第二弾

【第二弾】見たくないのに、毎日見てしまう。オールユアーズ徹底分析


なんでオールユアーズ木村さんが全国行脚をするのか。

この記事から、カンケリデザインが読み取ると、こうなる。

※私的な内容や表現が多いため、まとめまでぶっ飛ぶのも、おすすめします!

(※この画像に字を入れたのは、私です。)

(レイナ)木村さんのこの記事を読んで、特に印象に残ったことや改めてみんなで話したいことをテーマに、深めていきましょうか!
(全員)いいねー!
(コーヨー)誰からいこかー?
(チャコ)じゃ、僕いきまーす!

クラウドファンドに存在する〝見えないハードル〟

(チャコ)この記事を読んで、まさに自分だなと思うことがあって。
オールユアーズのクラウドファンドで、このサイズと実物見ないとわからなくて、見ずに買おうかなって思ってて迷ってさ。

サイズが分からないというところでハードルが一段高くて、クラファンを見ずにいたら、もう掲載が終わってるってことがあったんだよね。

木村さんが想定しているその層に、自分が当てはまっていると思ってたし、〝商品を見ればリーズナブルだって思ってもらえるけども、気軽に買えるほど安いものがない〟って、まさにそうだなと共感してる。

ちょっと話は変わるけど、鹿児島にいて、実際にクラウドファンドで、3100万円もお金が集まって、1139人共犯者が集まっていて、 そんな大規模に成功させてる人の話聞けないから、単純に面白いし、貴重だと思う。

この記事にも、全国行脚をすることで、共犯者を3000人にしたいっていうのは、今回の目的を改めて理解した。ステートメントに書いてある言葉の〝自分自身を知り、本質を感じよう〟という部分は、なるほどと感じたよ。

「共犯者」とは、目的に対する同じ目線をもつ仲間のこと

(レイナ)私は、共犯者っていうのがすごい気になります。
私は、5年間サービス業をしていて、お客様を、お客様とみる時点で、主従関係ができるんですね。

そうじゃない、主従関係じゃない、同じ目線で、対等に、ただ一対一の対等じゃなくて、目的に対する同じ目線っていうのは、なんかすごく今テンラボでやっているファシリテーションとか町づくりに対する考え方とか近いなーと思って。 


そこを〝共犯者〟っていう意味で、なんかすごくワクワクするというか、自分もその仲間になりたいな、何それと感じさせるような言葉として、〝共犯者〟に集約されてると感じて、本当すごいなとおもう。 

言葉一つ一つの表現方法とか勉強になるし、 SNS 上での木村さんのやりとりを見て、 Twitter の投稿とかもだけど、それに対する返信も丁寧だなと感じて、みんなに対して愛があるなーと感じる。

どうしたらできるんだろうって感じで見ていて、私の課題だから、木村さんのそんな人間性がすごい気になるなー。

ドラマ「3年 A 組〜今から皆さん、人質です」と「共犯者」のシンクロ

(ユーキ)私は、このイベントが決まるまでに正直オールユアーズを知らなくって。そこで、初めてこの前木村さんのブログをいくつか読んでみたの。

私が読んでみて、やっぱり「共犯者」っていう表現が、今の時代、的を得ている言葉だなと思った。  

最近観てたドラマで「3年 A 組〜今から皆さん、人質です」を観てたんだけど、SNSの問題を取り入れていたの。そのドラマでは、最後に伝えていたメッセージっていうのが「SNSを使うことで、(良い意味でも、悪い意味でも)皆が共犯者になり得る」っていってて。

今の時代、ネットで誰でも気軽に繋がれる・発言できるのって、マイナスに取り上げられることが多いなと思っていて。 

でも、オールユアーズはプロジェクトに対して「賛同者」ではなく、あえて「共犯者」って言ってる。ユーモアを含みつつ、何か悪いことしてる感があるよね。

それって、結構ワクワクするところもあって、うまくそこを突いてるな、すごく面白いなと思った。そんな人の話を、この鹿児島で聞けることをすごく楽しみにしてる。

最近、わたしは服を、ほとんどネット通販で買ってるんだけど、たまに失敗することもあって。
私は、身長も低いしぽっちゃりしているから、モデルさんと全然違う。でもネットでは綺麗なモデルさんしか着ていない写真しかなくって、サイズとかもちゃんとみて買うんだけど、実際に自分が着ると違うみたいなことはしょっちゅうあるからさ。

そんなとき、お店を全国に持つとかじゃなくって、試着を気軽にできるように、オールユアーズは動いている。とても今の時代に合ってるんだろうなと。


あとは、ブランディングに関することとか、ちょっと聞いてみたいな。最近はデザインだけに限らず、プロジェクト単位で仕事の依頼が来ることが多いからね。
そんな話は関心あるかなー!

