見出し画像

池袋で働いてた若手エンジニアの告白(株式会社OKAN退職エントリ)

株式会社OKANを卒業しました

このようなツイートをしたのですが、もう少し詳細に記そうと思います。

今まで何してきたのか?

株式会社OKAN(以下、OKAN)に所属していた「かなすぎ(@Okanasugi)」と申します。OKANでは、ぷち社食サービスの「オフィスおかん」の領域でソフトウェアエンジニアとして働かせて頂きました。

作り笑いが気持ち悪いwですが、こんな感じでインタビューもしてもらいました。


ソフトウェアエンジニアとしては、SCM、CRMに関する社内向け基幹システムの開発をRuby on Railsで、「おかんPay」という決済モバイルアプリをReact Nativeで開発。最後の数ヶ月は、新規事業領域のテックリードをしていました。

プロダクトマネージャーとして、「おかんPay」の戦略方針を決めたり、利用規約作成、メルペイ様と協業してPR、開発(設計、実装、テスト、運用)までと幅広い領域を担当。

エンジニアチームのマネジメント業務として、社内調整、チームの人的資源の分配、エンジニア採用要件作成、社内評価制度の策定、社外イベントでの登壇。

といったように、エンジニアというだけではなく、ビジネスサイドにも大きく足を突っ込み、大きな裁量と広い守備範囲を持たしてもらい、様々な経験ができました!

今振り返ってみても、とんでもなく多くのことをやっていて、我ながらびっくりしています...

OKANに入社してよかったこと

1. 優秀かつ優しいエンジニアに囲まれて成長できたこと

OKANはなかなか特殊な環境かもしれませんが、自分が入社時には正社員でがっつりコードを書くといったエンジニアの人が0人で、フリーランスのエンジニアの方々がエンジニアとして、OKANを支えていました。

そして、自分がOKANに入社した当時はエンジニアとして、まだ駆け出しレベルでした。独学して少しRailsができます状態だったので、ほとんど戦力にならないレベルだったのにも関わらず、先輩エンジニアに沢山教えてもらって、エンジニアとして成長できました。

フリーランスの先輩エンジニアは、エンジニアとして技術力があり、優秀で見習うことが多かったです。そして、エンジニアは基本的にはコミュ症が多いと思うのですが、OKANのエンジニアはコミュ力がめちゃくちゃ高く、優しくて、質問しても嫌な顔ひとつせずに、自分の方をしっかり向いて、回答してくれました。そのおかげで、分からなくても適当に実装して、動けば良いというのではなく、なぜ動くのかを理解した実装ができるようになりました。

また、ビジネスマンとしても優秀なエンジニアで、Slackのレスポンスのはやさだったり、納期や仕様の確認の仕方、専門用語を使わずに、解決策を相手目線(ビジネスサイド)で伝えるといったことも、先輩エンジニアたちの仕事に取り組む様を見ながら勉強して、真似していきました。

2. 取締役と二人三脚で仕事できて、PdMとして色々経験できたこと

外資系コンサル出身の取締役と二人で「おかんPay」というアプリのプロジェクトを進めることができたのは、かなり幸運なことでした。経営レイヤーの人はどのように考えて意思決定するのか?ということを間近で見る機会はそうそうないと思うので非常に貴重な機会でした。

具体的には、交渉の方法や話しの進め方、情報の提示の仕方など、エンジニアだとあまり自ら勉強しない領域を一緒にプロジェクトを進めながら、勉強できました。

エンジニアは、やはりデジタルな世界にいるので、白黒で物事を考えてしまいがちです。それは当たり前で、コンピュータは0か1か動く世界ですし、論理しか重要視されない領域なので、白または黒のどちらかにしかなりません。しかし、プロダクトマネージャーという仕事につくと、相手は社内の人であったり、社外の人といったように論理だけでは動くコンピュータではなく、感情を持った人間と一緒に仕事をすることになります。だから、白か黒かではなく、「白よりの灰色」といったように濃淡で物事を考えなくていけなくなります。

