見出し画像

【最新版】TikTok広告活用法!知っておきたい4つの特徴

TikTokといえば10〜20代に圧倒的人気を誇る動画共有サービスです。
マーケティングの担当者の中には、TikTokに広告出稿ができるのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。
本記事では、TikTokについての概要から、広告の出稿の仕方、活用方法について事例を交えながらご紹介していきます。広告出稿の検討にぜひご活用ください。

TikTokとは?

画像1

TikTokとは
TIkTok(ティックトック)とは、中国企業であるByteDance社が運営する動画作成共有サービスです。動画サービスの有名なものではYouTubeがあり、長い動画の投稿が可能ですが、TikTokは最長15秒のショートムービーが中心です。平均視聴時間はYouTubeには劣るものの、1日平均40分を超えており、最長15秒の動画のみ配信できることを踏まえると、非常に視聴時間が長いといえます。

また投稿のスタンダートは、インフルエンサーが投稿している音楽に合わせて踊っている動画を真似した動画を作成し、投稿するというものです。
映像の編集もアプリ内に組み込まれているため手軽に映像を編集でき、ショートムービーのため、スキマ時間で楽しむことができます。

TikTokのユーザー規模
TikTokは世界150カ国以上で利用されており、世界の利用者数は5億人以上です。国内で950万MAU(2018年第4Q)を突破しています。
アメリカのモバイルアプリ関連の調査会社Sensor Towerが発表した2019年第1QのApp Storeダウンロード数ランキングでは、TikTokが1位でした。また、App StoreとGoogle Playを合わせたアプリダウンロード数では3位の結果で、世界的にも多くのユーザーから利用されているアプリといえます。

画像2

参照:https://sensortower.com/blog/top-apps-games-publishers-q1-2019

TikTokのユーザー層
TikTokの年齢別のユーザー割合は、App Apeが出した調査によると2018年3月時点で最も多いのが10代で39.9%で、続いて20代で26.1%となっています。男女比は、男性が55.5%、女性が44.4%です。

運営会社の副社長のインタビューでは中高生のユーザーに併せて高年齢層のユーザーも増えている、と話されています。

これは2018年から始めたテレビCMが要因の1つと思われます。主婦の年代である上戸彩さんを起用したことで、その年代の方が親しみやすさを持てるプロモーション内容となっています。

参照:▼上戸彩&小芝風花、TikTokで動画撮影に挑戦 『TikTok』新CM「グランピング」篇&メイキング
https://www.youtube.com/watch?v=ydcx_ZtMiZM

TikTokの広告フォーマットや配信先

画像3

TikTokでは、「TikTok Ads」という広告配信プラットフォームが提供されています。広告の配信目的やターゲットに合わせた最適な広告配信をおこなうことが可能です。
また、配信できる広告フォーマットは3種類あります。

起動画面広告
起動画面広告は、アプリ起動時に表示される広告です。画像かGIF画像、GIFアニメーションの3種類を表示させることができます。表示は画像が3秒、GIFが3〜5秒でおこなうことができ、広告上に導線を置くことができるため、自社サービスやアプリに遷移させることができます。
1日1社限定の広告枠のため、広告枠の確保は他の広告に比べて厳しく高額ですが、全画面に表示されるため、非常に訴求力が高い広告といえます。

インフィード広告
インフィード広告は、通常の投稿と投稿の間に表示される広告です。広告の表示時間は通常の投稿と同様で5〜15秒です。広告上には、起動画面広告と同様に導線を置くことができ、自社サービスやアプリに遷移させることができます。
通常投稿の一連の流れで表示されるため、3つの広告フォーマットの中で最も広告感がなく、ユーザーがストレスを感じずに広告を見られます。また、通常投稿と同様に、広告へも「いいね!」や「コメント」「シェア」をおこなうことができます。そのため、SNSシェアによる新たな層へのリーチも期待できます。
表示のされ方としては通常投稿と同様に全画面での表示です。また、ユーザーが最も閲覧する「おすすめ投稿」にも表示されるため、多くのユーザーへリーチ可能です。
他の投稿と馴染むかたちでの投稿のため、興味を持たれないと次の動画へ流されてしまうため、目を引くクリエイティブを作ることが重要です。

ハッシュタグチャレンジ広告

ハッシュタグチャレンジ広告は、TikTok内でハッシュタグ(#○○)を設定し、そのハッシュタグにちなんだ動画を作成・投稿を促します。ディスカバリーページトップにバナーや、アプリ内にコンテンツのページを設置できるため、多くのユーザーへ広告を見てもらうことができます。
多くのユーザーに参加してもらいやすい広告のため、高いエンゲージメントの獲得を期待できます。
ただし、他2つの起動画面広告やインフィード広告を含めたプランとなっており、コストは高めの広告となっています。

