見出し画像

ブログ初心者でもサクっと文章を発信できる〝note〟の3つのメリット

こんにちは、てつや(@tetsuyakobe)です。

「ワードプレスでブログをやろうと思ったけど、書く前に挫折した…」
「ブログを書いても、投稿する前に熱がさめちゃう…」

こういった〝ブログ出せない病〟になってしまっている方、けっこう多いのでは?

代表的なブログメディアのワードプレス・アメブロは、いろんな便利機能がある反面、「文章を書く以外の作業」も必要になります

あなたがブログを出せないのは、もしかするとブログが書けないからではなく「文章を書くことに集中できていないから」かもしれません

そんな人にオススメなのが〝note〟です

note〟はシンプルな機能のみを採用した「文章を書くことに特化したメディア」。

この記事を読めば、悩めるブログ初心者でも「サクッと文章を書いて発信できる」noteのメリットがわかります。

メリット①.登録したらすぐ無料ではじめられる

noteが「登録したらすぐ無料ではじめられる」のは、当たり前のようでいて実はメリットになっています。

ワードプレスをはじめようと思ったら、次のようなことが必要になります。

・独自ドメインを取得する
・レンタルサーバー契約をする
・ワードプレスを作ってデザインする

そもそも「ブログを書く前の作業」が初心者にはハードルが高いです。

〝構築の段階〟であたふたしてしまうと、せっかくのやる気が削がれてブログを書ける状態になったときには燃え尽きてしまっていること、少なくありません。また、少額とはいえ費用もかかります。

無料かつ、登録後すぐに文章を書きはじめられるnoteは、やる気になった勢いのまま「すかさずコンテンツをつくりやすい」ので発信しやすいはず。

メリット②.手軽に文章を書いて発信できる

手軽に文章を書いて発信できる」のもnoteの立派なメリット。

noteは色々なタグ付けや、文字サイズの調整ができません。このnote自体をみてもらったら分かる通り、かなりシンプルです。

冒頭にもお伝えしましたが、ワードプレスやアメブロでは機能が豊富な反面、凝ってしまうと〝やること・考えること〟は盛りだくさん。

ワードプレスに至っては、SEOを考えるなら

・対策キーワード選定
・競合調査
・質の高い記事の企画
・タグやその他諸々の投稿作業

など、ガッツリとした作業がセットです。

もちろんSEO対策をしっかりと施せば〝見込度の高いアクセス〟を得られるので、ワードプレスはやる価値があります。ですが、記事を投稿できず情報発信そのものができていないようでは無意味です

noteは機能がシンプルゆえに、文章を書くことのみに集中できます。

メリット③.カンタンに有料コンテンツをつくれる

最近流行っている〝有料note〟をカンタンにつくれてしまうのも、noteのメリット。

ブログ記事を投稿できないのは、〝作業が多いから〟だけでなく「そもそも書いて意味があるのか?」と考えてしまって行動に踏み出せない人もいるはず

ブログはうまくいけば広告費をかけずに集客できるため、費用対効果は抜群。ただ、ブログは基本的に〝待ちの戦略〟なので、結果がみえるまで時間と手間がかかります。

その点〝note〟はむずかしい操作なく、文章をそのまま有料コンテンツとして販売できるため、結果がわかりやすいでしょう。食指が動かなかった人でも「文章を書いてみようかな」とやる気になるかもしれません。

文章を書くキッカケとして〝有料note〟を使ってみるのは充分アリです。

※ただし、あくまで「noteであればキャッシュポイントが明確」なだけで、「ユーザーの役に立つコンテンツを提供するのが望ましい」のは変わりません。お金を稼ぐことを優先するのではなく、ユーザーファーストを心掛けましょう

まとめ|文章を書くことに集中してどんどん発信しよう

<noteの3つのメリット>
・登録したらすぐ無料ではじめられる
・手軽に文章を書いて発信できる
・カンタンに有料コンテンツをつくれる

「ユーザーのことを考え抜いた120%のコンテンツ」を制作することはとても有意義なことです。ですが完璧を求めすぎて制作のハードルがあがり、発信そのものができないようではクオリティ以前の問題

まずは60-70点でもよいので文章を書き続けることで、〝コンテンツをつくる習慣〟を身につけると良いでしょう

本noteでお伝えしたとおり、〝note〟には文章を書くことに集中できるメリットがあります。なかなかブログが続かない方は、うまく活用して、発信を習慣化させてみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
22
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。