見出し画像

ライフハック:賃貸お部屋探しのコツ

 僕は不動産業界で長く仕事をしていた。不動産仲介業経験もあるし、アパートマンションの管理会社など、関連業にもいた。大雑把には10年ほどそこにいたので、まぁベテランの粋だろう。

 その仕事の中では色々なドラマがあり、様々な人と出合った。お金が有り余っている人もいたし、逆に今日食うものにも困る人もいた。いい人もいたし、怖い人もいた。もちろん、そのつぶさをここに書こうとは思わない。いずれ書くかもしれないが、それはまたいつかのお話だ。

 今日は少し、実家を出て独立するときに借りるアパートを探すコツ、についてお話をしたいと思う。

 来年度から就職や進学で、一人暮らしをする人も多いだろう。そろそろお引越しシーズンに入る。もしくは結婚で家から出る人もいるだろう。あなたの一助になればうれしく思う。

 〇

 まず、自分の中で「これだけは譲れない要素」をピックアップするといい。

 と言うのも、よほどの場合でもない限り「完全完璧な自分の理想の部屋」というのは存在しないからだ。「広くて綺麗で最新の設備が付いている。駅近で来客用無料駐車場があり、家賃が3万円」なんてのは、存在しない。つまり、どこかで何かを妥協しなくてはならない。

 その時に大事なのが、「これだけは譲れない要素」になる。譲れることは譲り、譲れないことは譲らない。この感覚が大事だ。

 大雑把に言うと「立地A(駅までの距離)」「立地B(施設までの距離)」「間取り・広さ」「設備」「そのほか付帯要件(防音性、日当たり、築年数など)」という5つの要素がある。この中でどれが譲れないか、を考える必要がある。

 例えば、いくつか例を挙げてみよう。

・ 電車通勤するので駅が近いのは絶対。
・ 恋人がいるので、セミダブルのベッドを入れたい。ならば広さは必要。
・ 夜勤があるので、日当たりはむしろ悪いほうがいい。
・ 人に自慢したいので綺麗さだけは譲れない。

 などなどが挙げられる。このあたり、人によって要素は間違いなく変わってくる。

 日当たりの例はそれが分りやすくて、一般的には日当たりはいいほうが好まれる。しかし夜勤があれば、日中に寝るので日当たりが悪いほうがいい、という場合もある。なので、この辺は自分の中で考えを揉みこむ必要がある。

 〇

 ここで一つ疑問を持たれた方もいるかもしれない。「あれ?家賃は要素に入らないの?」というものだ。何故この要素の中に家賃が入ってこないか。

 原則的に言うと「条件がよければその分家賃は上がるから」だ。つまりそれは「妥協できない要素があれば、それ相応の家賃を払う必要がある」ということでもある。

 家賃は「要素」というよりも「最低基準」なのだ。

 少し例をとって考えてみる。

 例えば、新婚カップルが部屋探しをしたとする。大雑把に2DK(2部屋にダイニングキッチン)を探したとしよう。この場合、譲れない要素は「広さ・間取り」になる。他には特にこだわりの条件は無かったとして、部屋をネットで探す。

 そして探してみた結果、その街ではどうやって探しても、家賃5万円以下の物件が存在しなかったとしよう。この場合5万円払うことが出来なければ、引っ越すこと自体が出来ない。こうなれば、要素も何もどうしようもない。

 再度書くが家賃は「最低基準」なのだ。なので、譲れない要素に「家賃」を持ち込むことはナンセンスだ。条件がよくなればよくなるだけ、家賃は上がる。これは当然のことだ。
 
 つまり「譲れない条件を書き出し、家賃を算出する。そして、家賃と譲れない条件を天秤にかける」と言うわけだ。天秤の片方があなたの条件。もう片方が家賃だ。

 〇

 もう一つ。これは僕の持論だが、「全部が60点の物件より、1個が100点満点の物件の方が満足度は高い」というのがある。

 重要なのは、「納得」ではなく「満足」だ。なので、「どうしても譲れない条件」を、書き出す必要がある。

 なぜこう思ったか。それは、こういう経験による。

 僕が知っている人に「お気に入りの嬢がいるキャバクラから、タクシー1メーター以内」という条件で探した人がいる。僕は「止めたほうがいい」と制止した。物件自体はあった。しかし彼は聞かずに入居した。その時の彼の笑顔は忘れないと思う。非常に満足した顔だった。

 もっとも、ほどなくして嬢は辞めた。何もかける言葉は見当たらなかったが、ただ彼は、その嬢がいる間は「満足」はしていたはずだ。それだけは間違いないだろう。でなければあんな顔はできない。

 いい悪いは別だ。とにかく満足は大事だ。

 〇

 今日はこのあたりにしたいと思う。またこれについては書くとも思う。もし何か質問があれば、送っていただければお答えしたいと思う。noteのコメントやTwitterで話しかけていただければ幸いだ。

 今日はここまで。読んでいただきありがとう。感謝します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
名古屋市在住の自営業。ゲーム、音楽、文芸などが好き。フォローはだいたい返しますが、スキは気まぐれ。ツイッターやってます。そっちもよろしくお願いします。2019年10月21日note開始。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。