見出し画像

1200時間学んでわかったこと。コスパよくITを学び始めるなら「Udemy」

もともとプログラミング未経験でしたが、ここ2年で1200時間ほどITに関する学びをして、いまは学び×インターネットの新しいプロダクトをつくっています。(プログラミングを中心にスクールで200H・独学800H・コーチと200H)

お金も100万円以上(半分ほどは自腹)を費やしてきて、たまに知人から「HPをつくりたい」「Wordpressでブログを始めたい」「SNSでのマーケティングを始めたい」「プログラミングを学んでみたい」といった相談をうけることがありました。

昨今、IT・Webを学ぶ方法は急激に増えています。技術書、動画教材、プログラミングスクールなどなど。手法がたくさんあるぶん、「何から始めたらいいのか?」「自分にあった教材はなにか?」と悩んで一歩が踏み出せてない人も多いと思います。

今回は、ITを学びはじめる初学者に対して、コンテンツの質・挫折のしにくさ・コスパなどを総合的に考えて、「まずUdemyをやってみては?」という話をします。



Udemyとは?

・WordpressでHPをつくる
・twitterでのマーケティングのやり方
・Youtubeで配信するための動画編集
・ノーコードでのアプリ開発
・Excelの関数の使い方
などなど、ITやWebに関して学べる動画学習コンテンツが有料で販売されているプラットフォームです。(シリコンバレー本社の世界的学習プラットフォーム)

↓ECサイトのようなシンプルで比較検討しやすいデザインです。いまちょうどセールをやっていて、普段なら1〜2万円する講座が1500円とかで買えます!(2021/2/22現在)

画像1

画像2




Udemyをすすめる理由は4つ

初心者、学び始める人にUdemyがオススメだなと思う理由がいくつかあります。



1、自分にあった学びに出会える

自分もUdemyで20個ほどの講座を買っていて、そのうち2/3ぐらいは受講しているんですが、目的に応じて検索すると大体ぴったりの講座がみつかります。


「WixでWebサイトをつくりたい」
「Twitterのフォローを伸ばしたい」
「illustratorを使ってロゴをつくりたい」
など、Webの学びに関するコンテンツはほぼすべてあり、目的やレベルにぴったりの教材がみつかりやすいです。

※たとえば、うちの娘もやっているTIktokの、マーケティングを学習する講座もあります。



2、動画は挫折しにくい

ITを学ぶときに、本屋さんで売っている技術書を思い浮かべる人もいると思います。

本と比較すると、動画は挫折しにくいです。

本は、自分でページをめくる能動的なアクションが必要ですが、動画は、「とりあえず流しておいて視聴する」でOKで、受動的でよいため挫折しにくいです。

※本を全否定はしてません。自分も読んでます。(例えば1年半前くらいに以下の本を読みましたが、Webサイト制作の入門者にオススメです)



3、コンテンツの質


また、動画といえばYoutubeです。

YoutubeもITを学べるコンテンツはかなり増えており、IT系のオススメチャンネルもたくさんあります。(例えば、私はしまぶーのIT大学などみていて、エンジニアの入門者にオススメのチャンネルです)

一方で、Youtubeは「コンテンツの質の差」も激しいです。無料で視聴できますが、質の低いコンテンツをみて時間を浪費することもあります。


Udemyは、ほとんどのコンテンツが有料のため、一定の品質が担保されています。また、レビューも食べログのようなみやすいUIで、どの講座を受けるかの比較検討がしやすいです。


4、コスパの良さ

Webを学ぶと言えば、「プログラミングスクール」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

私も2年前に「G’s Academy(ジーズアカデミー)」というスクールに通いプログラミングを学びました。また、最近はTECH CAMP(テックキャンプ)がTwitterやYoutubeで話題になっていました。

多くのスクールは、数10万〜の費用と数ヶ月〜の期間のなかで学んでいくのですが、エンジニアになる人やITで食べていく人には、お互いコミットしやすくていいと思います。ただ、初学者やちょっとかじってみたい人には金銭+時間のリスクが大きめです。

Udemyは、セールのときは1講座1500円ぐらいの単価で5〜20時間ほど学べるので、コスパが良く、時間的負荷も少なめです。

例えば、「プログラミングちょっとやってみたい」という人は、Udemyの初級者向け講座を2〜3個購入し、ざっとやってみれば「大体こんなかんじか」と5000円以内・15〜60時間ほどでおおまかな概要はつかめます。



筆者オススメのUdemy講座

私が実際に受講してやってみて、よかった講座を2つ紹介します。


アプリのUIUXデザインの入門に

IT起業家なら誰もが一度は思うであろう「こんなアプリをつくりたい!」といった、アプリづくりのアイデアを形にしたい人向けです。この講座をやればスマートフォンアプリのUIUXデザインの仕方や、モダンなwebデザインソフトのFigmaの使い方がわかります。(所要時間は20Hほどでした)


AI・機械学習の入門に

「AIって具体的にはどんな技術なのか?」「膨大な時間がかかっているexcelの作業を効率化したい」「Pythonちょっとやってみたい」などの入門者向けに。微分・線形代数などの数学の基礎から〜Pythonでの実装まで学べるわかりやすい講座です。(所要時間は8Hほどでした)


IT・Webを学び始めたい人は、興味のあるUdemyの講座を1つでも買って、すこしでもやってみてください。一緒に学んでいきましょう!



最後に

別件ですが、求人の告知をさせてください!

いま私は、学び×インターネット領域の新しいプロダクトをつくっているのですが、UIUXデザインとサーバーサイドの開発ができてきて、

・フロントエンジニア
・webデザイナー
を募集しています。

・立ち上げに興味ある方ぜひ
・C向けでわかりやすいプロダクト
FigmaでUIもつくりこんでいてデザイン自信あるので実績・ポートフォリオにしてもらいやすいと思います。


【募集概要】フロントエンドエンジニア

・3月以降〜に月30時間ほど×3ヶ月程度
・業務委託ではなく時給制(金額は要相談)
・デザインデータはFigma、開発はRailsにて行ってます
・モダンなCSSの設計〜実装ができる方(現状ではBEM・FLOCSSでの設計が望ましいと考えてます。フレームワークはTailwindCSSを活用するかもしれません。)
・ZoomなどでCEOと一緒にペアデザインしていく形式でしゃべりが多めになるためコミュニケーション多いのが苦じゃない方


【募集概要】webデザイナー

・3月以降〜に月20時間ほど×3ヶ月程度
・業務委託ではなく時給制(金額は要相談)
・現状できているのはロゴ・プロダクト全体のUIUXの外観
・今後制作するものは主にLPとバナー(サービストップページ・キャンペーンページ・OGPなど)
・できればFigmaが使える方がのぞましいですができなくてもOKです
・ZoomなどでCEOと一緒にペアデザインしていく形式でしゃべりが多めになるためコミュニケーション多いのが苦じゃない方


少しでも興味ある方は、どんなプロダクトをつくっているのかもお伝えしますので、以下TwitterかFacebookからぜひメッセージくださいm(_ _)m

Twitter
https://twitter.com/komatsu_0105



この記事が参加している募集

最近の学び

あたらしい自分へ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
27
(株)メンバー CEO / ゆるスタックデザインエンジニア / 新しいwebサービスの開発(Figma/Rails)・英語学習中 / ex.Member(立ち上げ支援サイト・上場企業グループへ事業売却),Recruit(リクルート・7年・マーケ・ディレクターなど)