見出し画像

夢と目標と目的の違い『間違えたらブレる』

こんにちは、冨田です。

今回の記事は『夢と目標と目的の違い』この3つを間違えたらブレる。そんな記事を書きました。

この記事を書いている僕はこんな人

<僕は小学生の時に40歳で経営者になりたくなり、中学生で美容師理容師に憧れて高校生で理容師に決めて、社会人で人の夢が努力で叶う環境を創りたいと思い、そして独立を20代半ばでする事が決まりました。ここまで来ました。小学生の時に40代で経営者になるという目標から約15年早い独立を決める事が出来ました。そんな僕が思う『夢と目標と目的の違い』について解説していきます。>

あなたの考えは?

「夢あるのか?目標あるのか?目的は何?」「何の為にやるんだ?」もしもこれをあなたが聞かれた時に明確な回答を出せますか?きっと少ないでしょう。

「何の為に仕事しているんだ!?」って聞かれて「生活する為」なんて回答してしまったらそれは脳が錯覚して「仕事は生活の為にある。」って思い込んでしまう。自分の言葉は他人よりも自分が一番聞いています。

もしも生活の為に働いている方がいましたらもっとこの記事を読んで『夢』と言うのを明確にした方が良いと僕は思ってます。価値観の違いはあるかも知れませんが『目標』はあっても『目的』のない仕事は退屈です。何たって仕事の時間は投資家や株式会社や有限会社の社長にでもならない限り一生続くからです。人生の3割以上は仕事で生きていきます。

でも『現状仕方ないじゃん。。』ってなるのが普通です。ご家庭をもたれりすると目先の生活に精一杯になってしまい、そして挑戦するにもリスクが大きくなっているからです。

生活に精一杯になると、『夢』『目標』『目的』「何それ?」ってなります。「小学生の時の夢なんて、学生の時の夢なんて忘れたよ。」そうなって当たり前です。きっとこの記事のここまでで共感している方は『時間の奴隷』になっているのですから。人間は時間の奴隷だと僕は思ってますが、これを言うと言い訳になってしまいます。

前振りはせておき本題に入ります。次は『夢』『目標』『目的』の違いについて書いていきます。

『夢と目標と目的』

僕の解説の前にGoogleで調べてみましょう。

*Googleより

・夢=将来実現させたい希望・理想
・目標=目じるし
・目的=得ようとしてねらう対象

上記の通り『夢と目標と目的』には若干の誤差があります。若干ですが僕はこの若干の誤差が将来を左右すると思ってます。たかが言葉の違いではなくてこの違いは『思考の違い』になります。

結論を言うと、目標や目的は数値で表現する事が可能です。例えばあなたが営業職だとしましょう。仮に100人顧客捕まえるのが目的ならそれに向かう目印の10人なり20人の数が目標になります。「100人捕まえるのが夢なんだ!」って人はなかなかいないかなと。それは夢ではなく目的です。

「そしたら夢って何!?」ってなります。夢はもっと漠然とした何かです。

例えばワンピースのルフィが「俺は海賊王になるのが夢だ!」って言うから格好いいです。これは夢でとても漠然としてます。全く数値化出来ません。

ですがもしルフィが「俺は海賊王になるのが目的なんだ!」って言ったら、「目的を達成する為の細かい目標は?」とか小難しい事を言われそうです。そして何より胡散臭い。

お話戻りますが、『夢というのは漠然とした何かです。』数値化出来る事は目的と目標です。

厳密に言うと『漠然とした夢に向かう為に目的があり、その目的を達成する為に目標がある。』と言う事です。

これが夢と目的と目標の違いです。もう一度書きますが『この若干の思考と理解の差が人生を大きく変えます。』

PDCAサイクルやらKPIやらKGIやらのビジネス用語は夢を叶える手段でしかありません。

『夢と目標と目的』この違いに気付くだけで人生変える事が可能かなと思います。

人生は一回しかありません。やり直しは出来ません。時間は勿論戻せません。その1回の人生で『夢』もなくただ漠然と生きていくよりも、一生に1回の人生自分のやりたい事をやって生きた方がいいのではないでしょうか。

今日のまとめ

『夢と現実はかけ離れている』そんな言葉良く聞きます。『もうこの年齢だから無理だよ。』そんな言葉も良く聞きます。きっとそれは無意識に無理って言い聞かせているだけだと僕は思ってます。そうするしか生きていく手段がないとか思っているかも知れません。正直もったいないなと思います。

確かに先天的な不自由があるのであればそれは変える事の出来ない事実です。ですが五体満足で生まれて脳も活発に働かせる事が出来るにも関わらず挑戦しないのはもったいないなと思います。

今日本の最前線で戦っている方の記事を見て凄く共感する言葉がありました。『運命には先天的なものと後天的なものがある。先天的な運命は変える事が出来ない。でも後天的な運命は変える事が可能だ。』って。悪い事や悪い環境にいると「運が悪かった。」って言う方は多いです。

僕は全く考えは違っていて、運が悪いのではなくて自分の行動のどこかにその悪い出来事や悪い環境にいる現状になったのだと思います。全ての出来事には因果関係があります。絶対理由はあります。

ですが大体の人は自分がその悪い出来事に遭遇した時「誰かが悪い。」とか「お前のせいだ。」とか「ほら言った通りだ」とか。。そんな言葉を口にします。

それは全て他人の責任になっており責任放棄している事実に気付くべきです。全ては自分の責任で絶対どこかにその事実が起こった原因は自分にあります。人のせいばかりにしていたら成長はありません。成長がないと夢の達成は遠くなります。

*補足→誰かの失敗で自身がその場にいなかったり、又は環境的要因は例外です。

もしも夢がある方、又はこれから夢をもたれる方、自分の夢の達成はどのようにすれば出来るのか。どうすれば成長は出来るのか。夢に向かう目標と目的はどうすればいいのか。

もっと徹底的に考えて行動すれば夢の達成は出来ると思いますよ。

もしも現状お勤めの会社や所属されているコミュニティにいると、一生涯かけても叶えたい夢が達成出来ないのであれば思い切って辞職しましょう。2018年も大手の数千人のリストラや数千人の配置転換といった事実が物語っています。あなたは会社の駒でなければ誰かの駒でもありません。自分は自分です。どこかに所属されていてもどんな形で生きている方でも自分の芯だけはブラしたらダメだと思いますよ。自分を保つ為にも『夢』『目標』『目的』そんな言葉があると僕は思ってます。

最後に

ご拝読ありがとうございました。今回の記事は僕の気持ちも踏まえて書かさせて頂きました。誰かの励みになればなと思っております。

コメントや感想はTwitter DMでお願い致します。勿論noteコメントも光栄です。今後とも宜しくお願い致します。

写真はInstagramに投稿中です。







この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

本当にありがとうございます!!もっと沢山書いていきます!

定期購読はじめました!
17
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。