こもれび生活工房の裏側
お客様に接客はさせない

お客様に接客はさせない

こもれび生活工房の裏側

私が、体のメンテナンスに行く時は

『ゼロ』で行きます。
何も気を使わず身を委ねたい。
喋りたい時は喋って
ゆっくり寝たい時は寝たい。

私のところに来るお客様にも
そう過ごしていただきたい。

寝たい時に寝て
喋りたい時に喋る。

なので
眠りたいのか
お話ししたいのか
それをダイレクトに聞くのではなく
その空気を読んで
お客様の過ごしたい時間を過ごしていただけるよう努めております。
はじめに、ゆっくり過ごしたいかお話したいか聞いても
お客様の気分て変わるんです。
半分寝て半分話したかったり
たくさん話を聞いてもらいたかったけどやっぱり寝たい。ってなったり
寝て過ごしたいと思っても話したくなったりとかするんですよね。

絶対に
やってしまいたくないのは
私の話を聞いてもらう事。
お客様と意気投合したからと言って
話が盛り上がったからと言って
そろそろお客様が『ゆっくりしたいなぁ』って空気を醸し出しているのに
それを無視して話し続けたり。
聞いてもないのに私の話をベラベラと話し出して
お客様に聞いてもらう。
お客様、うなずくばかり…。
最悪な状況です。
お客様が、私の話を聞きたいときもあるんです
でもそんな時は、慎重に
私の熱が入りすぎてお客様がついてこれてないことのないように。
意気投合して話が盛り上がった時も話すことばかりに気を囚われて、何してるかわからない施術にならなっていないか、圧が適切じゃなくなってないか、声が大きくなりすぎてないか…。
盛り上がりながら空気を読むことや施術にも集中して。

かと言って
ガチガチの接客にならないように
スペースを大切にして。

お客様には
気を使わせず
心も心地よく過ごしていただきたいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
こもれび生活工房の裏側
リラクゼーションサロン【こもれび生活工房】のNishi Masakoと申します。 ここまで辿り着いていただき、覗いていただきありがとうございます。 私の経験からセラピストとしてお客様目線としての両目線から。誰の視線も気にすることなく徒然と想いのままに書かせていただいております。