見出し画像

Lightning Web Components間で連携する

Lightningアプリケーションビルダーに、Lightning Web Componentsを2つ配置します。

片方の状態が変わったら(例えば、選択した行が切り替わったら)、もう片方の表示を切り替えるということをやってみようとしたら、思ったより苦労しました。(これくらい標準機能でできるものとばかり・・・)

調べて見ますと、pubsub.jsを使うといいということにたどり着きました。

Lightning Web Components間で連携するには、イベントを使います。子コンポーネントから親コンポーネントは、正式なやり方がありますが、コンポーネント間は、自分でやってねってことです。

イベントを管理するソースコードを準備する

自分で管理すると言うことなので、イベントを登録する、イベントを発火させると言った事を担当するソースコードを準備します。インターネット上でみる、pubsub.jsそのものです。

/**
* A basic pub-sub mechanism for sibling component communication
*
* TODO - adopt standard flexipage sibling communication mechanism when it's available.
*/

const events = {};

const samePageRef = (pageRef1, pageRef2) => {
   const obj1 = pageRef1.attributes;
   const obj2 = pageRef2.attributes;
   return Object.keys(obj1)
       .concat(Object.keys(obj2))
       .every(key => {
           return obj1[key] === obj2[key];
       });
};

/**
* Registers a callback for an event
* @param {string} eventName - Name of the event to listen for.
* @param {function} callback - Function to invoke when said event is fired.
* @param {object} thisArg - The value to be passed as the this parameter to the callback function is bound.
*/
const registerListener = (eventName, callback, thisArg) => {
   // Checking that the listener has a pageRef property. We rely on that property for filtering purpose in fireEvent()
   if (!thisArg.pageRef) {
       throw new Error(
           'pubsub listeners need a "@wire(CurrentPageReference) pageRef" property'
       );
   }

   if (!events[eventName]) {
       events[eventName] = [];
   }
   const duplicate = events[eventName].find(listener => {
       return listener.callback === callback && listener.thisArg === thisArg;
   });
   if (!duplicate) {
       events[eventName].push({ callback, thisArg });
   }
};

/**
* Unregisters a callback for an event
* @param {string} eventName - Name of the event to unregister from.
* @param {function} callback - Function to unregister.
* @param {object} thisArg - The value to be passed as the this parameter to the callback function is bound.
*/
const unregisterListener = (eventName, callback, thisArg) => {
   if (events[eventName]) {
       events[eventName] = events[eventName].filter(
           listener =>
               listener.callback !== callback || listener.thisArg !== thisArg
       );
   }
};

/**
* Unregisters all event listeners bound to an object.
* @param {object} thisArg - All the callbacks bound to this object will be removed.
*/
const unregisterAllListeners = thisArg => {
   Object.keys(events).forEach(eventName => {
       events[eventName] = events[eventName].filter(
           listener => listener.thisArg !== thisArg
       );
   });
};

/**
* Fires an event to listeners.
* @param {object} pageRef - Reference of the page that represents the event scope.
* @param {string} eventName - Name of the event to fire.
* @param {*} payload - Payload of the event to fire.
*/
const fireEvent = (pageRef, eventName, payload) => {
   if (events[eventName]) {
       const listeners = events[eventName];
       listeners.forEach(listener => {
           if (samePageRef(pageRef, listener.thisArg.pageRef)) {
               try {
                   listener.callback.call(listener.thisArg, payload);
               } catch (error) {
                   // fail silently
               }
           }
       });
   }
};

export {
   registerListener,
   unregisterListener,
   unregisterAllListeners,
   fireEvent
};

イベントを受ける側の実装

イベントを受ける側の実装を行います。

connectedCallbackでイベントを受けるための登録を行います。disconnectedCallbackで登録したイベントを削除します。イベントを受けたときに呼び出すハンドラを実装します。

ここでのポイントは、import { CurrentPageReference } from 'lightning/navigation'; の定義を行う事と、@wire(CurrentPageReference) pageRef; を忘れないことです。

import { LightningElement, track, wire } from 'lwc';
import { CurrentPageReference } from 'lightning/navigation';
import { registerListener, unregisterAllListeners } from 'c/aclPubSub';

export default class AclReceiveOrder extends LightningElement {
   /**
    * 締めフラグ
    */
   @track isClosing = false;

   /**
    * 現ページ情報
    */
   @wire(CurrentPageReference) pageRef;

   /**
    * 初期化処理
    */
   connectedCallback() {
       // イベントを受けるための登録を行う
       registerListener('changedreceiveorder', this.handleChangedReceiveOrder, this);
   }

   /**
    * 終了処理
    */
   disconnectedCallback() {
       // 登録したイベントを削除する
       unregisterAllListeners(this);
   }

   /**
    * 表示する受注情報の変更
    * @param {*} value 受注情報
    */
   handleChangedReceiveOrder(value) {
       // 締めフラグを設定する
       this.isClosing = value;
   }
}

イベントを発行する側の実装

次にイベントを発行する側を実装します。

pubsub.jsのfireEventを使います。

こちらでも、import { CurrentPageReference } from 'lightning/navigation'; の定義を行う事と、@wire(CurrentPageReference) pageRef; が必要ですので、お忘れなく。

import { LightningElement, track, wire } from 'lwc';
import { CurrentPageReference } from 'lightning/navigation';
import { fireEvent } from 'c/aclPubSub';

export default class AclReceiveOrderList extends LightningElement {

   /**
    * 現ページ情報
    */
   @wire(CurrentPageReference) pageRef;

   /**
    * 受注明細がクリックされたら、そのIDをselectedに設定する
    * @param {*} event 
    */
   handleChangedReceiveOrderClick(event) {
       // changedreceiveOrderイベントを発行する
       fireEvent(this.pageRef, 'changedreceiveorder', event.target.value);        
   }
}


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
生涯現役なデベロッパーを目指しています。Typescript、Javascript、Salesforceのフルスタックデベロッパーとして日々コードを綴っています。コードを綴る中で、「これは!?」と思ったものを記事にしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。