(コーヨー)3年A組と共犯者の話、すげーしっくりきた!
(ユーキ)そうそう!〝自分のプロジェクトじゃない感が感じてた〟みたいな話があって、それが似てるなと思うんだけど。似てるところが多いんだろうなと思って。
(コーヨー)なんか、今、すげー泣きそう
(チャコ)なんだ急にそれ笑 キモ!笑
(ユーキ)大丈夫?笑 疲れてんだよ!温泉は入って一日ゆっくり休んで!
(レイナ)どうした?笑
(コーヨー)ごめん!ごめん!話す話す!笑
(ユーキ)話しながら、最後号泣しないでよ!笑
(コヨ)大丈夫大丈夫!なんか、漏れた。笑

あらゆる視点から生まれる、本気のモノづくり

(コーヨー)木村さんと初めてお会いしたのは、去年の5月か!
長野のシンカイの柿次郎さんとヒトミさんと木村さんと、初対面が車内で。笑

木村さんとプロダクトの話をしてて「 メガネケースのこの形ってどう思う?この角度がこうだから〜」って、木村さんの視点をずっと聞いてて、プロダクトに対してこれだけの視点を持っていて、愛情をもって作ってる人なんだなってすぐ分かった。クラウドファンドの話も聞いて、武士のような本気さを常に感じてた

「ジャケパン」という1つのプロダクトに対しても、全国を回るって、相当なエネルギーだと思う。本気で良いと言い切れる商品を、各地に足運んでって、この時代だからこそ。

今、中森陵さんが運営してる「たんすの肥やし」のオンラインショップの立ち上げに関わってるんだけど、実際のサイズがわからない商品をどう手にとってもらえるようにと考えた時にも、このくらい本気に動かないと伝わらないっていうのと、Webだからこそ、言葉が大切だなって思う。

木村さんと一度呑んだ時、「今、会いたい人はいますか?」って聞いたら、糸井重里さんって言っていて。「物を、言葉で売っていきたい」と答えくれて。木村さんのnoteからも核となる言葉が、既にそこにはあって。
特にトークイベントは、木村さんからの学びがたくさんあると思って、すごく楽しみにしてる。


(チャコ)全然泣かないじゃん!笑
(コヨ)そら、自分の話だとねー、ヒトの話はなんかグッとくるというか笑
(ユーキ)おじいちゃんやん。笑
(コヨ)なんかみんなの話きいて、あーやっぱりいい奴らだなーと思ったら、じわーと安心しちゃったんだよね。
(チャコ)なんだそれ。笑

木村さんのことを思い出した話。

(レイナ)私が、木村さんと会った時に、木村さんに「カンケリ」の話をして、その時に何を言われたとかじゃなくて、反応がよくも悪くもなかったんですよ。ドシっと受け止められた感があって。

〝それが、お前らのやりたいことなのか〟って感じで。

「それできんの?」とか「もっとこうやった方がいいよ!」ってアドバイスでもなく、それかやりたいんだったら、ここをもうちょっと考えてみたらどうか?みたいな感じだったんですよ。

なんか、その木村さんの態度で。
ま、それだけなんですけど。笑

まとめ

カンケリデザインのオールユアーズ木村さんに向けたラブレターのような記事になってしまった訳ですが、苦笑

クラウドファンドは、(非現実)であり、
全国行脚は、(現実)である。

オールユアーズの全国行脚は、おそらく
クラウドファンドで、全国の出会えなかった方々に会いに行く旅であり、
共感者の人たちが、オールユアーズを身に付けて、共犯者になっていく旅だけじゃない。

