見出し画像

「人権」について、差別や偏見がない世界を、人種差別、女性差別、LGBT etc.

人権って何?

遡ること、古代ギリシア以来、法と国家にかかわる根本問題の一つとされてきたテーマなのです。そして人権迫害も何世紀にもわたって繰り返されてきました。そしてタイトルでも想像できかも知れませんが世の中で起こることのすべては「人権」という概念が意味されているのです。

(上の写真、手で人の顔と頭を描いているのわかりますか。(^^♪)

さて、有料ブログ(100円)勿論、無料で最後までお読みになれます。お願いです。ご慈悲をーー!!!

皆さんの身の回りのことを考えてみませんか?

きっと皆さんの身の回りにも「人権」って感じることあると思いますよ。何も差別や偏見だけのことではありません。人を助ける人権だってあります。

電車やバスの中で高齢者や身体障がい者や妊婦さん(マタニティカードぶら下げています。「おなかに赤ちゃんがいます」)に席を譲ってあげる事など、したりみかけたりしますよね。

画像1

こんなこともあります。赤ちゃんを抱えた家族とすれ違いざまに赤ちゃんがこちらを見ている時、思わずこちらから「ニコッ」って微笑みませんか?これも人権なのです。

朝の挨拶で友人や同級生・後輩に「おはよう。元気そうやな!?」って声をかけるのも人権です。

「そうかー、そんな悩みあるんだね。」って友達の悩みに共感してあげる事、一緒に悩んであげる事も人権です。

まだまだありますので、機会があれば仲間同士で、「人権」の話してみて下さい。本当にあなたの身近にありますよ。

基本的人権

人間が人間らしく生きていくために必要な、基本的な自由と権利の総称です。大日本帝国憲法は第2次世界大戦後の日本国憲法での憲法解釈の論議以前のものです。

人間が生まれつき天賦(てんぷ)不可譲(あらゆる人間には天から授かった生得の権利があるという理論。)の基本的人権を持つということは、18世紀末の米国諸州憲法フランス人権宣言(1789年)以来、各国の人権宣言や憲法に明記されてきました。

もっとも、プロイセン憲法(ドイツ国憲法・1850年)やそれを手本としたといわれる大日本帝国憲法(1889年)では、国家主義的考え方から、国民の権利は法律の下で認められる制限的なもの、とされていました。

基本的人権の内容は、当初は国家権力の干渉を排除することにより達成される自由権的人権が中心でした。

人間の尊厳法の下の平等生命身体の安全、自由の保障、思想・信仰・言論・集会・結社の自由、移動の自由、私生活の保護財産権の保障公平な公開裁判の保障、罪刑法定主義、などに、参政権を加えたものです。
(朝日新聞出版発行「知恵蔵」)

画像3

世界人権宣言

世界人権宣言は1948年12月10日の第3回国連総会で、すべての人民とすべての国が達成すべき人権の共通基準として採択されました。

第2次大戦中の著しい人権侵害に対する反省と、自由実現を戦争目的に掲げた連合国側勝利の結果、戦後の国際社会の組織化を意図した国際連合の目的、任務の中にも基本的人権の尊重が定められたのです。

1945年のサンフランシスコ国連創設会議の折、憲章(国連憲章)に人権宣言規定を置くべきだとの主張もありましたが、時間的制約のため憲章には人権尊重の基本だけを定め、人権内容の検討は、国連人権委員会に任せられました。

宣言の内容は、(1)自由権的諸権利(第1〜20条)、(2)参政権(第21条)、(3)社会権的諸権利(第22〜27条)、に分類できます。

この宣言は、その後の各国憲法や地域人権条約に影響を与え、日本も1951年の対日平和条約(サンフランシスコ平和条約)前文でこの宣言の目的実現のため努力する意思を宣言しました。

世界人権宣言が採択された12月10日は、世界人権デーとされ、日本はこの日に先立つ1週間(12月4日~10日)を人権週間としています。1998年には採択50周年にあたる記念行事が、各国で行われました。
(朝日新聞出版発行「知恵蔵」)

画像3

国際人権法の基礎

世界人権宣言は、国際人権法の基礎となることが一般的に合意されています。1948年に採択されたUDHR(世界人権宣言、以下UDHR)は、法的拘束力のある国際人権条約の豊富な組織に影響を与えました。

不正への対処、紛争時、抑圧に苦しむ社会、そして人権の普遍的な享受を達成するための努力において、それは私たち全員にインスピレーションを与え続けています。

それは、基本的権利と基本的自由はすべての人間に固有であり、不可侵(侵害を許さないこと。)であり、すべての人に等しく適用可能であり、私たち全員が自由に生まれ、尊厳と権利が平等であるという普遍的な認識を表しています。

私たちの国籍、居住地、性別、国籍または民族、色、宗教、言語、またはその他の地位が何であれ、1948年12月10日の国際社会は、私たち全員の尊厳と正義を守ることを約束しました。

画像4

国際法はどのように人権を保護していますか?

