見出し画像

2、下手を理由に描かないのはもったいない

中学生の時所属していた美術部は、なんとなく部活に入らなきゃ行けないから来てる子と、アニメや漫画が好きでイラストを描いている子と大きく2つに分かれていました。
中学の美術部ってこんな感じですよね。ほぼイラスト部でした。

その時の私はどちらにも馴染めず、でもどちらかと言うとやる気のあるイラスト好きな子と一緒にいることが多かったです。
(今ではデザインや、絵を描くだけではない美術の可能性を探したいという明確な目標ができました)

偉そうに美術について話していますが、絵は得意ではありません。好きだから描いているだけです。
なので中学生の時は、苦手なイラストを周りと一緒になって描いていました。

小さな子は絵を見せたがります。出来上がると見て〜!と喜んで持ってくる印象があります。
しかし、中学生・高校生になると自分はあの人より下手だ、と決めつけてなかなか絵を見せてくれません。
これは実際に、部活動体験で中学3年生と関わった時に感じたことです。

私もそうでした。クラスの中では絵がかける方。でもイラストは苦手。だから部活で上手い子と一緒にいる時は常にコソコソと絵を描いていました。

でも、絵が上手くなりたいならそれではダメです。

どんどん見せていきましょう。

友達でも家族でも先生でもいいです。
絵のことが全くわからない人は基本褒めてくれると思います。モチベーションをあげましょう。
上手い人は的確なアドバイスをしてくれます。あなたが思っているほど、下手だと思ってはいません。むしろ上手い人だって拙い絵に学ぶことがあります。
アドバイスに落ち込んだら、褒めてくれる人のところに行きましょう。
私はそうやってメンタルを保ってきました。

美術科の高校に入った私は驚きました。隠すどころか「先生見てください!」と自ら作品を見せに行く子がいたからです。そしてそういう子ほど絵が上手く、3年間で上達しているからです。
私も必死に真似しました。たくさんアドバイスをもらい、その度に修正。

そしてここまで成長しました。

高校入学前のデッサン↓

高校3年になって描いたデッサン↓

あまり上手くないので見る人から見たら、なに語ってんだと思われるかもしれませんが…。デッサンの授業、デザインの授業、絵画や立体の授業。それに加えて放課後の部活。作品を見せてダメ出しされることが当たり前になりました。慣れって怖いです。
3年でここまで成長しました。

下手でもいいからたくさん描いて、たくさん見せて、たくさん直しましょう。
自分が自分の作品を好きになりましょう。ここを頑張った!この部分が好き!と熱弁するぐらい作品と向き合いましょう。

私もまだまだです。頑張ります。

次回は褒めてくれる人が私にとってどれだけ大切だったか書こうと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
美術科高校出身。今は美大でデザインを学んでいます。夢は絵が苦手な人でも美術を楽しめる世の中をつくること。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。