新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ひとりで作れるビジネスモデル

(2021/06/07追加)
この記事は、2021年6月28日までの期間限定で、無料公開しています。
こちらのページからPDF冊子として無料でダウンロードしていただけます。
※ただし有料版に付属している動画は、無料公開版には付属していません。

起業して、すでにうまくいっている人には、この記事はお役に立てません。

✅今から起業したいけど、どんなビジネスにしたらよいのか?
✅すでに起業したけど、なぜこんなにもうまくいかないのか?

そんな人には「ビジネスモデル」という視点から、個人事業レベルの起業について、お伝えできることがあります。

ひとり起業のビジネスモデル。知識やスキルをお金に換える方法。

資格を取ったのはいいけど、どうやってお金を稼げばいいの?
同じ資格を持っている人は、さらに認定講師の資格を取ったりして、仕事に結び付けていきたいようだけど。

いわゆる「〇〇協会」が発効している資格を取っても、なかなかビジネスにつながらない。

そんなふうに悩んでいる人が多いようですね。

また、これまでの仕事で得てきた知識やスキルをブログに書いても、なかなか注文が来ない、安い仕事にしか結び付かない、というお話しもよく耳にします。

この記事は、こんなお悩みを解決します。
☑ 個人がどうすればITを活用して知識や経験をお金に換えられるか
☑ ひとり起業でも早く立ち上げられるビジネスモデルとは
☑苦労が多いワリに継続的にお金を生むのが難しいビジネスモデルとは
☑具体的に知識をお金に換えるためのITインフラ
☑継続的にお金を生みやすいサービスのつくり方
☑ サービスの組み合わせ、商品構成の方法

この記事は、こんな人を想定して書かれています。
✅フリーランス、個人事業主の人
✅ 創業して1年以上経過している人
✅なかなか仕事が入ってこない人
✅たまに仕事が入って、大変なわりに儲かっている実感がない人
✅売上、利益といった基本的なビジネスの用語を理解している人

この記事の信頼性

画像2

✅スモールビジネス専門のコンサルタント
✅自治体や商工会議所の経営相談員
✅起業、個人事業の指導を200件以上
主な起業アドバイス、個人事業アドバイス実績
✅「1年で売上2倍」の自宅ピアノ教室
✅「ゼロから1年半で継続的に月50以上突破」の間取りアドバイザー
✅1年で地元銀行の専属アドバイザーになったデザイナー
この記事の内容
✅少リスク、少予算で個人でも構築できるビジネスモデル
✅文字数 20,053文字(原稿時)
✅動画 1時間56分
✅記事内容をプリントアウトできるPDFテキスト付属
✅価格:5,980円
✅オンラインセミナー動画、PDFテキストを含めた価格です。

画像38

孚(まこと)事務所 株式会社 代表取締役 飯田 吉宏 さま
自分の専門性を収益化していくヒント

ワシ先生らしい、わかりやすさと内容の高度さが両立している動画でした。フリーランスや個人事業主が、自分の専門性を収益化していくヒントが散りばめられています。
参考になったのは、大きなところで2つあります。

1つ目は、複数の収益モデルの組み合わせが「ビジネスモデル」であるということ。中小零細の場合、商品・サービスの絞り込みやターゲットの選択が重要だと、戦略系のビジネス書に書かれています。
しかし、ここを取り違えて収益の手段まで限定してしまうと、コロナ禍のような環境変化への対応が難しくなります。補助電源がなければ、システムが強制終了してしまいます。
よって、収益モデルは複数あるが、顧客や見込み客から違和感がなく一貫性が保たれて見える状態を作れると、事業の継続性が高まることが理解できます。

2つ目は、ネットワーク外部効果について。言葉は知っていたものの、その機能がコミュニティにつながる視点は新鮮でした。巷で聞くコミュニティ系ビジネスは、理念や目的が強調されている印象があります。一方でフリーランスが取り組むべきコミュニティというのは、もっとシンプルで放牧のような(笑)スタイルが適していると感じます。ただし、価値提供は「主」が丹精込めてやらねば、人が集まることはありません。その分、いったん回りだすと強力な収益エンジンに発展します。

この動画を活かすには、少なくとも3回は通しで見たほうがいいかも。どのネタを自分に置き換えて実践するのか、精度が上がると思います。私も見直して、活かしドコロを探ってみます。