国際人権法は、国家が尊重しなければならない義務を定めています。

各国は、国際条約の締約国となることにより、国際法の下で人権を尊重し、保護し、履行する義務と義務を負います。尊重する義務は、国家が人権の享受を妨害したり制限したりすることを控えなければならないことを意味します。

保護する義務は、人権侵害から個人とグループを保護することを国に要求します。履行義務は、国家が基本的人権の享受を促進するために積極的な行動をとらなければならないことを意味します。

国際人権条約の批准を通じて、政府は、条約の義務と義務に適合する国内の措置と法律を制定することを約束します。

したがって、国内の法制度は、国際法の下で保証されている人権の主要な法的保護を提供します。

国内の法的手続きが人権侵害に対処できない場合、個人およびグループの苦情に対するメカニズムと手順が地域および国際レベルで利用可能であり、国際人権基準が実際に地方レベルで尊重され、実施され、施行されることを保証します。

私たちの共通の未来のための基盤

何年にもわたって、そのコミットメントは、条約、慣習国際法、一般原則、地域協定、国内法のいずれの形であれ、人権が表明され保証される法律に変換されてきました。

実際、UDHRは、80以上の国際人権条約と宣言、多数の地域人権条約、国内人権法案、および憲法規定に影響を与えており、これらが一体となって、人権の促進と保護のための包括的な法的拘束力のあるシステムを構成しています。 。

UDHRの成果に基づいて、市民的および政治的権利に関する国際規約、および経済的、社会的および文化的権利に関する国際規約が1976年に発効しました。

2つの規約は、UDHRにすでに定められている権利のほとんどを開発し、それらは、それらを批判した国を効果的に拘束します。

彼らは、生存権、法の下の平等、表現の自由、勤労権、社会保障、教育などの日常の権利を定めています。UDHRとともに、規約は国際人権規約を構成します。

時が経つにつれて、国際人権条約は、対処された問題と保護が必要であると特定された社会集団の両方に関して、より焦点を絞り、専門化されてきました。

国際人権法の本体は、人種差別、拷問、強制失踪、障害、女性の権利などの懸念に対処し、国際人権規約に含まれる基本的権利と自由を成長させ、進化させ、さらに詳しく説明し続けています。
子ども、移民、マイノリティ、そして先住民。

画像5

普遍的な価値観

普遍性、相互依存性と不可分性、平等と無差別、そして人権は同時に義務の担い手と権利所有者からの権利と義務の両方を伴うという、
UDHRで最初に定められた人権のコア原則は、多くの国際的に繰り返されてきました人権条約、宣言、および決議です。

今日、すべての国連加盟国は、9つの中核的な国際人権条約のうち少なくとも1つを批准しており、80%が4つ以上を批准しており、UDHRと国際人権の普遍性を具体的に表現しています。

最後に

大変、聞きなれない言葉が多く、理解しにくかったかも知れませんが「人権」という言葉を一言で言えば、「人の命の尊厳」と言えると思います。現在、アフリカ、中東、東ヨーロッパ、南アジアなどで起きている紛争も、ある意味「人権」をかけての戦争だというのは皮肉なことです。

(瑚心すくい)本日の体重101.1kg(少し減ったぞう~!サポートよろしくお願いいたします。)

この続きをみるには

この続き: 0文字

「人権」について、差別や偏見がない世界を、人種差別、女性差別、LGBT etc.

瑚心すくい(トランスジェンダー・境界性パーソナリティー障害)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
瑚心すくい(トランスジェンダー・境界性パーソナリティー障害)

是非、サポートよろしくお願いいたします。日々自己研鑽し学びの本の購入と色んな団体「盲導犬協会」「国境なき医師団」等への寄付の資金にもしたいと思っています。お礼は更なる良質な記事を書きますのでよろしくお願いいたします。

スキ。ありがとうございます。
2
社会執筆家・小説家・エッセイスト・音楽家、関西SDGsプラットフォーム会員。社会経済が抱えるサステナビリティな社会的課題に取組み、人権擁護・動物愛護・自然保護等多岐に渡る社会貢献ができる人材育成を、国連SDGs「持続可能な開発目標2030アジェンダ」と共に実現します。