見出し画像

01_養護学校を卒業しました!【誕生編】

画像4

こんにちは、イラストレーターのアキタヒロミです。

足の疾患の治療のため療育センターに入院、養護学校で過ごした2年間。

振り返ると、今の私を形作るのに多大な影響をあたえてくれたあの頃のことを、思い出しながら綴っています。 

私が経験したのは、もう30年以上も前のこと。

医療も、環境も古いお話になりますが、当事者の方、支える家族の方の気持ちがちょっぴり楽になったり、何か少しでもお役に立てるようなものになると嬉しいです。

私の足の状態と、今までの治療について

レントゲン


◾️生後3ヶ月健診で先天性股関節脱臼の診断
       ↓
◾️生後7ヶ月 ギプス、リーメンビューゲル(装具)で治療。
 後遺症として臼蓋形成不全、変形性股関節症
       ↓
◾️10歳まで経過観察で月1回通院
       ↓
◾️11歳、12歳 2年間で3回の手術。
 療育センターに入院し、廊下で繋がった養護学校に通学。
       ↓
◾️中学入学のタイミングで退院しましたが、完治はせず。
 療育手帳には「当分若いうちは痛みなく歩ける見込みです」と書いてあります。
       ↓
◾️その後、無理をすると痛むこともありますが、今のところ日常生活はとく不便なく過ごしています。

画像1


1.生まれた時のこと

生まれた時は呼吸をしておらず、看護師さんが足を持って逆さにし、お尻をペンペン!でやっと産声。

直後はバタバタしていて、翌日少し時間をおいて計測された体重で3,900g!
生まれてすぐに測っていたら4キロ超えていたんでは!?という疑惑も・・。

大事をとって一晩、保育器に入れられていましたが、まわりは低体重の小さな赤ちゃんばかり。
そのなかで、ビッグベイビーな私。
ドーン!!とすごい存在感だったそうです。

2.生後3ヶ月健診

生後3ヶ月の健診で「先天性股関節脱臼」の診断。

遺伝もあるこの疾患。
私の父方・母方の祖母、2人とも高齢になってからですが、人工股関節にする手術をうけています。

どうやら私は、股関節疾患のサラブレッドとして誕生していたようです。

3.治療スタート

診断が出てからすぐに治療がスタートしました。
ギプスや、リーメン・ビューゲルという装具を使っての固定。

だいたいの赤ちゃんはこれで治りますが、何割かの子は完治せず・・
その何割かに見事当選(!?)し、その後もこの疾患とのお付き合いすることが決定しました。

画像3

装具をつけていても、ソファーに登ったり、障子をプスプス指で破り、腕で破り、枠を破壊して通り抜けるなど・・元気いっぱいの赤ちゃん時代を過ごしていたようです。

‥‥‥‥‥‥
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回は、【通院編】へと続きます。



この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!