見出し画像

感想:『最軽量のマネジメント』山田理

うちの管理職が最近弱っているので、何か参考になればなーと手を伸ばしてみた。概要はこんな感じ。

概要

マネジャーが背負いすぎていることを認め、無理があることを認めよう。その上で、情報をヒエラルキーなく全員に共有することが大事。情報共有の範囲を制限せず、判断を伴う意思決定の場面でのみ、やむ終えずマネジャーの出番となる。チームみんなで業務を分散してマネジャー1人に背負わせるのはやめよう。

感想

いわゆる管理職の役割を考えなおした一冊。カチッとしたビジネス書と異なり、なんだか筆者と会話をしているような錯覚に陥る。自分の中では書きぶりが異色であり、また面白い本である。

一言で言うと、マネジャーは業務をメンバーに分散せいってこと。逆に言えば、メンバーはマネジャーの業務を奪うほど主体的になるべきだ。私自身はマネジャーではないが、職場ではマネジャーに業務が集中している。故にマネジャーが軽くなるよう分散が必要なことも共感できる。
一方で、マネジャー主担当の業務をサポートすることもマネジャーの負担軽減つながる気がする。業務は主担当と副担当とその他のイメージが強い。簡単な業務だけでも、並列な担当にできたらどうなんだろう。マネジャーが軽くなるか気になるところ。そもそもマネジャーとか言わずに、チームの業務進捗をフォローする担当と、重要な判断をする担当とが分担されるだけでも良いのかも。

マネジャーもそうだが、メンバーサイドにも、マネジャーに背負わせない意識が大事だと思う。組織に属する人なら、立場に関わらずチームに布教したら良いと思う一冊。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
今年は50冊本を読みたいひと。ふわっとした話とか、日常のこととか。

こちらでもピックアップされています

ライツ社応援の声
ライツ社応援の声
  • 50本

ライツ社の本やライツ社の活動などについて思いを綴ってくれたみなさんの投稿をまとめています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。