見出し画像

自分のなかの「色眼鏡バイアス」を自覚するということ

〜このnoteについて〜
友人にすすめられてNetflixで観た「軽い男じゃないのよ」という映画、最後までは観ていないものの、自分の考えを深める、とてもいい映画だったのでnoteにします。

「軽い男じゃないのよ」は、 Netflixフランス製作のオリジナル映画。

女性を見下す主人公が、道の電柱に頭を打って目を覚ますと、女性が社会的に強い別世界にまぎれこむ、というストーリーです。

例えば、会社に行くと会議室にいるのは自分以外全員女性、会議の決定事項に反対すると「そんなことを言ってると〜…」とたしなめられたり、街なかには上半身裸でランニングをする女性がいたり、デートでバーに行くとポールダンサーが全員男性だったり、家に帰るとリビングでお母さんがソファで脚を広げてスナックを鷲掴みで食べている横でエプロンをつけたお父さんが掃除機をかけていたりします。

たしかに↑の文章の、「女性」が「男性」に変わる風景は自分が生活する世界で当たり前にあるのに、設定が逆になった途端に「なんとなくの違和感」を持つ自分がいることに映画をみながら気づきました。

----------------------------------------------------

私はバリバリ働きたいという思いが小さい頃から強く、社会に対しても、優秀な女性がもっと仕事の裁量を持てるようになるといいのに、と日々思っています。

また、昔の上司や心ない人たちから「女のくせに〜〜」「若い女性だから〜〜」という、ひどい言われをしたことも1度や2度ではなく、「男性」や「女性」などの「タグ」で人がカテゴライズされない世の中になるといいなぁと思ってきました。

ただこの映画をみているうちに、女性が脚を広げてスナックを食べるなんて…というように知らずしらずのうちに自分自身も「男」「女」というような色眼鏡というバイアスをかけて社会や世の中をみていたことを自覚し、ハッとさせられました。

(ちなみに、「色眼鏡というバイアス」という表現はハヤカワ五味ちゃん@hayakawagomiが先日のCX DIVEの登壇時に使っていたもの。登壇内容自体もかなりわかりやすかったのでぜひレポートでキャッチアップしてみてください。)

----------------------------------------------------

「女性と男性」というテーマの話をすると、「男性は〜だし、女性は〜。だって歴史が証明しているから。( だから変化するなんてありえないし、その必要性はない )  」という表現を目にすることがあります。

話がそれるのですが、サピエンス全史(下)のなかの、「科学革命」の 近代科学の章に

・近代以前の知識の伝統はこの世界について、知るのが重要である事柄はすでに 全部知られていると主張した。

・近代科学は最も重要な疑問に関して、「集団的無知を公に認める 」という点で無類の知識の伝統だ。

・近代科学は進んで無知を認める意思があるため、従来の知識の伝統のどれよりもダイナミックで柔軟で探究的になった。


ユヴァル・ノア・ハラリ. サピエンス全史(下) 文明の構造と人類の幸福 サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 河出書房新社. Kindle 版.

というくだりがあります。

すべてを歴史人間が新しい価値観や知識を獲得するのは、自分たちはまだ何も知らない・無知を認めるタイミングこそスタートなのでは?

という発見をさせてくれたこの章を思い出し、
(男女のジェンダー論というのは科学の話ではかもしれないですが、)

出産ができるできないなど、男女の間で性差として普遍的に変わらないものがあることは自覚しつつも、「本当にそれって当たり前なんだっけ?」という視点で物事をみることが、これからの時代に変化をつくりだすうえで大事なのかもしれないな、と思いました。

軽い男じゃないのよ、自分の色眼鏡の存在を発見するのにかなりいい映画だだと思うので、Netflixユーザーの方たち、ぜひ観てみてください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いいアウトプットをするためにインプットとして毎日読書をするように心がけています。サポートをいただくとインプット用の本を購入させていただきます:)

スキありがとうございます〜!うれしい!
21
クラシルを運営するdely株式会社の広報です。広報のはじめ方「#広報ことはじめ」や、インプットとして読んだ本の#読書ノートを主に書いています!いただいたサポートは大好きな本を買うためにつかわせていただきます:)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。