プリンセス・クルセイド

99

プリンセス・クルセイド 第3部「ロイヤル・プリンセス」#3 【フローラ、華のように】 5

フローラ・ダリア・ラングデイルといえば、イナアハム王国の厳格なプリンセスとして有名だ。自国の王位を継ぐ存在ではないものの、国家としての在り方、指導者としての理想に厳しく、忠実であった。そんな彼女が、闘いで一国の王子の結婚相手――将来の統治者を決めるプリンセス・クルセイドなるものを知ったらどうなるかーー答えは想像に難くない。

「ハイヤー!」

 アンバーが剣を一閃すると、刃の先から太く長い光の束が

もっとみる
ありがとうございます。非常に喜んでおります。

プリンセス・クルセイド 第3部「ロイヤル・プリンセス」#3 【フローラ、華のように】 4

「さすがはフローラ姫。いかなる場合でも全力でいらっしゃる」

 水晶玉に映る闘いの様子を見守りながら、ルチルが嘲笑混じりに呟いた。

「ですが普段よりも、どこか感情的に見えますわね。何か……思うことなどあるのでしょうか」

「普段よりも? 知ったような口をきくんじゃない」

 呟きに乗じたイキシアが意見を述べると、ルチルは噛みつくように語気を強めた。

「私たちは、もう3年もまともな会話をしてない

もっとみる
ありがとうございます。非常に喜んでおります。

プリンセス・クルセイド 第3部「ロイヤル・プリンセス」#3 【フローラ、華のように】 3

チャーミング・フィールドに降り立ったアンバーは、素早く周囲を見渡したのち、静かに息を吐いた。舞台のような岩場が所々に隆起するこの荒野は、彼女の勝手知ったるフィールドだ。まずは地の利を得たといったところか。近くの岩場の上を見ると、片膝を付くフローラの姿が見えた。用心深く辺りを伺う様子から、彼女がこのフィールドに慣れていないことが見てとれる。これ以上は望むべくもない優位な状況だ。

(とは言うものの…

もっとみる
ありがとうございます。非常に喜んでおります。

プリンセス・クルセイド 第3部「ロイヤル・プリンセス」#3 【フローラ、華のように】1

「ふう~っ、よかった。なんとか勝てた」

 リビングのソファにもたれかかりながら、アンバーは天を仰いだ。

「薄氷の勝利……というよりは、ほとんどズルですわね。あのような力の使い方があったとは」

 水晶に映る、牙のように歯が伸びたタンザナの姿を見て、イキシアが呆れたように呟いた。

「この女、ヴァンパイアだったのか? 実在していたとはな。面白いこともあるもんだ」

 ルチルは都合5杯目のコーヒー

もっとみる
ありがとうございます。非常に喜んでおります。

プリンセス・クルセイド 第3部「ロイヤル・プリンセス」#2 【叡智の姫君】6

眼下で変貌したタンザナの姿を目の当たりにしたインカローズは、突然身震いを覚え、反射的に剣を構えた。魔術がいかに感情的なアーツであり、このチャーミング・フィールドが人の精神的な面を映し出す場であろうとも、彼女の心はこの瞬間まで氷のように沈着冷静に研ぎ澄まされていた。

 それなのにーーいや、だからこそ、彼女は己の中に沸き立つ原初的な恐怖に囚われかかっていた。ヴァンパイアなどとーー人の子の血を吸って生

もっとみる
ありがとうございます。非常に喜んでおります。
1

プリンセス・クルセイド 第3部「ロイヤル・プリンセス」#2 【叡智の姫君】 5

「ハアーッ!」

 風を纏い宙に浮かぶインカローズが、地上のタンザナ目掛けて斬撃波を撃ち下ろした。

「くっ!」

 タンザナはこれをバックスステップで躱し、間合いを取った後に斬撃波を撃ち返す。

「ヤーッ!」

「ふんっ!」

 空中のインカローズは、薙ぎ払うように剣を一閃した。すると、剣から超自然の風が現れ、包むようにして斬撃波を飲み込んだ。

「はあっ!」

 インカローズがもう一度剣を振る

もっとみる
ありがとうございます。非常に喜んでおります。
2

プリンセス・クルセイド 第3部「ロイヤル・プリンセス」#2 【叡智の姫君】 4

「やはりインカローズも来ていましたか……ということは、フローラも?」

「当然だ。お前にとっちゃ不運かもな」

 ソファの隣に座るイキシアの問いかけに挑発的に答えると、ルチルは手に持ったマグカップの中のコーヒーを一気に飲み干し、カップを勢い良くコースターの上に置いた。

「お代わり持ってこい!」

「……ルチル王女……なんでそんなに堂々と居座ってるんですか」

 ポットを持って立つアンバーが、ルチ

もっとみる
ありがとうございます。非常に喜んでおります。
2

プリンセス・クルセイド 第3部「ロイヤル・プリンセス」#2 【叡智の姫君】 3

「なるほど」

 チャーミング・フィールドに降り立ったタンザナは、周囲を確認すると静かに独りごちた。彼女の周りには、本棚の列が放射状に広がっていた。すべてを見渡せるわけではないが、おそらく相当な冊数の本が納められていることだろう。察するに、ここは図書館に違いない。

「しかし……先程までも図書館にいたはずでは? もしや……うっかりフィールドに入り損ねたとか?」

「そんなわけないでしょう?」

 

もっとみる
ありがとうございます。非常に喜んでおります。
1

プリンセス・クルセイド 第3部「ロイヤル・プリンセス」#2 【叡智の姫君】 2

インカローズにとってウィガーリーの城の図書室といえば、ほとんど自分の別荘といっても差し支えなかった。収められている蔵書のラインナップに関しては、生半可な関係者よりも詳しい自信がある。あるいは城主のアキレア自身よりもーーそれは少し大袈裟か。
 ともあれ、そのようなインカローズであったが、今回ばかりは読書が目的ではない。扉を開けて図書館へと入室した彼女は、まず静かに周囲を見渡し、目当てのものを探した。

もっとみる
ありがとうございます。非常に喜んでおります。
1

プリンセス・クルセイド 第3部「ロイヤル・プリンセス」#2 【叡智の姫君】 1

「……そんな態度はもうよせ。いい加減に顔を上げてくれないか」

 玉座に座るアキレア王子は、彼の前に恭しく頭を下げていた2人の姫君に半ばうんざりしたような声をかけた。

「王子、礼節というのは常に欠かしてはならないものです。それこそがが人の人たる由縁なのですから」

 2人の姫君のうち長髪のほうが、頭を下げたまま毅然とした言葉で答えた。

「つまり、『親しき仲にも礼儀あり』ということですね。相変わ

もっとみる
ありがとうございます。非常に喜んでおります。
1