木村さんが、自ら全国47都道府県へ出向いて
クラウドファンドという空中戦で身に付けた技を、各地で伝授し、その土地土地で出会うモノやヒトと触れ合いながら、さらに見識を深めていくのだろうと思う。直接対話をしながら〝見えないハードル〟を超えて、3000人が連なった共犯者と眺める「未来へのビジョン」から、僕らは、多くのことを学ぶに違いない。

本気で、何かを伝えること。
本気で、何かをつくること。
本気で、誰かと繫がること。


これは、誰もが該当することなのだから

鹿児島で暮らす
・SNSで情報発信する仲間
・お店をする仲間
・モノづくり、デザインをする仲間
・コミュニティ事業をする仲間
きっと何を感じとってくれるはずだから、絶対来てほしい。
その場で生まれる繋がりが、楽しみで仕方がない。

カンケリデザイン|サトーコーヨー

次回予告

【第三弾】見たくないのに毎日見たくなるオールユアーズ徹底分析は、、、

西本願寺のお坊さんと、カンケリデザインの打ち合せの様子です!
仏教と衣服のコラボ。ちょっと面白い内容かも、です。

オールユアーズのステートメント

ALL YOURSは信じている。
最高の服とは、着ていることすら忘れてしまうものだ。

そこには、カッコいいも悪いも存在しない。
あなたのスタイルがそこにあるだけでいい。

他人にどう見られているかなんて気にしてる場合じゃない。
もっと面白いことが世の中にはある。

誰かの作った流行に惑わされるな。
自分が本当に信じられる事を見つけよう。

自分のやりたいことに集中しよう。
自分の存在は”今”ここにしかないんだから。

自分に素直でいよう。外見にとらわれるな。
本当に美しい姿は、美しい魂に宿る。

自分自身を知り、本質を感じよう。

▼▼▼▼▼▼▼▼
オールユアーズ
日本全国行脚
鹿児島編まとめ
▼▼▼▼▼▼▼▼
 
共同主催のカンケリデザイン河野です!!
突然ですが、オールユアーズ の
【着たくないのに、毎日着てしまう】
セットアップが欲しいです!
商品についてはこちら
https://coop.allyours.jp/project/77
 
でも、どのサイズが良いのかな、、、
どの色がいいのかな、、、
悩んでいるうちに
結局買っていませんでした。。。
だけど、なんと!
試着会&トークイベントで全国を回るらしい!
ぜひ、鹿児島に来て欲しい!
試着して、納得したものを買いたい!
という方は、是非試着会へ!
  
木村さんに会いたい!いろんな話聞きたい!
という方は、トークイベントのチケット購入を検討ください。
 
ハッシュタグは、
#木村どん
SNS発信にご活用くださいませ!
 
 

木村さんは、かごんまに
3日間いまーす!!!

 
2019/5/21(火)
@ イワシビル
14:00~20:00 試着会
20:00~22:00 懇親会 会費制 2,000円
→イベントページ https://www.facebook.com/events/867469110263459/
 
2019/5/22(水)
@ markMEIZAN
11:00~18:00 試着会
19:00~21:00 トークイベント
→チケット購入はこちら https://allyours-kagoshima-markmeizan.peatix.com/
 
2019/5/23(木)
@ 西本願寺鹿児島別院
11:00~18:00 試着会
19:00~21:00 トークイベント
→チケット購入はこちら https://allyours-kagoshima-hongwanji.peatix.com/ 
 
 
▼オールユアーズ木村さんについて
 
木村昌史 (きむら まさし)
株式会社オールユアーズ 代表取締役
ライフスペック伝道師
 
『着ていることすら忘れてしまう服』をコンセプトにストレスからヒトをカイホウするプロダクトを開発しています。CAMPFIREにて24ヶ月連続クラウドファンディングに挑戦中。アパレルカテゴリで国内最高額のご支援をいただきました。現在、全都道府県でトークイベントと試着会を行う「47都道府県ツアー」で全国行脚中。
ウェブサイト https://coop.allyours.jp/
クラウドファンディングのページ https://camp-fire.jp/channels/all_yours


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
佐藤孝洋|衣服再生家・カンケリデザイン・MEND|鹿児島・京都・大阪の三拠点生活|衣服を再生する活動家であり、役割の最適解を大喜利をする仕事|お仕事依頼DM、染め還し依頼受付中|最後の晩餐には、グラタンを出して下さい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。