画像37

米国NLP心理学協会ビジネスマスター&コーチ
ファーストアドバンテージ有限会社 代表取締役 酒井とし夫さま

5年分の試行錯誤をショートカットできるフリーランス、個人事業主向けのコンテンツ

世の中には経験のある人、知識のある人、技術のある人はたくさんいます。そして好きなことややりたいことがある人もたくさんいます。

でもそのうちの99%の人はそれでは食えない。
その理由はマネタイズができないから。


つまり経験や知識や技術や好きを永続的に収益化する仕組みが分かっていない。だから、ビジネスとして成立しない。

そのためほとんどの人は経験や知識や技術があっても食えない。

個人事業主やフリーランスの経験、知識、技術、好きを仕事につなげるもの、それがビジネスモデルと収益化の具体的な方法論。

でも残念ながら世の中にあるビジネスモデルと収益化に関する情報の50%は大手企業や中堅企業向けのものばかり。それを真に受けてひとり起業家やフリーランスが自分のビジネスに取り入れようとするけれどうまくいかない。

そして残りの情報の30%は単なる思い付きや迷信レベルで15%は偽物。スモールビジネスに適した本物の情報は5%。情報があふれる時代でも正しい情報は案外少ない。

起業して1年で半数が潰れて、生き残りの9割が10年以内に潰れるのはそのような情報に踊らされることも大きな原因。

また本当に個人事業主やフリーランス、ひとり起業、スモールビジネスに合っていて、かつ自分の性格や得意に適したものを経験から試行錯誤して得ようと思うなら最低5年はかかる。

スモールビジネスコンサルタント・高橋浩士先生の「ひとりで作れるビジネスモデル」は上位5%の情報であり、かつ試行錯誤の5年をショートカットできる。

このコンテンツで書かれていること、そして動画で述べられていることはコンサルタントがマンツーマンで年契の有料コンサルで指導すること、あるいは高額起業セミナーで語られる内容。

本気で自分の経験、知識、技術、好きなこと、やりたいことで起業して、収益を生むビジネスを構築したいのであれば必読、必聴です。
学ぶなら本物から。

自分の知識やスキルをお金に換えるには

この記事では、個人事業やフリーランスの人たちが悩みがちな

「いかにして自分のスキルをお金に換えていくか」

というお話しをします。

この記事の中では、ワシが「スモールビジネスコンサルタント」として接してきた、さまざまなフリーランスの人たち、個人事業の人たちを例に挙げながら、それぞれの「ビジネスモデル」について考えていきます。

ぜひ、あなたのビジネスについても

自分て、どんなビジネスモデルでできているんだ?

ってことを考えながら、読んでみてくださいね。

ところであなたは、フリーランスですか?
フリーランスって、どんな人たちのことを指すのか、説明できますか?
フリーランスとはもともと、こんな人たちを指します。

「特定の組織に属さず、常時従業員を雇用しておらず、消費者向けの店舗等を構えておらず、 事業者本人が技術や技能を提供することで成り立つ事業を営んでいる者」をフリーランスと定義する。
(2019年小規模企業白書/中小企業庁)

ここで注目したいのは事業者本人、つまりあなた自身が技術や技能を提供することで成り立っていることという点です。

もともとフリーランスとは、技術や技能を提供してお金に換えている、と言うことができますね。

さて、ではあなたは、どのようにして自分が持っている技術や技能を提供して、誰からどのようにしてお金をいただいていますか?

この点が、今回お伝えしたい「ひとり起業のビジネスモデル」の大事な点なのです。

ビジネスモデルとは何か

画像3

きわめてザックリした意味でお伝えすると、「どうやってお金を生むか」という仕組みのことをビジネスモデルと言います。

たとえば、デザイナーさんで考えてみましょう。

「クライアントさんから依頼を受けてデザインを作って納品する」

という方法しか「スキルをお金に換える方法」ってないのでしょうか?

リラクゼーションサロンで考えてみましょう。

「60分〇〇円」という方法で、施術するお客さんからお金をいただく

これしかお金に換える方法って、ないのでしょうか?

もしそうだとしたら

自分が仕事のためにつかえる時間で、最大の売上は決まってしまう

ってことになりますね。

どういう意味だか、わかりますか?