これは、エンジニアの自分にとっては、信じがたい領域で難しかったです。特に実装しながら、プロダクトマネージャーの仕事をすると、「コンピュータに話しているのか、人間に話しているのか」の頭を切り替えるのが大変でしたが、スイッチを切り替えるいい特訓になりました。

3. 自由な働き方ができたこと

責任をもって働くならば、自由に働けるというのは本当に働きやすい環境でした。入社して半年たったくらいから、副業もずっと続けていたし、GWでもお盆でも何でもないのですが、家族旅行のため2週間の長期休暇を獲得できたりしたのは、ありがたかったです。

ライフスタイルに応じた働き方ができたというのは、フリーランスの働き方に近いものがあり、自分は「Work hard. Play hard」の精神で、働く時は誰よりも早く会社きて最後までいて、特に忙しくないときは定時に帰って、社外のプロジェクトに参加して、いろんな知見を深めたりできました。休む時もSlackはほとんどみずに、海外旅行にいけたり、普通の会社ではなかなか得られない環境で働かせて頂いてました。

なんで退職するのか?

じゃあ、なんでそんないい環境を離れるのか?と思う人がいるかもしれません。その理由を答えていきます。

1. 新しく挑戦して、自分でサービスを作りたい

マンネリという言葉が正しいのか分からないですが、OKANが30人規模の頃に入社して、今では100人を超える規模になり、エンジニアとしては最古参。質問もする方から、どんどんされる方になり、mtgだけで1日6時間埋まってしまう状況で、正直なところ最後の半年はあまり刺激がなかったです。

社内の全部署に知り合いがいて、社内のコミュニケーションで困ることもなく、居心地が良すぎたというのが少し気になりだしたも正直なところです。逆説的ですが、自分は小さなころから居心地が良すぎると不安になってしまいます。なんか今安定して、満足してるけど、これでいいんだろうか?ってすぐに思ってしまいます。

おかんPayというプロダクトの責任者をさせて頂きましたが、非常に大きな責任と業務範囲を任せて頂いていたのですが、次第に自分で0からサービスを作ってみたいという気持ちが強くなりました。今までは会社のなかで責任を持って働くことができたけど、今度は直接自分マーケットに対して責任をもって、プロダクトをつくっていきたいと考え始めるようになりました。

OKAN在職中にも自分でアプリをReact Nativeで開発しました。サブスクリプションサービスを管理する「Subro」というアプリです。

最近はビジネスモデルとしてサブスクリプションでサービスやプロダクトを作る会社が多いと感じていました。サブスクリプションにすると、VCからの調達もしやすいようですし、売上の見込みが立ちやすい素晴らしいビジネスモデルです。

ただそれは、ユーザーにとって本当にメリットなのかな?という疑問を持っていました。サブスクリプションモデルが経営として素晴らしいなら、ユーザーにとっては少し不都合なことが発生してるのでは?

それを自分は解決したい。より具体的には、サブスクリプションサービスを使ってないのにお金を払い続けてるという状態をなくすようなアプリを作成しました。それが「Subro」です。

これは昔からやりたかったこととかではありませんが、実際に1人でアプリを作り切るとはどういうことなんだろう?ある課題を解決するためのモバイルアプリを普及するにはどうすればいいだろう?ということを自分で全部体験してみたいっていう思いでつくりました。そのほうがチャレンジングでワクワクしてしまうようになりました。それが退職の大きな理由の1つです。

2. もっと技術力を磨きたい

自分はエンジニアとしてもっと現場で、実際に設計して実装、コーディングをするといった領域で活躍したいという思いがあります。スキルを高く身につけて専門家として、プレイヤーとして仕事に取り組みたいです。

だけど、社内で求められているのは、マネジメントの業務やスキルであり、キャリアについて社内の制度などと折り合いがつかず、退職するという判断をしました。

これは自分なりの方程式なのですが、「技術力や知識を身につける最速の方法は、いろんな業界のプロジェクトに入って実際に仕事する」ことだと考えています。

生きたコードを見ることが、勉強になりますし、いろんなバックグランドで開発してきた人のコードを見たり、レビューしてもらったりすることで、今まで知らなかった書き方や思想が勉強できます。

