見出し画像

理想と現実にズレが生じてきたら。。。

あなたの挑戦を全力でサポートします!
美容コンサルディレクターの久保田ひさとです♪

セブンイレブンの " 安納芋羊羹 " に久保田まっしぐらです♪
#こう見えて甘党


さて。


人生の大半は仕事です。
その仕事を楽しく幸せに、そして何より "意味や価値" のあるものにするためのお話しを♪


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ いま目の前の状況を変更するために
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人とは違う『結果』を望むなら、人とは違う『行動』を取らなければならない。
人とは違う『行動』を選び出すには、人とは違う『思考』を持たなければならない。

現状を変化させたいのならば、結果が出るまで、異なる "行動" 異なる "思考" つまり
『考動』が手放せないんです。

『考動を変えずに結果だけ変えよう』
実は、そんな魔法ってないんですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 人間は基本的に怠け者で消極的な生き物
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

消極的な私たちであっても、意欲的になれることがあります。


それは、『好きなこと』に対して。


我々美容従事者は、そもそも好きな仕事として、この世界に飛び込んでいます。
しかし、その内容は多岐に渡ります。


大切なのは、 "好きなことを仕事にする" ということ。
好きなことを仕事にする、事実のままで仕事をするからこそモチベーションがあがり、創造的や独創的な発想も思いつきます。


「人と異なる結果を出すには、人と異なる思考を持つ」


日本人は兎角、好きなことと仕事を分け離す傾向があります。
大部分の人が、 "望んではいない仕事 " をしています。
なので、「好きなことで仕事をする」という異なる行動が異なる結果を生み出すのです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 準備ばかり頑張って行動しない人
━━━━━━━━━━━━━━━━━

何も行動しないうちから、あれやこれやで悩んでいたり、色々調べているうちにデメリットがいくつも浮き出てきて、結局は諦める...
そんなことって結構ありますよね。


人間って新しい行動を実は嫌います。
それって "本能的な力" なんです。
我々は元来、本能的に心理的に「昨日と変わらない状態」を好む生き物。
新しいことに対する抵抗感が備わっています。
なので、「昨日と同じ状態でいてね」と本能が私たちの脳に働きかけています。


これを違う状態にするには『新しい行動をとにかく起こすこと』
肝心なのは『即動くこと』なのです。


━━━━━━━━━━━━
▼ 固定観念から逃げ出せ
━━━━━━━━━━━━

「今後の目標って何ですか?」
「サロンの売上目標ってどのくらいですか?」

そんな質問をいただくことがありますが、僕は目標をまったく定めていません。
誤解のないように申し上げときますが、「目標を立てないほうが良いよ」とは思っておりません。


『好きなことを追い求めることが仕事』なのですから、目標で縛りつけることはありません。
目標って、丈夫でない自分を律するために立てるものであって、 "強い願望や欲求を持っている人に目標は必要ない" かなと思います。


僕が目標を立てない理由に『未来はわからない』という考えもあります。
分かりやすく言えばコロナです。


この数ヶ月で世界は一変しました。
誰かこの状況を予想できましたか?
中長期の目標の意味を僕は感じません。
たった数ヶ月先のことすら、予測がつかないのですから。
なので、『今を全力で生きる』これなのです。


それでも。。。


目標がないと...という人もいると思います。
実は目標って、「立て方」が明確にあります。


先ず目標に対する認識ですが、「嫌なことでも面倒なことでも達成できるために設定するもの」です。


【目標には3つ種類があります】

1. 達成目標
2. 行動目標
3. 実行目標


世の中の殆どの目標が "根性論" に過ぎません。理想論である目標数値を、現実的な今日のタスクまで具体化する作業こそが目標設定。

1. 理想である達成目標
2. それを実現する細分化された行動目標
3. 今日やるタスクまで落とし込んだ実行目標

この3段階で具体化しましょう。
そして目標設定は、自分の理想を想像するところから始めましょう。


━━━━━━━━━━━━━━
▼ 客数でいくか客単価いくか
━━━━━━━━━━━━━━

すべてのビジネスは、「客数」を重視するか、「客単価」を重視するかで分けられます。
僕の場合は、『客単価重視型』で腕を奮っています。


なぜなのか?


そもそも人口が減少しているので、薄利多売(客数重視型)で戦う時代ではない。
それと、『信用信頼の時代』であるということ。
なので、少数精鋭サロンはここで全力疾走です。
集客ばかり目がいく人がいますが、客単価=顧客満足度です。
信用信頼の時代、どちらでいくかは明白です。


━━━━━━━━
▼ 『顧客定義』
━━━━━━━━

いつも申し上げますが、『あなたのお客さまは誰ですか?』が、ビジネス・経営にとって何より大切です。
そもそも、喜ばれることを目的にサロンを展開するわけです。

あなたの腕前を発揮できるお客さまを定義することから事業は始まります。
そして、お客さま(ファン)のことを深く深く想いましょう。
喜ばれることを目的にサロンを展開しているのですから。。。
顧客定義、大切です。


ということで。


★ 悩みごとがありましたら、お気楽にメッセージお待ちしております。

★ ブログでは当たり前のことを平面的に書いています。コンサルでは現代のサロン運営をあなたに合わせてご提案しております。


▼久保田ひさとプロフィール
https://note.com/konsal_director/n/ndd07232d2ec2


▼ コンサルはこちらを
https://note.com/konsal_director/n/n10708e5b441e


▼ background contents
https://note.com/konsal_director


=クボタコンテンツ=

#集客アップ
#売上アップ
#客単価アップ
#来店頻度アップ
#スタッフ教育
#ファンづくり
#LINE公式アカウント提案
#noteの活用
#店舗デザイン提案
#HP作成お手伝い
を改善できます。

開業10年未満のリアルオーナーから
開業前のプレオーナーまで
#コンサル受付中
#セミナー開催受付中
#コーチング
#美容師
#ネイリスト
#アイデザイナー

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
僕もスキです♡
18
【客単価・生産性・人時生産性が全国美容室平均の3倍以上の数字を持っています】ビューティーコンサルディレクター/少数精鋭サロン育成研究所 主宰/ベンチャー美容師/benchmark 代表/Rogos株式会社 代表取締役/県美容組合 第6代理事長/あなたの挑戦を全力でサポートします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。