足のアーチは作るより、立てる方が現実的。
見出し画像

足のアーチは作るより、立てる方が現実的。

こばです!

扁平足なので◯◯トレーニングで
アーチを作っています!
鍛えています!

などからはじまるご相談が最近多い印象です。

のっけから扁平足ってワードを出しましたが

扁平足ってなんだっけ?という方に簡単に説明すると
足の内側にある【土踏まず】が低下した状態です。

土踏まずは上がっていることで、上から力が掛かった時に
バネのようにビヨ~ンと撓んで力の分散をしてくれます!

でも、土踏まずが下がっていると、力が掛かっても
足でビヨ~ンできないので

・疲れやすい
・足が前に進みにくい
・血行不良で足先が冷たくなりやすい・・・など

様々な影響が出てきます。

扁平足2

ただ、勘違いされている方が多いのですが

土踏まずだけ、真下に低下するのは稀です。


その辺りをざっくりと解説します。
ここが分かると、どのような対策をすべきなのかが見えてくると思います。

扁平足に多い土踏まずの落ち方

まず、扁平足の方はこのように、足が内に傾いている方が多いです。

扁平足

というか、扁平足の変化に比例してこのような変化をします。

日本整形外科学会の【成人期扁平足】の診断項目によると
☆足が扁平化し、かかとが外を向くようになると後ろから
複数の足指が見えるようになります。

と記述されています。

画像3

参考文献はこちら
https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/adult_period_flatfoot.html


極端な例になるのですが、このような状態です。

かかとが外を向いて、後ろから足指が複数見える状態。

画像4

画像からも分かるように、足が内側に傾いている状態を指します。

足の骨は全て、骨と骨とで繋がっているので
踵の骨が外を向いたら、隣り合う骨も同じように向きを変えます。

扁平足

ここで冷静に考えて欲しいのですが

足には体重がかかっています。
足は2本あるので、体重が半分ずつかかりやすい傾向にあります。

トレーニングでこの扁平足を改善するということは

☆体重の半分の重さを支えるだけでなく
・傾いた足を持ち上げ
・足を元の位置に戻す力を
・自然に出せている程度の筋力を得る

のがゴールになりますよね?

ただ、これって現実的でしょうか?


軽度であれば問題ないのかもしれませんが、
本当に悩んでいる人には、このような大きな力を生む出すのは
ちょっと厳しいのかなと思います。

扁平足は踵が外を向くことに起因します


つまり、対策をするのであれば

扁平足対策=踵が外を向かないようにする対策


が必要という図式が成り立ちます。
ですよね?

ですので、靴・インソールで外部的に踵をホールドし

・踵が外を向きすぎないように支えることが
扁平足で悩む方に、最も必要な対策になるのかなと思います。


足のアーチは鍛えて上げるより、支えて立たせる方が

現実的な対策なのかなぁと思います。

扁平足 インソール


インソールに関してはプロに見てもらうこと

が最も大事だと思います。

・インソールと足の相性
・インソールと靴の相性
・靴と足の相性

この3方良しではじめて効果を発揮するからです。

でも、市販のインソールでもFormthoticsはおすすめです!
土踏まずの持ち上げ位置を見てください。

結構後ろですよね?
でも、これだから良いんです!

足の傾きが出やすいのは、距骨下関節

つまり、内くるぶしの下辺りです。
内くるぶしの下って足でも割と後ろ側ですよね?

Formthoticsはここを支えるデザインですので、
扁平足の人におすすめしやすいです。

※上の扁平足でアーチサポート画像の距骨を見てください。
構造上、最も傾きが出やすいポイントなのが分かると思います。

画像7


ただ、優先順位をつけるのなら確実に

靴>>>>>>>>>>>インソール

足に合った靴だと、履いたらこの程度整いました。

足の傾きと服のすそ

ただ、足を鍛えるのは本当に大切です。


しっかりと動かして鍛えつつも支えてあげる!
どちらかだけではなく、両方の対策が大切です。

靴・インソールを送って頂くと調整もやっている。

こばでした!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
コバ靴店 こば

カラダに関する情報を国内外問わず分かりやすい形に直してどんどん発信していきます。頂いたサポートは次の文献購入費用に宛てております。 もし、よろしければ文献購入費用のお手伝いをして頂きますと幸いです。よろしくお願い致します。

スキありがとうございます!私もスキです!
福岡県のコバ靴店のこばです! 国家資格である「義肢装具士」の知識と技術、海外にしかない足専門外来「足病医」の知識によって市販の靴と中敷きを加工調整して身体に合わせています。30分立つのが限界だった人を半年後に上高地旅行、1年後にスペイン、フランス旅行を楽しんでもらえる程度の腕。