マガジンのカバー画像

こまくさweb

89
駒草出版のウェブマガジン、こまくさwebです。新刊、そして既刊の関連記事やためし読みのほか、オリジナル記事も展開予定です。
運営しているクリエイター

記事一覧

どれから読む?韓国文学~ブームに至るまでのふりかえりとお勧め本、そしてその魅力を語り尽くす③(対談:古川綾子(翻訳者)×伊藤明恵(クオン)

どれから読む?韓国文学~ブームに至るまでのふりかえりとお勧め本、そしてその魅力を語り尽くす③(対談:古川綾子(翻訳者)×伊藤明恵(クオン)

社会性+個人の物語という構造が生み出す韓国文学の魅力。また、訳す上での苦労とは?
伊藤 ざっと説明してきましたが、具体的に韓国文学のどんなところが特徴なのかということを改めて整理します。また、古川さんは韓国以外の文学もかなり読まれていると思うのですが、翻訳者として、また、読者としても感じる韓国文学の魅力についてお聞きできますか?
古川 私が韓国以外の海外文学を読むのは、単純にどんな日本語を使って訳

もっとみる
どれから読む?韓国文学~ブームに至るまでのふりかえりとお勧め本、そしてその魅力を語り尽くす②(対談:古川綾子(翻訳者)×伊藤明恵(クオン)

どれから読む?韓国文学~ブームに至るまでのふりかえりとお勧め本、そしてその魅力を語り尽くす②(対談:古川綾子(翻訳者)×伊藤明恵(クオン)

刊行が増えてきた韓国のSFやミステリー、ファンタジー
古川 引き続いて次は「あなたにぴったりな韓国文学2」ということで、韓国で今、人気のあるジャンルはどの辺なのかを知りたい方にお勧めしたいものをご紹介します。SFやミステリーの作品です。割と純文学こそが文学だ、というような偏見があるというか……。
伊藤 韓国では純文学以外の作品は「ジャンル小説」と言われてきましたね。
古川 そういった風潮を変えてく

もっとみる
タロットと西洋占星術のリンク③~天体に対応するタロットカード(月・水星・金星)

タロットと西洋占星術のリンク③~天体に対応するタロットカード(月・水星・金星)

皆さま、こんにちは。
月1連載ですが、あっという間の1ヶ月、気が付けば9月半ば時点でおせち料理の宣伝をしていて
1年早すぎ、ヒェ~~となっています。。。
 
 
さて、前回は12星座を3区分(活動、固定、柔軟)に、4つのエレメント(火、土、風、水)を置き、それが何座に当たるのか、対応するタロットカードと、その絵柄の特徴をまとめました。
 
(前回の記事はこちら)
 
 
12星座に対応するタロット

もっとみる
どれから読む?韓国文学~ブームに至るまでのふりかえりとお勧め本、そしてその魅力を語り尽くす①(対談:古川綾子(翻訳者)×伊藤明恵(クオン)

どれから読む?韓国文学~ブームに至るまでのふりかえりとお勧め本、そしてその魅力を語り尽くす①(対談:古川綾子(翻訳者)×伊藤明恵(クオン)

“ブーム”以前の取り組みや出来事
伊藤 ここ数年、韓国文学ブームと言われるようになって、「いつからそんなに人気が出たんですか?」ということも聞かれるようになったのですが、そう言われるようになる前からいろんなことがありましたというお話を、古川さんとさせていただけたらと思います。急に韓国文学がたくさん翻訳されるようになったわけではないんですよね。
古川 そうですね、ブームと言われるようになったのは、こ

もっとみる
「料理本の読書会」連載13回目のテーマは、美味しんぼ談義

「料理本の読書会」連載13回目のテーマは、美味しんぼ談義

全100巻越えのグルメ漫画の金字塔『美味しんぼ』
田中 みなさん、こんにちは! レシピ本から調理の歴史の本まで、さまざまな料理本を紹介する「料理本の読書会」が始まりました。ライターの田中と双子のライオン堂書店の竹田の2人が、わいわい本と料理のお話をお届けします。
竹田 今日の読書会のために、田中さんから夏休みの宿題が出たので、ちゃんとやってきましたよ。
田中 まさか竹田さんが、この期に及んで『美味

もっとみる
タロットと西洋占星術のリンク②~3区分×4エレメントに対応するタロットカード

タロットと西洋占星術のリンク②~3区分×4エレメントに対応するタロットカード

皆さま、こんにちは。
先月から始まりました新連載「マカロンタロットで学ぶ タロットと西洋占星術」、西洋占星術とタロットをリンクさせ、リーディングに役立ててみよう!という試み。第1回目は超基本!! 12星座を2、3、4等分に分け、対応するタロットカードをグループごと分類してみましたが、いかがでしたか?(前回の記事はこちら)
 
