見出し画像

連休日記 下北沢 2020/11/21

11月の連休の最初の日は、こりんさんと一緒に下北沢に行った。下北沢は、私のなかで「キレイめなサブカル」というイメージがあり、こりんさんは行ったことがないそうで、きっと気にいると思ったのだ。

下北沢でおすすめスポットを検索してみると、見事に好きな感じのスポットが集まっている。

ランチは、野菜がいっぱいでおいしそうな「Rojiura Curry SAMURAI.下北沢店」へ。下北沢はカレーの街だっていうのを初めて知った。

画像1

画像2

私は20種類の野菜カレーで、スープはマイルド、辛さ普通、ライスは120gでちょうどよ……夜まで結構お腹がいっぱいな感じだった。野菜がたっぷりでとてもよく、これくらいの野菜を日々食べ続けるにはどうしたらいいかな、と考えていた。こりんさんは、この店のどこに侍感があるのかをずっと考え続けていた。

THE古着屋といった雰囲気のWE GO下北沢店。

フロリダ下北沢店。

東洋百貨店。これまた古着屋がたくさん。

画像3

開放的な駅ビル「シモキタエキウエ」

数あるヴィレヴァンのなかでも最大級の、ヴィレッジヴァンガード下北沢店ないしマルシェ下北沢。昔わくわくしたヴィレヴァンの姿がここにあるといった感じがする。

画像4

「下北線路街 空き地」、ちょっとしたオープンなイベントスペースになっている。

この前に行った「シモキタエキウエ」や、このあとに行く「BONUS TRUCK」も含めて、小田急線「東北沢駅」〜「世田谷代田駅」の地下化に伴ってできた、全長約1.7kmの線路跡地の再開発の試みなんだそうだ。開放感ある空間が心地よい。

その後はてくてく歩いて喫茶ネグラへ。5組並んでいて、空いたら電話連絡してくれるということで、予約をして次の目的地「BONUS TRUCK」へ。本屋B&Bがいつの間に移転してこちらのスペースに入っていた。

どうもカレーがお腹いっぱいなのと、カフェを予約していることもあって、どこかに入ったり食べ物を物色したりという気持ちになれなかったけど、発酵デパートメントやコロッケカフェなど、こだわりの小商いが集結している感じがいいなと思った。近くにあったら充実しそうな。

クリームソーダのメニューが豊富な喫茶ネグラ。

画像5

桃ビールのフェアをやっていた「TAP&GROWLER」でちょい飲み。

画像6

下北沢は古着屋がやたら多い街だった。そして、竹下通り的な少し俗っぽいところがあることも、訪問するまですっかり忘れていた。しかし、カルチャーの集積地として、古着もそうだし洗練された食文化も、オープンな街づくりも、やはり自分の好きな雰囲気ではあることに変わりないなと思ったのであった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
💖
6
とあるWebメディアの編集者。日記や日々の気付きなどを毎日更新。 まとまった文章ははてなブログに書いています: https://kondoyuko.hatenablog.com/