고정수高井修

韓日翻訳家、韓国語コラムニスト。ここでは過去に韓国語で発表した文章や、現在作成中の私家版韓日翻訳辞典を発表していく予定です。最新刊『가능한 인문학』(비고)

고정수高井修

韓日翻訳家、韓国語コラムニスト。ここでは過去に韓国語で発表した文章や、現在作成中の私家版韓日翻訳辞典を発表していく予定です。最新刊『가능한 인문학』(비고)

    最近の記事

    私家版韓日翻訳辞典(10)

    가뜩한데 おまけに 나아가 ひいては 다루다 あしらう、てがける ~려는 철나 まぎわ 바로 まさしく、とっさに 사양하다 ごめんこうむる 아니 땐 굴뚝에 연기는 나지 않는다 火のない所に煙は立たぬ 자리잡다 巣くう 차림 身支度 1,2를 다투다 一、二を争う 팽팽하다 ばちばちだ

    スキ
    1
      • 2022年9月の読書記録

        (人文書) [일본어 의성어 의태어 사전] 권하영, 니시카와 카나코, 박소정, 윤보미, 이선의, 전하나/이사이 히로코 e[블랙박스 시크릿] 마슈 사이드/이영아 [人生が好転する100の言葉] ひろゆき [野田クリスタルのこんなゲームが作りたい!] 野田クリスタル [ヒトゲノム] 榊佳之 [友だち幻想] 菅野仁 [クォーク] 南部陽一郎 [コロナ後の世界] ジャレド・ダイアモンド他 [数に強くなる] 畑村洋太郎 [日本人と組織] 山本七平

        スキ
        2
        • 私家版韓日翻訳辞典(9)

          가득히 なみなみと 나설 기회 出る幕 다루기 어렵다 始末に負えない 마는 둥 あるかなきか 바랄 나위 없는 願ってもない 사실대로 ありていに 아닌게 아니라 それを言ったら、ちゃんと 자리에 있다 居合わせる 차례차례 順次 콘솔 操作卓 패, 패거리 手合い 하마터면 すんでのところで

          スキ
          3
          • 抜き書き・山本七平『日本人と組織』より

             20年前の[NKK放送世論調査所(今のNHK放送文化研究所)による]調査を見ると、二十歳台は宗教に無関心、四十歳台は相当に関心をもつという結果がでている。これだけをみていると、年とともに宗教の関心が低くなっていくように見えるが、二十年後の今日に同じ調査をするとまた同じ結果が出てくる。いうまでもなく、かつての二十歳は四十歳になっている。するとこの新しい四十歳は、二十年前の四十歳と同じ意識になってしまうのである。ということは、かつての四十歳も、その二十年前の二十歳台には、今の四

            スキ
            1

            私家版韓日翻訳辞典(8)

            가득히 滔々 나서다 買って出る、乗り出す 다그쳐 たたみかけて 마구 뿌리다 ばらまく 바꿔 생각하다 引き比べる 사뭇 がらりと、がらっと 아깝다 捨てがたい 자리매김하다 出来上がる 차례차례 順次 타고난 根っからの、持ち前の 팔짜(에)없다 分不相応 하루 종일 日がな一日

            スキ
            2

            抜き書き・夏野剛『グーグルに依存し、アマゾンを真似るバカ企業』より

             「何か新しいこと」、その中身が指令を出している本人にわからないのだったら、もうその会社のウェブビジネスはその時点で失敗している。  経営者が、(中略)自分に何のアイデアもないのに、ビジネスのアイデアを探してこいというのは、経営者が自分の会社を見限っているに等しい。    大切なのは、議論よりもアサインメントを重視すること。リーダーを決めたらその人間とそのチームにできるだけ考えさせて、横や上からちゃちゃを入れない、その代わり責任も取らせる――というやり方だ。  「皆で議論を

            スキ
            2

            韓国語で回文を作ってみた(4)

            아간,인마, 지하철 전철하지 마, 인간아(Achan、地下鉄転轍するな、人間よ) 수박 고르고 박수(スイカ選んで拍手) 수백명 백수(数百名のニート)

            スキ
            1

            韓国語作文練習:ショートコント

            (古民家を見にきた日本人男性と韓国人女性の会話) 「ここに昔、雨戸があったんじゃないかな?」 「아마도」(たぶんね)

            スキ
            1

            私家版韓日翻訳辞典(7)