タロットの意味を覚えるのが大変…と悩む方も西洋占星術と絡めて覚えてしまえ

もっとみる
「料理本の読書会」連載12回目のテーマは、思い出に残る本の料理や食べ物

「料理本の読書会」連載12回目のテーマは、思い出に残る本の料理や食べ物

幼少期~学生時代までの思い出本の中から話します

田中 みなさん、こんにちは! レシピ本から調理の歴史の本まで、さまざまな料理本を紹介する「料理本の読書会」が始まりました。ライターの田中と双子のライオン堂書店の竹田の2人が、わいわい本と料理のお話をお届けします。
竹田 今まで、色々な料理本を紹介してきましたけれど、今回は思い出話の回にしたいと思います。
田中 僕たちが大人になるまでに読んだ料理本を

もっとみる
〈わたし〉の小さな声で歌おう~榎本空『それで君の声はどこにあるんだ? 黒人神学から学んだこと』に寄せて

〈わたし〉の小さな声で歌おう~榎本空『それで君の声はどこにあるんだ? 黒人神学から学んだこと』に寄せて

本当の自分の声、意思はどこに?

 書店には毎月多くの出版社から、これから出る本の案内が届く。5月の岩波書店の刊行案内を見ていたとき、「黒人神学」というなじみのない言葉がまず目に留まった。黒人神学って何だろう? ゴスペルのようなものかしら? そしてその横には大きな文字で本のタイトルが記されていた。それは偶然にも、ここ数年わたしが自分や社会のことを考えたとき、あるこだわりを持って使っていた言葉と同じ

もっとみる
タロットと西洋占星術のリンク①~12星座の分解     

タロットと西洋占星術のリンク①~12星座の分解     

皆さま、こんにちは。
2年続きました「マカロンと行く占い旅」は今回からリニューアルします。いつもお読みいただきありがとうございました。
 
今回からはタロットリーディングに西洋占星術の知識を取り入れ、リーディングの幅を広げてみてみましょう!! というテーマで進めてみたいと思います。
 
タロットは西洋占星術とリンクするところがあり、星座、惑星、4つのエレメント(火地風水)にも対応しています。占星術

もっとみる
長い旅に出る前に~ロードトリップfromポートランド

長い旅に出る前に~ロードトリップfromポートランド

ある朝、ふと思いついて……

今から12年ほど前、ブルックリンのベッドの上で、私は白い天井をみながら悶々としていた。
夫はさっさと起きて会社へ行く支度をしている。毎朝の日課であるアイロンがけに彼は集中していた。
時折アイロン台がぎしぎしと軋む音が耳に入り、私はその音をBGMに、大げさながら人生を考えていた。

急に、ある発想が頭に浮かんだ。
そうだ、街中でニューヨーカーに声をかけて、話をしよう。

もっとみる
「料理本の読書会」連載11回目のテーマは、コージーミステリー

「料理本の読書会」連載11回目のテーマは、コージーミステリー

素人探偵が活躍する「コージーミステリー」
田中 みなさん、こんにちは! レシピ本から調理の歴史の本まで、さまざまな料理本を紹介する「料理本の読書会」が始まりました。ライターの田中と双子のライオン堂書店の竹田の2人が、わいわい本と料理のお話をお届けします。
竹田 今日はお菓子でも食べながら、話しましょう。紅茶もありますよ。
田中 気がききますね。さて、竹田さん、ミステリー小説って普段読みますか?

もっとみる
2022年夏至図 この夏は魂を解放させ、本当の自分を取り戻そう!!

2022年夏至図 この夏は魂を解放させ、本当の自分を取り戻そう!!

24回目となりました、ということは丸2年、月日が経つのは本当に早いです。。。そしていつもお読み頂きありがとうございます!!
2年経ち、内容を少しリニューアルする計画です。タロットリーディングに役に立つ西洋占星術の知識を紹介していこうと思っています。これまでもタロットと西洋占星術を絡めての時事ネタ内容でしたが、もうちょっとわかりやすくまとめられたらいいなと思っています。
 
 
さて、今年も半分が過

もっとみる
「料理本の読書会」連載10回目のテーマは、キャンプ飯

「料理本の読書会」連載10回目のテーマは、キャンプ飯

キャンプ飯作りに役立つレシピ本とは?
田中 みなさん、こんにちは! レシピ本から歴史の本まで、さまざまな料理本を紹介する「料理本の読書会」が今日も始まりました。ライターの田中と双子のライオン堂書店の竹田の2人が、わいわい本と料理のお話をお届けします。
竹田 今回のテーマは、夏だ! サマーだ! キャンプ飯だ! ということで自宅のベランダに集合して火を起こす準備をしております。
田中 友達と一緒にキャ

もっとみる
「料理本の読書会」連載3回目は「紀元前のパン、21世紀のパン」!

「料理本の読書会」連載3回目は「紀元前のパン、21世紀のパン」!

「はじまり」

田中 みなさん、こんにちは! レシピ本から歴史の本まで、様々な料理本を紹介する「料理本の読書会」が今日も始まりました。ライターの田中と双子のライオン堂書店の竹田の二人が、わいわい本と料理のお話をお届けします。
竹田 とは言ってみたものの、今回はどんな本を紹介するか悩んでます。
田中 あれはどうですか? 物語の中に出てくる食べ物を紹介するみたいなやつ。
竹田 村上春樹の作品の登場人物

もっとみる