を取った訳で、自分はもはや「期待されていない」そう悟ってしまうと急激に式場に対する忠誠心も零下まで下がった。式場に対しての不信感は日を追うごとに募る一方で、ブライダルフェアを開催してもウチのブースの向こう側にウチを辞めた子達の会社がいる。まだ若かった僕はどうしても我慢できずに程なくして僕はこの式場を去ることにした。

この手の話って世の中にはたくさんたくさんあると思う。飼い犬にかまれた的な話。建築関係やデザイン、アパレル業界でも引き抜きや勝手に独立してライバル会社になってしまう話。絶対あるある。コレはモラルがあるとかないとかという話ではなく、当たり前にある話なんだなと学ぶわけですよ。

会社以外のモノを全て失った僕はここで衝撃的なモノに出会う。「人間という生き物を学んでこい」と勧められたのが【心理学】だった。本当に申し訳ないがこの頃の僕は心理学というのは壺を売りつけてくる悪い団体と思っていた。(本当にごめんなさい)

もし万が一、壺を売りつけられたら買えばいい。と言われ、「あ、そっか」と開き直って参加してみた。とにかく先生から聞くこと、言われること、しゃべっていること全てが衝撃で、モノゴトのいきさつを見てた??と思えるほど僕の心の闇を暴いた。

聞いた話の断片を拾い集めてみて、今回僕の会社で起こった下克上は僕が「人の心理を知らなすぎる故」の出来事だったんだと腑に落ちた。つまり人の心を無視した行動や言動が招いた暴動だった訳で彼らも自分の身を守るために出て行った事が理解できた。

怒られたら凹む訳で、褒められたら嬉しい。上に立つ人間は人の心理を理解した上で上手に付き合っていかないと、仕事だからとか、スタッフなんだから事務員なんだからとか立場でモノゴトを押しつけたり、命令したりしてはいけない。そうか。給料払ってるんだから仕事やってもらって当然だと思ってた。コレがダメなんだ。コレだよ。コレ。

彼らは悪くない。そう思えただけで壺買ってもいいかなと思ったけど、そこには壺は売ってなかった。そうやって僕は半年間片道3時間かけて大阪まで毎週通うことになった。

誰にも勧めたりはしない心理学。でもこの後から僕の未来に大きな杭を打ったのは事実で、お客さんとの仕事には欠かせないノウハウを学ばせてもらった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
裏千家より茶名<宗仁>を頂いたので名前変えました。Gデザイナー→映像製作→写真撮った事も無いのにフォトスタジオ運営→沖縄に行けるから沖縄フォトウェディング開始→素人なのにカフェを運営→話の流れで古民家買い 結婚式場「家中舎」のプロデューサーに就任。一緒に人生楽しみましょう!

こちらでもピックアップされています

SORJIN日記2019
SORJIN日記2019
  • 12本

めでたいのか??50歳になりました。満を持してnote復活です。20年間たくさんの経験を積んできました。アクティブに生きる事って楽しいのです。お金の稼ぎ方も小出しにしますが、どうでもいいようなことを楽しむ生き方を紹介していきたいと思います。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。