近藤康平

近藤康平/絵描き・ライブペインティングパフォーマー。鳥取大学大学院農学研究科にて森林学を学ぶ。絵本書店員・絵本編集者を経て、29歳の時に絵を描き始め今は絵描きです。個展情報、散歩、旅の話、考えていること、絵の手法など書いています。twitter/InstaID kondo1975

近藤康平

近藤康平/絵描き・ライブペインティングパフォーマー。鳥取大学大学院農学研究科にて森林学を学ぶ。絵本書店員・絵本編集者を経て、29歳の時に絵を描き始め今は絵描きです。個展情報、散歩、旅の話、考えていること、絵の手法など書いています。twitter/InstaID kondo1975

    マガジン

    • ライブペインティング

    • 僕の絵の紹介をします。

    • 台湾

    • 音楽

      僕の好きな音楽やライブのこと。

    • 人物紹介

      僕が出会い影響を受けてきた人。僕を今の導いてきてくれた人たち。面白い人たち。

    ライブペインティング

    すべて見る
    • 49本

    3月14日〜3月18日青山月見ル君想フにて満月集会開催

    刺身+日本酒+桜 日本人なら誰しも心踊るこのコンビネーションがライブハウスで実現! お刺身は豊洲場内市場から直接取り寄せた、普段なかなか食べることのできないレベルの刺身(数量限定)。 その刺身に合う用に厳選された日本酒。 店内を彩る桜の生木。 そしてイベント期間中は画家近藤康平氏の個展も同時開催! 毎日行われる豪華アーティストとのコラボレーションライブ。 これは現実なのか夢なのか イベントの理想を追求した末に完成した究極の会 それが「満月集会」 チケットは3月1

    スキ
    12

    1月17日(月)〜1月31日(月)は下北沢440で個展です。

    ライブハウスで個展というのは音楽が好きな僕にはずっとしたかったことで、壁が絵で飾られている中で音楽を聴くという風景を作りたかった。それで下北沢440でそんな企画が始まったのが2年前。今年もさせてもらえることになりました。 新作を含め全部で40点ほどの絵を展示します。 今回は即売会ということで全ての作品はお買い求めいただけますしその場でお持ち帰りいただけます。絵を持って帰るってなかなか素晴らしい経験なのでもし良かったらよろしくお願いいたします。そして本当に申し訳ないのですが

    スキ
    16

    12月29日や渋谷7thfloorにて忘年会企画

    日時:2021 12.29(水) イベント名:"近藤康平とZUNDOKO ROPPONGIの忘年会2021 1部" ライブペインティング:近藤康平 夜空とビール / SOLVALS(f.okinawa)DJZUNDOKO ROPPONGI(#wppp_jp)food飲&YO! OPEN 19:00 / START 19:30 ADV ¥2400 (+¥600 ドリンク代) チケットの予約に関しまして 本イベントは予約制となっております。 ご予約はTIGETにて行いま

    スキ
    7

    12月17日は渋谷でライブドローイング

    近藤康平 個展“into”@SHARELOUNGE開催記念イベントも決定!! ゲストに、大野雄介&Kensuke Takahashi(LUCKY TAPES)が登場! イベント開催日:12月17日(金) 出演:近藤康平(Live Drawing)× 大野雄介 ×Kensuke Takahashi(LUCKY TAPES) OPEN:18:30 /START 19:00 チケット代:3500円+1D(500円)or Free Drink Plan(1500円)お選

    スキ
    7

    僕の絵の紹介をします。

    すべて見る
    • 96本

    1月17日(月)〜1月31日(月)は下北沢440で個展です。

    ライブハウスで個展というのは音楽が好きな僕にはずっとしたかったことで、壁が絵で飾られている中で音楽を聴くという風景を作りたかった。それで下北沢440でそんな企画が始まったのが2年前。今年もさせてもらえることになりました。 新作を含め全部で40点ほどの絵を展示します。 今回は即売会ということで全ての作品はお買い求めいただけますしその場でお持ち帰りいただけます。絵を持って帰るってなかなか素晴らしい経験なのでもし良かったらよろしくお願いいたします。そして本当に申し訳ないのですが

    スキ
    16

    取手個展、渋谷個展在廊予定です

    12月。今年の締めくくりにふたつの個展をします。一つはやはり今年もたくさんお世話になったし活動の主な舞台となってくれた東京で。そしてもう一つは僕が生まれ今も暮らしている茨城県取手市で。 東京の個展の会場は渋谷のスクランブルスクエアの「シェアラウンジ」。TSUTAYAが展開するワークシェアスペースです。ワークシェアスペースでの個展というは初めての経験です。ご覧いただくにはミニマムで入場料金1000円+税が必要なのですがこれでソフトドリンク飲み放題付きです。(後は料金によっては

