菊花賞の単勝110円と米国株投資について

コントレイルと福永騎手、菊花賞制覇及び三冠達成おめでとうございます。

コントレイルのこれまでの余りの強さ故に単勝は110円、つまり1.1倍しかつきませんでした。

菊花賞の約3分間、馬場の悪い内に閉じ込められ、かかり気味になり、アリストテレスに外から被せられ、ゴール前で差し込まれ...こんなヒヤヒヤした場面が続いてようやく凌いで、たった1.1倍です。しかも、外れると元本は綺麗さっぱりなくなります。

米国株なら、S&P500指数ですら、年率10%以上の利益が得られる年が多いです。

ちょっとだけリスクをとって個別株なら、もっと利益が得られる銘柄はめちゃくちゃあります。テスラやZOOMなら、年始の頃に買っていると2〜3倍以上にもなっています。会社が潰れない限り、元本もゼロになることはありません。

こう考えると、堅いと思われる馬券に投資するのは、米国株への投資に比べて圧倒的に不利であると思われます。

競馬に投資するなら、せめて単勝1.5倍はつく条件でないと割に合いませんね。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
競馬歴20年で○○万円の損失。米国株は今年から始めてボロ儲け。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。