こけし日記

奈良在住のフリー編集者・ライター太田明日香の読書、出版、本に関するイベント、働き方についての文章。心が和む写真とお届け。『朝日新聞』「好書好日」ライター。 著書に『愛と家事』。問い合わせはこちらからお願いします。 https://editota.com/contact/
固定された記事

「死なない、生きる」が一番難しい

うちにいる間にどういう心持ちで過ごすかということをツイッターに書いたら割と反応よかったので、noteにも書いておきます。 うちにいる間にレベルアップみたいな考えほん…

密鬱日記

22日から電車に乗ってるけど、密すぎてすごい憂鬱。 マスクはもちろん、混む時間ずらしたり、電車乗るときにビニール手袋したり、目的地についたらソッコーで手洗いうがい…

  •  愛と家事(書籍版)

    愛と家事(書籍版)

    人には相談できないけれど切実な、母の事、結婚の事、家族の事をつづったエッセイ集。 「家族をつくることに失敗した。」こんな書き出しではじまるエッセイ集。ZINEとして2016年8月に発行し、好評を博した広い意味での「家族」をテーマとする自伝的作品『愛と家事』。その増補再編集版。虐待までされてないし、愛されている。けれど、お母さんとなんかしっくりいかない。形は違えども、多くの女性が抱える、母親の「愛情が重たい」という苦悩や、一度目の結婚の失敗と挫折からの回復などを赤裸々に綴り、共感を呼んだエッセイ集。新たに、30歳頃に遅れてやってきた母への反抗期や、淡路島の農家で共に暮らした祖父母の話などを加えた、小さいけれど切実な話をつづった可憐な小品集。 ★本書を推薦します。 愛に関する正解は、全部「自分」が決めていい。 ―植本一子(写真家) 目次 失敗 わたしの故郷 遠くに行きたい 母のようには生きられない 出せない手紙 遅れて来た反抗期 怒りとのつきあい方 フェミニズムとわたし わたしには家がない 最後 愛と家事 夫のいない金曜日 家族2.0 念を送る あとがき 初出一覧
    1,100円
    夜学舎
  • 詩のポストカード2枚組

    詩のポストカード2枚組

    「オリンピックに万歳しながら、テレビを消そう」 「さわるな」 の詩2編とポストカードのセットです。
    600円
    夜学舎
  • 仕事文脈(11号〜15号)セット

    仕事文脈(11号〜15号)セット

    仕事文脈11号〜15号セットです ※バラ売りはお問い合わせください。
    3,850円
    夜学舎
  • もっとみる

仕事しすぎない

うちで仕事するコツは、どうやって効率よくするかよりも、どうやって仕事しすぎないかが大事ではないかと思う。 今は出歩くにも店が開いてないところが多いので、必然的に…

電話はいい

ここ10年くらいの間に人と知り合ったらまずは最初にSNSで繋がって、そのあと投稿やプロフィールを見て気が合いそうだったら仲良くなるみたいな流れの方が大きくなって、あ…

(あまり)飲まない生活05

これまで「飲まない生活」と題して、年末からお酒を飲まずに生活してきた記録を書いていたが、全然飲まない訳ではなく、月1で飲酒を許しているので、正確ではない。そこで…

在宅フリーランス9年目の私が体調管理のために食事で気をつけていること

先日体調を崩さないコツをツイッターに書いたら割と反応よかったので、noteにも書いておきます。 在宅フリーランス9年やるなかで、食事で体調管理に気をつけてることは、…