2021年9・10月のホリスティックラウンジ配信講座
見出し画像

2021年9・10月のホリスティックラウンジ配信講座

吉村均

9・10月の東京・代々木ホリスティックラウンジからの配信講座です。
日曜または祭日の14時30分~16時30分におこなっています。申し込まれた方には、期間限定の見逃し配信もあります。

9/19(日) またまた道元『正法眼蔵』に挑む!

去年の9月、今年の3月に引き続き、三度目の挑戦です。
前回の『正法眼蔵』「仏性」巻のお話では、独立性が強いということで省略した、古代インドのナーガールジュナ(龍樹)がアールヤデーヴァ(提婆)に嗣法したエピソードや、道元禅師自身が体験した「面授」などを題材に、師が弟子を言葉を越えた境地に導くというのはどういうことかを考えていきます。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02x0umqv9bv11.html


10/10(日) マインドフルネスから見た念仏と『歎異抄』(その2)

マインドフルネスは、仏教のサティ(気づき)に由来する実践です。
日本の伝統では「念」「憶念」と訳されており、「念仏」は本来、マインドフルネスの実践です。
親鸞聖人の教えについて唯円がしるした『歎異抄』は、日本仏教でもっとも読まれている仏教書のひとつです。
親鸞聖人の言葉の背後にある、仏教の伝統における浄土信仰の位置づけ、それと実際に阿弥陀仏の救いを実感することができた妙好人の体験談を手がかりに、『歎異抄』を、現代の私たちにも役立つ、マインドフルネスについての実践的なアドバイスとして読み解きます。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02ufh5qkvgw11.html


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
励みになります!
吉村均
(公財)中村元東方研究所専任研究員。 東京大学大学院人文科学研究科修了。日本学術振興会特別研究員(DC)を経て現職。 『神と仏の倫理思想【改訂版】』『空海に学ぶ仏教入門』『チベット仏教入門』他。 https://hitoshi-yoshimura.wixsite.com/home