恋愛と自己暗示と孤独と
見出し画像

恋愛と自己暗示と孤独と

彼氏さんに、モヤモヤした気持ちをそのまま伝えてみました。

毎月会うのは経済的にもシンドイ。

自分一人でも旅に出たい。

こういうことを伝えました。遠距離なのでお互い会うこと自体が、ちょっとした旅になる。

でも、なんだか一人になりたい。

一人暮らしをしているのに、これはどういう気持ちだろう。会いたくないとも受け取られるはず。

一人は楽だ。でも、たまにさびしい。

彼氏さんは、その言葉を受け取った後しばらく考えて、たしかに一人の時間は大切だ、と私の気持ちに理解を示してくれました。


恋愛している時ふと、私は彼を好きなのか、好きなフリをして自己暗示をかけてるんじゃないか、と思う時があります。

そんなことどーでも良くなるほど、一緒にいたいひとだったら、しあわせ。


私のそんな気持ちを知ってか知らずか、彼氏さんは『さほさんからは、自分を好きっていう気持ちを感じるよ』と言ってくれる。

本音を言うと、体調を気遣うメールもお疲れ様メールも私は誰にでもする。笑顔で話を聞くことも、よほどじゃない限り誰にでもする。

彼氏さんも自己暗示をかけてるのかな。


ただ1つ私には確実に言えることがあって、

普段一人でも孤独じゃないのは彼氏さんの存在が大きい。

好きとか抜きに、そういう理由で付き合うことは失礼なんじゃないかとも思う。けれど今はそんな感じ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。春が来るのと同じくらい嬉しいです。
30代女性。過去にあった色んなことを忘れずに、かつそれに囚われずにやっていきます。笑って生きたい。これから正解にしよう、をモットーにいきます。