見出し画像

伝統を紡ぐのではなくて、未来へ結んでいくこと。過去の物でなく、未来の物にできるのは、今を生きている私たち。

こんばんは^^

書道家、アーティストをしています杉田です。

公式サイトに、新しい書道オーダーのページを作成しました。

実は、昔から人気の作品。

オーダーされた方で、書道のギフトを探している方へ提案していました。

昨年、高島屋の広報誌に取材されたときに掲載した時には、大変人気で全国からオファーが届きました。

この作品が生まれた背景には、

文化芸術を、しっかり未来に繋いでいくためでした。

日本の伝統の職人も「生き物」です。

廃れていけば、日本の文化芸術そのものはなくなってしまいます。

その伝統の文化芸術に必要な存在は、職人だけでしょうか?


違います。


語り手の存在が必要不可欠。


じゃあ、語り手というのは誰でしょうか?


それは、あなた方や、私です。


集める人々、飾る人々


が居て、初めて文化芸術は発展していきます。

その文化芸術、伝統、日本の良さを発信しても、受け取る側の需要がなければ廃れていく。

もちろん、そこは職人も「発信」しないといけない義務があります。

死活問題。


でも、いくら発信しても、「語り手」が居ないことには成り立ちません。


語り手とは、どんな事をするかっていうと、


この器、かっこいいよなぁ。とか。

この工芸品、可愛いよね。とか、


つまりは、すごくシンプルに、


「あそこのタピオカ、美味しいよ」

って語ってくれる人々が居てこそ、残っていく。

自分も大人になるまで、日本文化がどこか苦手な人だったので、入ってみて分かってきたのですが敷居を高くしすぎてるのもあります。

敷居が高いイメージになっちゃってる。

でも、意外に手ごろに手に入る伝統工芸品もいーーーーーーーっぱいあるんですよね。

もう一つ、伝統工芸の方々に多いのは、

時代の変化にうまく付き合えてない人が多い。

昔の業態のまま、職人しとけばなんとかなるやろ。と思っている人が多い。

いやいや、そんなんじゃヤバいよ!!!

って、すごく思うことありました。

杉田は、幼い頃から書道をやってきた人間じゃないし、大学も工学部を出ているのでデジタルネイティブではないけど、かなりデジタルネイティブ寄りです。


ITとかテクノロジー系のアウトサイドから書道業界に入っちゃったから、余計に目につくんですよね。


あぁ、これじゃ廃れるわな。って。



だからと言って、見捨てることはしたくない。

ましてや、今回の世界的な危機を通じて、文化芸術に対して、国は何も動かないなということにも気付いちゃった。

正直、文化庁長官のコメント文を読んだときも、

こいつ、本当に文化庁長官か??ってイライラしました。

そのポストにいるのなら、日本の文化芸術が廃れないためにも、命かけろや。


と、普段温厚な自分でもイラッとしてしまいました。

長官の年齢をみたら、74歳だったのね。

あぁ、これじゃ、この人動ける訳がないわと感づいたとこもありました。



じゃあ、この未曾有の事態に、

今の動ける世代の自分たちが、どう動いて、未来へとつなげられるか?

それしか選択肢が残ってないなと思いました。



今は、そのための準備をしています。



現実や現状に、あーだこーだ言ってても仕方ない。


文化芸術が死なないためにも、自分たちが何ができるのか?


これから、ひたすら考えて、ひたすら動いていこう。

今までアート業界、書道業界ではタブーとされていたことにもチャレンジしていかないと業界が廃れると思うんですよね。

その一歩めとして、

この販売ページを作成しました。

本業が書道家なので、一応、ここから始めておいた方が、みんなわかりやすいので。

本命は今、構想していってます。

書道からは離れて。

もっとアーティストやクリエイターが、こういう事態になっても仕事がある状態をうまく組み合わせたサービスってできないものか。

文化芸術が、日本の国がなくなっても、ちゃんと生きている状態にするにはどうしたらいいかなど。

ない頭で、思い切り考え中。



こういう時こそ、ワクワクして生きよう。


▼公式サイト

▼スキやフォローくださった方はHappyを受け取りください^^

杉田 がスケッチを共有しました 2


この記事が参加している募集

私のイチオシ

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけたら、とても嬉しいです。活動の費用として大事に活用します。感謝を込めて。 スギタ コウキ

心から、感謝申し上げます。
10
書道家/書家、Artist(現代芸術家) ●世界的企業やブランドにも書道作品やアート作品を収蔵。 ●日本文化、現代アート、社会へ問題提起する芸術を研究。 アートweb https://sugitakoki.com 書道web https://kokisugita.com

こちらでもピックアップされています

日本の伝統、文化のこと
日本の伝統、文化のこと
  • 9本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。