角銅 浩平

UXデザイン、エンジニアリング、データ分析を領域として、サービスデザインに取り組むデザインエンジニア。株式会社メンバーズのUXデザインチーム所属。HCD-Net認定 人間中心設計専門家。主にエンジニアの視点からUXデザインやプロトタイピングのことを書きます。

議論を進めるプロトタイプはUIだけじゃない

9/14に「UX」の解像度を上げ、UXデザインとの関わり方を考える日、ということで、「UX MILK Fest 2019」が開催されました。そこに登壇する機会をいただけたので話してきま...

KA法で出来事から心の声や価値を深く捉えるには

質問されてあらためて考えてみた第2弾です。 「KA法でユーザーの心の声と価値を考えるのが難しいのでコツはないですか?」という質問。 以前のnoteでも触れましたが、KA法...

なぜKA法で価値マップを作るときにユーザーの心の声を書くのか

ワークショップの参加者から質問されて答えるのに戸惑った、と相談されたときの話。 私がいるチームは、サービスデザインやUXデザインに日々取り組んでいますが、社内外に...

感情曲線、なんとなく描いてませんか? 記憶に残る体験を意識する

カスタマージャーニーマップのフォーマットはいろいろありますが、横軸に時間軸、縦軸にユーザーの「行動」「感情や考え」「タッチポイント」、そしてユーザーの感情の起伏...

プロトタイピングを対象と再現度から考える

新しいサービスが次々と生まれて良いものであふれている中で、サービスやプロダクトを考えていくと、これまでにない新しい価値提案を含むことになります。 その実現のため...