    スキ
    16

    2021.12/10~12/26渋谷スクランブルスクエア「シェアラウンジ」にて個展

    近藤康平 個展”into” SHARELOUNGE@渋谷スクランブルスクエアにて開催決定! 絵描き:近藤康平 個展タイトル「into」 場所:SHARELOUNGE@渋谷スクランブルスクエア店 (TSUTAYA BOOKSTORE 渋谷スクランブルスクエア) https://sharelounge.jp/tbs-shibuya-scsq/ 〒150-6111 東京都渋谷区渋谷2-24-12渋谷スクランブルスクエア11F(渋谷駅直結・直上) TEL:03-6

    スキ
    20

    2021.12.4〜12.26故郷茨城県取手市ではじめての個展

    近藤康平個展「birth」 会期:2021年12月4日(土)〜12月26日(日) 会場:茨城県取手市「ju-tou」ギャラリースペース(1階)&カフェスペース(3階) 【住所】茨城県取手市井野1丁目7−10 【電話】 0297-72-1238 【HP】https://jutou.exblog.jp 営業日時:ギャラリースペース/カフェスペース共に 12:00~17:00 Open 火・水休業 土日の作品の観覧は18:00まで 【僕が会場にいる日時の予定】 4日(土)12時〜

    スキ
    64
    • 12本

    台湾での画集取り扱い始まりました

    致台灣朋友 去年冬天,我的第一本艺术书出版了。我没有办法把这本艺术书送给台湾人。但最后,出现了一家出售这本艺术书籍的台湾书店。请检查这个网站。我希望你喜欢它。 这次是covid-19。我不能去台湾。但我期待着通过艺术书与您建立联系。 如果您與朋友分享此信息,我會很高興。 謝謝你。 「柳橋出版」 https://www.koshikalife.com/products/kondokohei2020 To friends in Taiwan Last winter, my fir

    スキ
    6

    "It's nice to finally meet you in person"

    今日やることは二つ。 先日書いた画集のあとがきがかなり文字数オーバーだったので削ること。 気合い入れすぎてあれもこれも書いていたら倍ぐらいになっていた(笑) あとは台湾の大好きなユニットGood bandが今度MVを作るのだけど僕のライブドローイングで作りたいということなのでその素材の撮影。 ディレクターのAliveくんは初めましてだけど今までの仕事とてもセンスがいいのでどうまとめてくれるかとても楽しみ。 本当なら僕が台湾に行ったり彼がこっちに来たりして仕事ができれ

    スキ
    9

    台湾とつないでのバライとのセッションは楽しかった

    先日、台湾台東の巴賴Balaiに声をかけていただいてオンラインでセッション配信しました。 巴賴Balai自身は台東 の「音樂聚落 」というステージで観客有りでライブをし、その背後のスクリーンに僕の絵が映し出されコラボするというスタイル。 僕も一度、音樂聚落ではライブをしたことがあるのですが野外で周りに大きな木が繁り、台東のゆるくて優しい風が気持ちのいい大好きなステージ。 本番はそんな台東の空気やお客様たちを感じながら描きました。 バライも言っていたけれど本当にジーンと

    スキ
    9

    9月18日(金)21時〜台湾のバライ君とオンラインセッション配信

    台湾台東の巴賴Balaiにお誘いいただき、明日金曜日本時間21時から配信でセッションすることになりました。以前、僕もライブをさせてもらった台東の鐵花村 「音樂聚落 ‧ 慢市集」 でバライがライブをしてその後ろのスクリーンに僕の絵が映し出されます。 こうしてこんな状況でも台湾の巴賴Balaiと一緒にできるのは本当に嬉しいな。 当日はバライのfacebookファンページからライブ配信します。 よろしくお願いします。 「露水之蒔」 巴賴Balai×近藤康平 2020.9/1

    スキ
    6

    音楽

    僕の好きな音楽やライブのこと。

    すべて見る
    • 9本

    7月23日ビューティフルハミングバードとのコラボライブドローイング作品抽選販売

    【Live drawing 抽選販売】 ●7/23(金)ビューティフルハミングバード@下北沢440 Live drawingで完成した絵を一部販売致します! 【応募方法】 📧応募先:doublefantasy1975@gmail.com 上記の連絡先に、下記内容をご記入の上ご応募ください。 メールの件名に第一希望の作品タイトル。 本文 ①ご希望作品のタイトル ②お客様のお名前 ③伝えたい事などあればご記入ください。 複数希望の方は第2、第3希望などもご記入ください。

