ブラウジングバズの起こし方__1_

YouTube内でブラウジングバズを起こす動画の特徴

【2019年9月追記!】
何度もバズをみてきた中で、「バズを起こす動画」に共通することを見つけたので書きました。
【2019年1月追記!】
「バズるネタの見つけ方」について書きました!
ぶっちゃけ教えたくない…!
【2018年12月追記!】
1日1万再生を超えるバズが発生したので追記しました!
※再分析し、noteを更新していきますが、更新の際に価格も上げる可能性もあるため気になる方はお早めに!

■2018年
・12月9日:200円で販売開始
・12月25日:好評と追記につき300円にて販売
■2019年
・1月21日:好評と追記につき980円にて販売
・1月27日:好評につき1280円にて販売
・2月1日:好評につき1580円にて販売
・9月8日:好評と追記につき2480円にて販売

こんにちは、YouTubeアナリスト/プロデューサーのこにこな(@konikonaYTA)です。

過去、自分自身でエンタメ系YouTubeチャンネルを作り、今は演者をやめて、YouTuberを支える仕事をしています。

今回の記事ではYouTube内のバズについて、自身が運営していた「こじらせギャング」というチャンネルと、仕事で携わっているチャンネルの経験からバズの狙い方をまとめていきます。

仕事で携わっているチャンネルに関しては、数字を直接お出しすることはできませんが、自身が運営していたチャンネルの方は実際のデータを出す貴重な情報かと思います。

過去運営していたチャンネルでは、いくつかバズを起こした動画がありました。

こちらは2019年1月21日現在190,000再生。

こちらは2019年1月21日現在40,000回再生。

大きなバズではなく、1日あたり2000回〜3000回再生があるような小さなバズです。

画像1

今回のバズがどのような経路からのバズか調べたところ、ブラウジングという機能によるバズでした。

このnoteでは、ブラウジングバズを起こした動画を分析し、YouTube内でのブラウジングバズの起こり方について考察していきます。

(そもそもブラウジング機能が分からない方は下記記事で分かりやすく解説しています!)

▼このnoteの感想

▼人気の関連note

ブラウジング機能とは

そもそも「ブラウジング機能」というものは、YouTubeトップ画面におすすめとして表示される機能です。

これはチャンネル登録をしていないユーザーであっても、YouTubeから興味関心度の高いと考えられるユーザーには表示されます。

スマホにしても、パソコンのブラウザにしても、YouTubeのサイトを開くとまずはトップページにいくので、そこに動画が掲載されるわけですから、当然再生回数や再生時間が爆上がりするわけです。

ブラウジングバズを起こす動画の特徴

ここからは、実際にブラウジングバズを起こした動画から、どういった動画がブラウジングバズを起こしやすいのか考察していきます。

この続きをみるには

この続き: 3,876文字 / 画像3枚

YouTube内でブラウジングバズを起こす動画の特徴

kona_konishi57

2,480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

投げ銭サポートも嬉しいですが、それよりも無料でできる拡散の方が嬉しいです。皆さんの感想をぜひTwitterなどで聞かせてください。

スキって言ってくれるキミがスキ!!
8
YouTubeアナリスト/プロデューサー。TwitterやブログでYouTubeノウハウを更新してます。携わっているチャンネルの再生数は月間1300万再生以上!ブログはこちら▶︎https://konikona.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。