▼デザインを制作する時間と、それによっていただけるお金
▼施術に充てることができる時間と、60分当たりの料金

があるていど決まってしまうと

自分が仕事に充てることができる時間によって、最大の売上(手にすることができるお金)が決まってしまう、ということです。

どれだけがんばっても、「自分が仕事のために使える時間」って決まっていますよね。

だとすると、

▼自分が時間当たりどれだけの仕事ができるか
▼その仕事に対してどれだけのお金をいただけるか

このふたつの条件によって、「自分のガンバリに対して儲かる度合い」が決定してしまうのです。

つまり、

「委託を受けてデザイン制作の請け負う業務」
「時間制でエステを施術する業務」

はそれぞれ、「よい、わるい」だとか、そういったこととは関係なく、

そのようなビジネスの仕組みなのだ。

ということです。

そのような「自分が使える時間によって儲かる限度が決まってしまうタイプのビジネスモデルなのだ」ってことです。

これが「デザイン委託業務というビジネスモデル」「時間制エステのビジネスモデル」なのであって、この構造は変えようがないのです。

すると、よりたくさんの売上を上げるには、以下のような点が課題になります。

このようなビジネスモデルの場合、よりたくさんの売上を作ろうと思うと、以下のような事が「半ば自動的に」課題になります。

▼どうやって「たくさんお金を払ってくれるよいクライアント」を探すか。
▼どうやってサロンに集客するか。
▼どうやって1案件当たりの単価を上げるか。メニュー単価を上げるか。
▼どうやって仕事ができる時間を増やすか。
▼どうやって効率的に短い時間で仕事をこなすか。

カンタンに言ってしまえば、次の3つの条件

1) メニューや1案件当たりの売上
2) ひとりから売り上げるためにかかる時間
3)自分が仕事のために費やすことができる時間

これによって、あなたが死ぬほどがんばっても「どれだけのお金を手に入れることができるのか」は、決まってしまう、ということです。

ハッキリ言って

ビジネスモデルの選択によって、「儲かりやすさ」が決まってしまう。

ということなのです。

だけど、フリーランスや個人事業の多くは「あこがれ」や「やりたい仕事」に注目するばかり

「自分のビジネスモデルは、果たしてどのようなものなのか」

ということさえ、考えたことがありません。

まずは

ビジネスモデルを工夫すれば、自分のビジネスはもっと伸びるんじゃないか

という考えをもってこの記事を読み始めたあなたのほうが、他の人よりも一歩先んじていると言えますね。

ビジネスモデルで「儲かりやすさ」が決まる

画像4

ビジネスモデルを大きく転換することによって、お客さんがどれだけ増えても対応できるようになったり、お客さん一人当たりの対応時間を劇的に減らすことができます。

しかも、これは個人事業やフリーランスでも可能なのです。

なぜ、そんな魔法のような事が可能になったのか。

それこそが、ITの発展のおかげなんですね。

ココで間違えないでいただきたいことがあります。

ビジネスモデルによって「儲かりやすさ」が決まるとお伝えしましたが、ある特定のビジネスモデルを選べばカンタンに儲けられる、とは言っていません。

あくまで違うのは「儲かるか/儲からないか」ではなく「儲かりやすさ」なのです。

さきほどの「60分〇〇円のリラクゼーションサロン」を思い出してください。

どれだけがんばっても、自分が持っている時間の一日24時間以上を働くことはできません。

これは「自分が投入できる時間によって売上の最大額が決まってしまうビジネスモデル」ということです。

儲かれば儲かるほど自分が大変になっていくビジネスモデルだとも言えますね。

ビジネスモデルを替えれば、あなたの利益構造は劇的に変わる

この記事で述べることは、数あるビジネスモデルの中でも、個人事業やフリーランスでも取り組みやすい、一部の方法に過ぎません。

世の中にはどんなビジネスモデルがあるのか?

という疑問に対して、この記事は答えを用意していません。

だけど、「鉄道事業のビジネスモデル」だとか「発電事業のビジネスモデル」などをここで述べても、あまり参考になりませんよね?

この記事では、フリーランスや個人事業でも取り組みやすく、早く構築することができ、またはやく「最初の売上」に結び付きやすいビジネスモデルの構築法についてお伝えしています。

「ビジネスモデルの本」は参考になる?

画像5

ワシも、コンサルタントと言う立場上のこともあってビジネスモデルに関する本はたくさん読みました。

だけど、実際に個人事業やフリーランスにとって役立つようなビジネスモデルに関する情報って、少ないんですよ。

だって、「鉄道会社のビジネスモデル」だとか「Amazonのビジネスモデル」は、たしかに参考にはなるものの、個人がいまから構築するにはムリがありますよね。

そんなわけで、この記事の中では、個人やフリーランスの人でも参考になるビジネスモデルだけを取り挙げていきます。

ここからの内容
✅あと 文字数16,365文字(原稿時)
✅動画 1時間56分

この続きをみるには

この続き: 19,131文字 / 画像32枚

ひとりで作れるビジネスモデル

ワシ先生/高橋浩士

5,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
書いた甲斐がありました!あなたの「スキ」で報われました~(感謝)
フリーランス、個人事業、小規模ビジネス向けの経営コンサルタント。 1年で売上倍増などアドバイス実績多数。各地商工会議所の経営相談。オンラインコンサルティング、セミナー講師、オンライン勉強会「ワシ勉 」開催。ミラサポ 登録/岐阜商工会議所登録エキスパート。1965年生の名古屋在住。