人生のものがたりを紡ぐ

72
ノート

いいプロダクトは自分の労働観をやさしくゆさぶる。

池上にある行きつけのカフェ「SANDO」に入ったら、あいにくその日は休みとのことだったのだけど、たまたま店舗で取材が行なわれていた。 取材対象とし...

「成長」に会ったら、「成長」を殺せ。

僕らは生まれてから死ぬまで、いったい何度「成長しよう」という言葉に触れるんだろう。本屋さんには「これこれこうしたら成長できる」という本がずらっ...

例のアレにまたがることはひとつの革命である。

公園にあるアレの収集をはじめた。アレっていうのはパンダやら象やらゆるキャラやらにまたがってぐわんぐわんできる、アレである。 収集といっても引っ...

寂しがり屋のひとり好き。

気がつくと僕はひとりになっている。大勢で飲んでいるとだんだんと部屋のすみっこに足が向いて、最終的には角でちびちび飲んでいる。イベントでも名刺交...

心のサボテンに水をやる、的ななにか。

お気付きの方ももしかしたらいるかもしれないけれど、先週から僕は平日毎日noteを更新しています。そのことを会った人に話すと、「すごいねぇ」と言われ...

ダメな自分を愛するための「自己低発本」5選

「ダメな自分を愛せはしない 強く生まれ変われ」という歌がむかし流行ったけれど、ダメな自分を愛せない人生はけっこうつらい。ぼくらが生物として生き...

プロの散歩人、はじめました。

どうしたら幸せになれるんだろうということについて、僕だけじゃなくみんながそれぞれあれやこれやと考えて、年収を上げると幸せであるとか、人との関わ...

「履歴書の空白」には、クレヨンで花を描く。

私はこの机の上に立ち、思い出す。常に物事は別の視点で見なければならないことを! ほら、ここからは世界がまったく違って見える。 映画『いまを生き...

履歴書は空白でも、人生は空白じゃない。

一ヶ月にいちどくらい、無性にドーナツが食べたくなるのはなんなんだろうか。 僕は甘すぎないオールドファッションがいい。外はサクサク、なかふんんわ...

自分の進路相談室、持ってますか?【「フリーランスの進路相談室」執筆後期】

江戸時代に佐賀藩士・山本常朝によって口述された武士道書『葉隠』には、 「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」とある。 この切れ味するどいパンチラ...