MUPウサギクラス WEEK2【未来把握】

日本の未来を把握すると・・・

こんにちは!!
今回はMUPウサギクラスWEEK2について書いていきたいと思います。
WEEK2のタイトルは【未来把握】
何故、WEEK2にこのセッションがあるかというと
未来を把握をする事で
「何故,私達が自己変革を起こさなければいけないのか」
「何故,私達がスキルを身に付けなければいけないのか」
この、何故?の部分の理由が明らかになります。
今後セッションを受けていく中で、この何故?という部分は非常に大切になるのです。
もちろんスキルを身につける理由は人それぞれありますが
このセッションを聞いたら、「身に付けたい」から「身に付けなければならない」へと思いが変わります。
それでは日本の未来を把握していきましょう。

大企業安定論崩壊

まず一つ目は、大企業は安定だという大企業安定論の崩壊です。
今まで企業は終身雇用するのが当たり前で、定年するまで企業は私達の生活を保証してくれました。
また、国からも年金が貰えるので老後も安心でした。
つまり、一つの会社に定年まで勤め、年金をしっかり払っていれば企業も国も私達を守ってくれたのです。
しかし、未来、若しくは現在では企業も国も私達を守ってくれません。
その理由は以下の通りです。

・国の「定年雇用努力」義務化で民間に押し付け
・老後3000万円貯めてくれ発言
・トヨタ社長と経団連会長の「終身雇用は無理。」発言
・大手に勤めて終身安定はおばあちゃん世代の考え
・日経企業が外資系企業の経営方針(スキルがないとクビ)
・結婚、育児、住宅、車、介護、老後

以上から、企業は終身雇用はしてくれないし、国は年金をくれません。
つまり、国にも企業にも頼らないで自分だけを頼らなければいけない時代に突入するのです。
そう、家族を守る事ができるのは自分だけなのです。

外国人人材の受け入れ

2つ目は外国人人材の受け入れです。
最近、コンビニに行くと外国の方が多く働いていますよね。
これは単純に少子高齢化により働き手が減っているということもありますが、
賃金が安くて、良く働く外国人の方が、ワークライフバランスだ、ブラック企業だ、何てうるさい日本人よりも雇いやすいのです。

更に少子高齢化により狭くなっていく日本の市場は、企業にとって魅力がない為、海外展開が進みます。
そこで求められるのがグローバル人材です。
グローバル人材とは仕組みを作れる人の事です。
簡単に言うと、英語や現地語が話せなくても仕組みを作り、事業を回せる人の事です。
これが日本人でできる人が非常に少ない。
これは日本の前習え教育にあります。自ら仕組みを作るのではなく、既にある仕組みに従う教育ばかりが行われていたからです。

この様な背景から日本人の価値が下がり、優秀でやる気のある外国人がどんどん雇われていくのです。

AIという名のライバル

最後はAIの発展です。
AIは私達より効率的にものを生産する事が可能です。
AIを導入することによって生産性が上がるのであれば、その仕事はAIに取って変わられてしまうのは当たり前です。
ここで、ひとつよく考えなければいけない事があります。
会社は社長のものではありません。
株主のものです。
つまり、いくら社長が社員をクビにしたくなくても株主が生産性の高いAIの導入を決めたのであれば、従うしかないのです。
そこに情などありません。

まとめ

前述の3つの理由から現状に危機感を持ってスキルを身に付けていかなければならないのです。
未来を把握する、若しくは予測すると言うことは自分と家族を守る為に非常に重要な事だと思います。
把握するだけでしっかり対策しなければ何の意味もありませんが・・・

この様な現状だからこそやった人だけが成功すると思います。
ピンチはチャンスです。
日々、努力し危機感を持って一歩ずつ進んでいきたいと思います。 

また、このセッションはやる気やモチベーションが下がった時に見返すといいかもしれませんね。
そうすればやる気、モチベーションとか言ってられませんもんね(笑)

今回はここまで。
最後まで見て下さりありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Thank you!
10
「インプット=インプット+アウトプット」 アウトプットの場として、色々書いて行きたいです‼️

こちらでもピックアップされています

MUPウサギクラス
MUPウサギクラス
  • 22本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。