見出し画像

ポジティブ?ネガティブ?僕はどっちでもない。

世界がいま、大変だから、
不安が付き纏い、
どうしても
ネガティブになりやすい。

世界は言葉で形成されてるから
どんなときも、ネガティブに変えられちゃう。

自分は食えない時期が多かったせいか
毎年世界恐慌なんじゃないか、と、思うような
下済み人生を過ごしてきた。
だから、世間のピンチとちょっと感覚が違う。
極論、いつもピンチだったから
有事に強いメンタルを所有している。

いつも何を願っているのか
どんな世界を求めているのか
これを常に考えていた人と
急に考え出した人とでは、
全く見える景色が違う。

例えば、自粛疲れというワード。
自粛疲れ
「疲れ」って言葉の意味、
なんだろう、と、考えてみる。
疲れ。ね。自粛。疲れ。…か。
でも、
働き始めたら、
働き疲れというんでしょう。

自分の願ったような人生にするのは
決して簡単じゃない。
でも、
自分の人生の雰囲気は自分で決めれる。
少なくとも状況は変えられるという事だ。
言葉(ことだま)によって。

やりたいことができない辛さ
とてもわかる。
でも、それって本来、
努力で築くものだし。
明日がわからない不安も一緒。
いつだって不安は付きまとう。
それも、努力や思考で解決できることがある。

ネガティブに考えれば、平和な時も不幸になる。

こんな
ポジティブな考え方は、
現実的な思考により
受け入れてもらえないことがある。
根拠のない自信を持てない人が多いから。

自分は何も持ってないが、毎日楽しい。
楽しみ疲れさえしています。

でも

これは、決して

ポジティブシンキングではないのだ。

僕は
ポジティブ思考ではない
僕はネガティブ思考でもない
じゃあなんなんだ。
メンタルが強いのか?

まあ、確かに。
でも、違う。

この種明かしは、

「プラマイゼロ思考」ってやつです。

最悪を想定し、最高を期待をしているだけ。
いつも基準はプラマイゼロ。

僕はこれをモットーにしています。

なんで食えてるのか。
なんで生き生きしてるか。
なんで大丈夫なのか。
なんでへっちゃらなのか。

ポジティブだからではない。
ネガティブだからではない。

なにもない日常が特別だと感じているので
マイナスは想定内。
プラスならばとっても特別なこと。

この思考は
どんな状況も乗り越えることができるんです。

魔法の思考回路です。

色々なことがあって当然だと思う。
起伏の最終ゴールがプラマイゼロなら大成功
ちょいプラスだったらそれってすごい。
ちょいマイナスなら、ちょっとだけ拗ねればいい。


でも。

どうしても落ち込むことがあったときは
それを受け入れることも重要。
暗闇に浸かるのも大事。

マイナス感情でもプラス感情でも
情緒はだいじ。
人間だもの。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Performance Artist & Creator/演出家/ICHIZA株式会社 代表取締役 https://genkobayashi.fun/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。