    スキ
    5

    9月23日、鹿の一族とライブドローイングします。

    イベント名:【来場 生配信】近藤康平 × 鹿の一族 ”ムースの国で会いましょう” 日時:2021.09.23(木) 会場:下北沢440 【web】http://440.tokyo/events/2021-0923-18/ 時間:OPEN / START17:30 / 18:00 【来場チケット】前売¥3,500(1drink¥600別) / 当日¥500up 【配信チケット】¥2,000+ドネーション 【来場チケット予約 8/3 12:00〜】 e+イープラス:https

    スキ
    4

    7月17日Ryu Matsuyama Soloとのライブドローイング作品抽選販売

    【Live drawing 抽選販売】 ●7/17(土)Ryu Matsuyama Solo@新代田crossing Live drawingで完成した絵を一部販売致します! 【応募方法】 📧応募先:doublefantasy1975@gmail.com 上記の連絡先に、下記内容をご記入の上ご応募ください。 メールの件名に第一希望の作品タイトル。 本文 ①ご希望作品のタイトル ②お客様のお名前 ③伝えたい事などあればご記入ください。 複数希望の方は第2、第3希望などもご

    スキ
    7

    よっしー×こーせー×近藤康平live drawing作品抽選販売

    【Live drawing 抽選販売】 先日、突如始まった よっしー×こーせー×近藤康平の インスタライブをご覧頂いた皆さま ありがとうございました! お問い合わせが多数ありましたので、即興Liveで完成された絵の一部を抽選販売させて頂きます! (近藤康平Instagramにて一部のアーカイブが残っております。宜しければご覧下さいませ) 【応募方法】 📧応募先:doublefantasy1975@gmail.com 上記の連絡先に、下記内容をご記入の上ご応募ください。

    スキ
    16

    人物紹介

    僕が出会い影響を受けてきた人。僕を今の導いてきてくれた人たち。面白い人たち。

    すべて見る
    • 12本

    Schroeder-Headz 渡辺シュンスケさんコメント

    近藤さんの絵はいつも優しくて温かい多幸感に満ちている。忘れかけてた、初めて楽器に触れた時の喜び、メジャー7thコードを鳴らしたときの感動を思い出させてくれる。 Schroeder-Headz / 渡辺シュンスケ 2020年11月下旬に発売された僕の初めての画集「ここは知らないけれど、知っている場所」に向けて渡辺シュンスケさんからコメントをいただきました。 シュンスケさんと初めてお会いしたのは東日本大震災があった年だから2011年のことだ。もう10年前だ。 僕は渋谷の7t

    スキ
    21

    幹葉さん(スピラ・スピカ)コメント

    「画集のご出版おめでとうございます! 近藤さんの絵の中の世界に入り込んで、冒険するのが大好きっ。いつか本当に行けたらいいなぁ。 どんなワクワクに出会えるのか、近藤さんの描く物語をこれからも楽しみにしています☆彡」 幹葉(スピラ・スピカ) 11月下旬に発売された僕の初めての画集「ここは知らないけれど、知っている場所」に向けて福原みほさんからコメントをいただきました。 幹葉さんに初めてあったのはいつだろう。きっと2018年か2017年の僕のCHUBBYの個展に来てくれたん

    スキ
    7

    福原みほさんコメント

    近藤さんの描く青やオーロラの世界は、ふっと力が抜けた無重力の瞬間を思い出させる。 私たちが持っているはずの、いつしか忘れていた広い想像力を、無限大のその可能性を見せてくれる。 人類愛や無条件にそこにある美しさ。 寒い寒い世界の中にある一筋の光のような温かさをこの画集から私は受け取りました。 歌手 福原みほ 11月下旬に発売された僕の初めての画集「ここは知らないけれど、知っている場所」に向けて福原みほさんからコメントをいただきました。 福原さんから連絡があったのは今年の初夏

    スキ
    6

    浜野カズシくんコメント

    「こんな場所に行ってみたい。 近藤さんと出会って10年以上になりますが、絵を前にしていつも思うことです。 静けさの中に温かみを感じるのはいつも微笑みながら絵と戯れて描いてるからかなぁ。近藤さんの絵がより多くの人に届くということがすごく嬉しい。」 写真家 浜野カズシ 11月下旬に発売された僕の初めての画集「ここは知らないけれど、知っている場所」に向けて写真家の浜野カズシくんからコメントをいただきました。 今回、画集に向けてたくさんの方からコメントを頂きましたがその中で一番仲

    スキ
    8