そして、違う業界に行くことで、何を気にしなければいけないのかが変わってきます。例えば、会計領域のtoBではUIよりもデータの整合性に優先順位をおいて実装しますが、toCでは、UIUXを気にすることは不可避ですし、アクセス数も読めないので、いつでもスケールアウトできるようなインフラにしなければなりません。

そうしたことを、頭のいい人は独学で、自分で記事をみたり、実際につくって勉強できるのかもしれませんが、普通の人はそうはいきません。だから、自分ごととして捉えられるように、仕事として参画するのがいいのではと考えています。

なので、自分ももっといろんな現場に参加してみたいと考えています。

これからどうするのか?

これからは、フリーランスとして独立します。

フリーランスエンジニアとして、いろんな現場でバリバリ開発

ほとんど上記の通りなので、割愛しますが、もっといろんな現場でもっといろんな優秀な人と一緒に開発をして、技術力をまだまだ高めていきたいです!

エンジニアとしてコードを書くのは一番楽しいです。もう飽きたって思うくらいまで、もうやりきったって思うまで、ずっとコードを書くのは続けていきたいです。


自分でサービスをつくるために、研究とプロトの作成

OKANに入社した理由もそうですが、社会課題を解決するというのは自分の人生でやり遂げたいことです。特に自分は学生時代スウェーデンの大学で1年間教育について勉強してきたこともあり、「生涯学習」「リカレント教育」「社会格差の是正」といった領域の社会課題を解決するためのサービスをつくろうと動きだしています。

※リカレント教育とは?

人生100年時代と言われるようになってきて、「社会人が学び直す」重要性は益々高まってきてるはずです。自分が留学していたスウェーデンでは、大学の学費は無料ですし、社会人が大学に入り直す場合も生活補助がでながら(たしか前職の給料の7割程度支給)大学で学び直すことができます。

いつでも、誰でも、自分の専門性を高めることで、キャリアチェンジ、転職、休職ができるような社会の実現を目指したいです。

ライフステージによってどのような生活をするのかは人によって異なりますが、専門性があれば、現実的に必要なお金を稼ぎながら、学習を続けることができるのでは?という仮説を持っています。

まだ若手であれば、ゼネラリスト的な総合職ではなく、専門的な知識を身に着けながら、専門家として活躍できるように努力する。
専門家として活躍してるけど、子どもが生まれるので子育てに集中するために週3日だけ働く。
今まではソフトウェアエンジニアとして専門的に活躍してきたけど、UIUXやマーケティングの領域に興味を持ち始めたので、夜間は学校に通う。
今の会社で海外赴任を挑戦してみたいから、英語の勉強を始める

こんな社会になったほうがいいと思いませんか?

スウェーデンでは国がキャリアについて金銭的な保証をしてくれるので、お金のことを気にせず、キャリアチェンジができます。

しかし、日本では、人口も歴史も異なりますし、様々な条件が異なるので、日本にその制度を持ち帰ることはできません。なので、専門的なスキルを活かしつつ、ライフステージによって、生活とキャリアのバランスを取ることができるような社会に、ビジネスを通じて実現したいです。

まだ具体的なものは決まっていないのですが、アカデミックの世界に戻ることも視野に入れつつ、研究しながら、サービスのプロトタイプを作成し、仮説検証を進めていきます。

さいごに

OKANでは社内、社外問わず、多くの人にお世話になりました。この場を借りてお礼させてください。ありがとうございました。

そして、この退職エントリを読んで、関心領域が近い人などは、Twitter(@Okanasugi)などで気軽に交流していけたらと思います。これから、発信やイベントなどには顔だしたり、ヒアリングなども進めていきたいので、またどこかでお会いできたらよろしくお願いします!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
22
週休3日のフリーランス←OKAN(PdM, TechLead)←ワークスアプリケーションズ。名古屋大学教育学部。Ruby on Rails, ReactNative, React.js, Nose.js
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。