            가닭없이 無性に 나쁘게 あしざまに 다듬이지지 않는 あらけずり ~려고 할 때 ~ぎわ 버림받다 おいてけぼりにされる 사로잡히다 かられる 아는 체하다 独り合点する、きいたふうな口をきく 자리 持ち場 차례로 逐一 ~코스프레를 하다 ~面をする、真似事をする 판에 박은 듯한 말투로 切り口上で 하루아침에 がらりと

            スキ
            1

            韓国語作文練習 ショートコント:ある日本人男性と韓国人女性の会話

            ある日本人男性と韓国人女性の会話 어느 일본인남자와 한국인여자의 대화 「君、兄弟いる?」 「네」 「どっち?お兄さん?」 「아니」 「いや、ややこしいな!」

            韓国のライトノベル『絶対少女お姫様』サンプル部分翻訳

             「助けてください」  書き出しとしては曖昧な文章だ。  だがここから始めよう。  僕は拉致されている。目隠しも、足枷も、手錠も、捕縛用の縄も、激走する軍馬の追手もないけど、拉致は拉致だ。  相手は口数の少ない女性。フードを目深にかぶっていて顔は見えないが、声はとてもすてきな女性だった。でも僕が話しかける理由は声のせいではない。  「助けてください」  「あと一言でも口にしたら……」  「あと一言でも口にしたら猿轡をすると言われたけど、誘拐犯、いや、レディ、あなたもこれまでの

            2017年に韓国の雑誌に発表したコラム

            『Wコリア』4月号に掲載された「村上春樹通信」の全文です。内容は『騎士団殺し』についてのもの。  일본에서 ‘문학의 종언’이 운운된 지 벌써 오래다. 이제 보통 사람들 사이에서 문학이 화젯거리가 되는 일은 거의 없다. 유일한 예외가 존재하는데 그것이 바로 무라카미 하루키다. 하루키가 7년 만에 장편소설 <기사단장 죽이기>를 낸다는 소식을 출판사가 발표하자마자 저녁 뉴스에 보도되었고, 출간일인 2월 24일에 는 자정부터 도쿄 대형 서점인

            スキ
            2

            私家版韓日翻訳辞典(6)

            가늠보다 見計らう 나빠지다 (天気が)下り坂だ、くずれる 다급해서 切羽詰まって、差し迫って 마구잡이로 やたらに、ランダムに 바로 그때 折も折 사사로운 立ち入った 아는 바 없다 あずかり知らない 자랑해 보이다 ひけらかす 차례 お鉢(比喩的な意味で) 타산적인 計算ずく 지구는 푸른 빛이었다 地球は青かった 하라는 대로 하다 言いなりになる

            スキ
            1

            韓国語なぞかけ

            [깍풀]과 [립밤], 그 공통점이 있다면? 정답은 '둘 다 잘못 손대면 다칠 때도 있는 것(풀, 밤)이 포함됩니다' スティックのりと掛けて、リップと解きます そのココロは 풀(草)も밤(栗)も下手に触れば怪我をすることがあります

            スキ
            1

            抜き書き・米本昌平『地球環境問題とは何か』より

            たぶん多くの人たちの地球温暖化に対する理解は、こうだと思う。二酸化炭素には温室効果があり、この二酸化炭素の濃度増大によって気温が上昇すること、つまり、二酸化炭素の濃度増大が「原因」となって大気が暖まり、さまざまな影響がでることであると……。確かに、二酸化炭素が完全になくなってしまえば、地球の平均気温は摂氏33度下がる計算になり、この限りの一次的近似の因果関係としては、この解釈は正しい。しかし、現在の地球科学は、過去の気候変動を、地軸の変化、太陽活動の変化なのが最初のきっかけと

            スキ
            2

            ジョ・ヨンイル『柄谷行人と韓国文学』正誤表

            P7の引用文 「積極的に努力することなくして」と「歴史的宿命」に傍点をつける。 P71の引用文 「どんな内容も、」に傍点をつける。 2019年11月28日更新 P160 そのような外面と内面が異なるという批判→そのような外面と内面が異なる批判 2019年11月29日更新 P237 柄谷行人と白楽晴(ペク・ナクチョン)の対談→柄谷行人と白楽晴(ペク・ナクチョン)らとの間で行なわれた共同討議 この対談の冒頭で→この共同討議の冒頭で P276の原注32 金泳