TikTok広告成功の鍵

画像4

TikTok広告は、いくつかの成功するための秘訣があります。今回は特に重要な点について、実際の企業事例と併せてご紹介していきます。

【全般】クリエイティブはスマートフォンの画面サイズにする
TikTokはスマートフォンを中心としたデバイスで利用されています。そのため、クリエイティブもスマートフォンの画面サイズに合わせた縦長のものを作成するようにしましょう。

例えば食品用のラップフィルムを取り扱うサランラップの広告は、もともと横長の動画をモバイルに合わせた動画に編集しています。上下にロゴやテロップを挿入することでスペースを有効活用しています。

▼サランラップ
https://www.tiktok.com/embed/6672579864626810114

もともと横長の動画を作成しているという企業の場合は、もとの動画をもとにこのようにスマートフォン形式の動画とすることも可能です。自社での編集が難しいという場合は、制作会社に依頼するのもよいでしょう。
Kaizen Adでは、このような別の動画を最適な画面サイズに編集した動画へ編集するようなことも行っています。動画以外にもバナー広告などから動画を制作できるため、手軽に動画を制作可能です。

【インフィード】はじめの1〜2秒で印象づける動画にする
動画広告は自動再生されますが、内容を見てもらえなければ効果を出すことはできません。ユーザーは動画を見た最初の1〜2秒で動画を見るか見ないか判断をしていると言われているため、最初の1〜2秒でこの動画を見たいと思わせるクリエイティブにする必要があります。

例えば、漫画アプリのマンガParkでは、動画のコマを広告のクリエイティブとして入れ、ページをめくるような動画となっています。
最初に印象的なコマを置くことで、次の展開がどうなるのか気になるような仕掛けをしており、ユーザーは自然に動画を閲覧し続けるようになります。動画の中ですべての漫画のコマを読める訳ではないので、続きを読みたい場合は自然にアプリのダウンロードへと誘導できます。

▼参考
https://www.tiktok.com/embed/6639976025310629125

【ハッシュタグチャレンジ】広告にインフルエンサーを登場させる
TikTok内には他のSNSと同様にインフルエンサーが存在し、TikToker(ティックトッカー)と呼ばれています。自社アカウントのフォローが少ない段階でも、インフルエンサーを活用することで、インフルエンサーのファンにリーチできます。
動画広告で広告感があるものは消されたり、次の動画に飛ばされたりと広告の効果を得られないこともありますが、インフルエンサーを活用するといつも見ている動画の一つとして楽しめます。そのため、動画を最後まで閲覧してもらうことができたり、SNSでのシェアを期待できます。
東京ディズニーシーは、インフルエンサーである神楽ひなこさんを広告に登場させています。20万人近いファンを持つインフルエンサーであるため、非常に多くのユーザーにリーチをおこなうことができています。

【ハッシュタグチャレンジ】真似しやすい振り付けにする
TikTokはBGMに合わせてダンスを真似する動画が流行っています。
AbemaTVはTikTokを活用して、「今日、好きになりました。」という番組のプロモーションをおこないました。「今日好きダンス」を作成してTikTokに投稿をおこない、後日番組の主題歌を歌っているアーティスト繋がりで有名芸能人が今日好きダンスを踊るという流れをつくりました。その結果、ダンスの真似をした動画が多く投稿され、「#今日好き」というハッシュタグがTikTok内の急上昇ワードとして表示されたり、おすすめに表示されています。非常に多くのリーチができたことで、番組の視聴者は1.6倍となりました。

▼実際のダンス動画はこちら
https://www.instagram.com/p/BlVhP93hs1T/

この他にも流行りの楽曲のサビを冒頭に持ってきたり、大きなフリを入れたり、ターゲットのユーザーに刺さるフレーズを入れたりと冒頭で印象づけるにはいろいろな方法があります。

まとめ

画像5

TikTokは他のSNSと比べて、特に短い動画であるショートムービーや、真似して踊ってみた動画が流行っているなど他のSNSと比べても特徴が際立っているSNSです。そのため、他のSNSで展開している動画広告をそのまま使うよりもTikTokに合わせた動画制作を心がけましょう。

TikTok広告向けの動画クリエイティブを作りたい方へ

Kaizen Ad(カイゼンアド)は、10,000人の大規模ネットワークにより、最短5分で発注、5営業日で納品、最安5万円で作成できることが強みの動画制作会社です。

バナー、チラシ、記事などの各種素材を動画化でき、既存資産の有効活用が可能なうえドキュメントで発注依頼が完了します。これにより依頼内容の意図が明確に伝わり、イメージ通りの動画作成が期待できます。
また、FacebookやInstagram、YouTubeの公式パートナーに認定されているので、動画の品質も保証されています。

さらには、動画広告のPDCA改善率が平均50%と、納品後のサポートもしっかりしています。動画メディアへの広告出稿をおこないたい、動画制作をおこないたいが、費用や時間がかかってしまいPDCAがうまく回らないといった悩みをお持ちの企業におすすめです。

資料ダウンロードバナー

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。