見出し画像

英単語を覚えるのに、単語帳は使わない方がイイ?

「英単語帳で単語覚えているんだけど、中々覚えられなくて、、、」とか、「単語帳使っているんだけど、つまらなくてやりたくない、でも、やんなきゃな。。。」、「単語帳使って単語覚えるのって、どうなの?」と思っている人へ書きます。

こんにちは!コウスケです! 僕は、現在アメリカに留学中です。

今回は、「英単語を覚えるのは、単語帳を使わない方が効率がイイ」というテーマで話していきたいと思います。

皆さん、英単語覚えるのに、単語帳使っていませんか?

結構、使っていると思います。高校くらいになると、学校から単語帳もらって「これ、覚えろ」みたいな感じで言われると思います。

だから、大人になって、再び英語学習を始めようとすると、みんな単語帳を使って単語を覚えがちです。

しかし、僕の経験からすると、はっきり言って単語帳は効率が悪いです。

なぜか?

結論としては、アウトプットの機会と状況を、自分で作らなきゃいけないからです。つまり、アウトプットをやりにくい方法だからです。

まず、単語を覚え、記憶に定着させるためには、インプットした後に、アウトプットが必須です。

むしろ、このアウトプットが、英語学習において、一番大切かもしれません。覚えた単語を使って、初めて、自分のものになるのです。

「当たり前じゃん!」、「そんな事知ってるよ~」なんて言う人は、沢山いると思います。

しかし、しっかりアウトプットしている人は、すごく少ないと思います。

そして、僕の意見から言うと、アウトプットしないのではなくて、アウトプットできない方法でインプットしてしまっているのではないかと思います。

なぜでしょうか?

まず、日本の英語教育の観点から見て解きましょう。

#日本の英語教育の問題点とは?

画像1

よく、日本人が英語を話せない理由は、日本の英語教育が悪いからと言われます。

では、何が悪いのか?

それは、学習形態がアウトプットしないでインプットをひたすらするということが挙げられます。

つまり、覚えたんだけど、応用せずに、ただ自分の頭にためようとする。

僕も、高校生まで、日本の学校教育を受けました。授業では、文法の説明を受け、単語をやみくもに覚えるといった、インプットを沢山やれば、最終的にインプット出来るっていう教えでした。

「テストというアウトプット形態があるじゃないか?」という人もいるかもしれませんが、テストをするのはいつですか?インプットして、結構経ってからですよね。もう、忘れています。。。

だから、アウトプットなしのインプットなんです。筋トレせずに、たくさん食べれば健康体になるみたいな教えです。

最近、ベストセラーになった「アウトプット大全」という本では、インプットとアウトプットの割合は、3対7だそうです。アウトプットの割合の方が、多いんですよ。

にもかかわらず、インプットして、話す・書くの機会が学校ではない。

この、アウトプットなしの、インプットが日本の英語教育の問題だと思います。

そして、私たちはアウトプットが出来ないインプット方法を教えられる、そして、それを大人になってもやろうとする。だから、アウトプットが大事だと思っていても、できないのです。

#単語帳で学習する方法も学校で教えられた、アウトプットがやりにくい方法です。

では、単語帳学習の問題点とはなんでしょうか?

#単語帳学習はなぜ問題なのか

画像2

単語帳は、英単語を覚えるために手っ取り早い方法だと思います。

僕も、「単語覚える・語彙増やす」=「単語帳使う」みたいなマインドがあります。

しかし、英単語を単語帳を使って覚えることもアウトプットがやりにくいインプット方法だと思います。

なぜなら、単語帳で単語を覚えると、単語を覚えて、使おうっと思っても、使うシチュエーションにいざ出会ったときに、とっさに、その単語が使える状況か見極めて、頭から出して、使うというプロセスを踏むからです。

1、状況に出会う⇒2、状況判断⇒3、単語を引き出す⇒4、文章を作る⇒5、使う

この、一連の長いステップを踏まなければなりません。

だから、単語帳で単語を覚えるのは効率が悪いのです。

テストのための英単語暗記でなければ、英単語帳を使って単語を覚えるのは、おススメしません。

#では、どのような方法がイイのか?

画像3

まず、オンライン英会話や英会話スクール、もしくは、海外に留学しているといった、アウトプットができる環境があることを前提とします。

#1、映画やアメリカのテレビ番組で覚えること

一見、効率が悪いと思いますが、単語帳に比べて、アウトプットが簡単です。

なぜなら、使えるシチュエーションが把握しやすいからです。

つまり、1、状況に出会う⇒2、使うという2つのステップでいいわけです。

映画やテレビで覚えると、シチュエーションが分かるので、状況に遭うとすぐに使うことが出来ます。

#2、YouTubeなどで、「ネイティブがよく使うフレーズ集」みたいなのを使って覚えること

なぜなら、すぐにアウトプットできるチャンスに出会える確率が高いからです。

よく使うフレーズで、「よく使われる」のです。だから、使用頻度が高い言葉なので使える確率が高いのです。

#3、ネイティブが使っている言葉を盗んで覚えること

この方法が、僕の中では一番イイ方法だと思います。

なぜなら、覚えた瞬間に使えるからです。

例えば、、、自分:I was supposed to do my homework yesterday,but I went shopping instead because I felt like that was boring. 相手: You might be procrastinating. 自分 : Procrastinating?What does it mean? 相手: Procrastinating means do not do until the last minute. 

こんな感じで、もう使っていますよね笑

つまり、分からなきゃ使って意味を聞けばいいし、知ってれば、会話の中で繰り返せば、アウトプットしたことになるのです。

とても、効率的にアウトプットが出来る方法ですよね。

まとめ

学校で教えられたせいか、単語帳で単語を覚えようとする人がとても多いです。しかし、単語帳で単語を覚えるのは、効率が悪い方法です。というのは、アウトプットがやりにくい手法だからです。

おススメの方法としては、映画やテレビ番組を使って覚えること・YouTubeで「ネイティブがよく使うフレーズ集」を使って覚える・ネイティブが使っている単語を盗んで覚えるの3つが挙げられます。

なぜなら、アウトプットを出来る機会が多く得られ、アウトプットをしやすいからです。

参考になりましたか?少しでも、ためになれば幸いです。

ありがとうございました。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
アメリカのDe Anza Collegeに現在留学中! 英語・中国語・日本語話者 専攻/物理&人類学 英語や中国語学習、留学で経験した事や人々の特徴を中心に発信していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。