見出し画像

動画広告、媒体別の単価/出稿金額、計算方法総まとめ

企業の広告担当者が広告配信する際にもっとも考える点は広告出稿や顧客獲得にいくらかかるのかという点でしょう。特に動画広告は配信費用だけでなくクリエイティブの制作費用もかかってくるので、費用の全体感をつかむ必要があります。
そこで今回は動画広告の費用計算に必要な要素をご紹介した上で、YouTubeとFacebookで動画広告を配信する際にかかる費用についてより具体的にご説明してきます。

動画広告配信における費用の計算方法

まずは動画広告を出稿していく際に押さえておくべき3つの費用指標と、そのほかのサブ指標として押さえておくべきものをご紹介します。

重要な費用指標の計算方法

CPM
CPM(Cost Per Mille)とはインプレッション単価のことで、目に触れた回数あたりの費用を計算することができます。
インターネット広告のなかでインプレッションが課金のタイミングになっているものも多く、基本的には1,000インプレッションあたりの金額で指標をみます。
CPM=インプレッション数÷配信費用総額×1,000

CPV
CPV(Cost Per View)とは広告視聴1回あたりの費用のことです。
CPMがタイムラインやフィードに配信されて一瞬でもユーザーがみたらカウントされるのに対し、CPVでは一定時間以上みた、または動画をみてクリックした場合など何らかのリアクションをカウントする点が異なります。CPVは動画広告の課金タイミングとして一般的なので絶対に外せない指標といえます。
CPV=配信費用総額)÷(一定時間以上み続けた+広告にリアクションをした)

CPC
CPC(Cost Per Click)とは広告のクリック単価のことです。
動画広告の場合クリックで課金されることはあまりないですが、動画から自社の販売ページへ遷移して欲しいとい意図がある広告などの場合はCPCを確認して広告に修正を加えていくことが重要になります。
CPC=配信費用総額÷クリック数

押さえておくべき2つのサブ指標

CTR
CTR(Click Through Rate)とはクリック率のことです。
CPC同様、動画をみるだけでなくどこかのページなどに遷移して欲しいと場合には確認した方がよいでしょう。
CTR=クリック数÷インプレッション数×100

動画の再生時間割合
動画が再生されてから動画全体の何パーセントまで視聴されたかという指標になります。
動画を20%までみた人はどれくらいいるか、動画の80%までみた人はどれくらいいるのかといった具合に再生してからどこまでみてもらえたのかという指標は、動画の内容変更にも関わってくるので確認すべき重要な指標といえます。

YouTube動画広告の単価指標

そもそもYouTube広告の配信方法には下記の5つがあります。
1.スキップ可能なインストリーム広告
2.スキップ不可のインストリーム広告
3.TrueViewディスカバリー広告
4.アウトストリーム広告
5.バンパー広告

課金の種類は大きく分けて、CPV課金・CPM課金・CPC課金の3つになります。どの課金になるかは配信方法によって異なります。

TrueViewディスカバリー広告(イメージ)

バンパー広告(イメージ)

YouTubeのCPV単価はユーザーが動画を最後まで観きったときか、30秒以上視聴したかどちらかの場合に料金が発生するシステムになっています。一方CPM単価では広告が1,000回表示されるたびに料金が発生します。

また、YouTubeの広告はオークション方式でどれほど掲載できるか決まりますが、具体的には広告の品質スコアと上限広告視聴単価をかけた広告ランクといもので決定されています。
ここで重要なのはユーザーにとって関連度が高く、視聴率やクリック率が高い広告は品質スコアが高くなり、より低予算で多くのユーザーを獲得することにつながるということです。

Facebook動画広告の単価指標

Facebook動画広告ではCPM課金と再生時間による課金の2種類が用意されています。
CPM課金は1000回表示されるたびに課金される仕組みです。一方、再生時間による課金では10秒再生された回数ごとに課金されますが、FacebookではCPM課金方式を推奨しています。

また、YouTube同様にFacebookの広告単価も上限金額×関連度スコアで決定されるのでユーザーにより興味関心を持ってもらうクリエイティブの作成と配信調整を行う必要があります。具体的にはFacebookの場合、関連度スコアは10段階に設定されており、同じ予算でも関連度スコアが10に近いほど配信数を増やすことができるということです。

Facebook動画広告に限らずですが、動画広告においてはクリエイティブの出来栄え次第でユーザーの反応が大きく変わり、延いては関連度スコアに大きく影響してきます。そのため、ユーザーの興味関心をひけるクリエイティブ制作が特に重要でしょう。

また一度心に刺さったクリエイティブでも、同じユーザーとの接触回数が増えるほど反応率が悪くなってしまうというデータも出ているので、継続したクリエイティブ制作とユーザーの反応をみながらPDCAを回す必要があるといえます。

まとめ

動画広告を検討する際にはCPM、CPV、CPCの3つの単価指標をみることが大切です。また、動画公告はそのクリエイティブの出来栄えが、ユーザーの反応や関心に大きく影響を与えます。より低予算で多くのユーザーを獲得するには、クリエイティブのPDCAを回し続ける必要があるでしょう。
動画広告を利用する際には、ぜひ参考にしてみてください。

動画広告向けのクリエイティブを作りたい方へ

Kaizen Ad(カイゼンアド)は、10,000人の大規模ネットワークにより、最短5分で発注、5営業日で納品、最安5万円で作成できることが強みの動画制作会社です。

バナー、チラシ、記事などの各種素材を動画化でき、既存資産の有効活用が可能なうえドキュメントで発注依頼が完了します。これにより依頼内容の意図が明確に伝わり、イメージ通りの動画作成が期待できます。
また、FacebookやInstagram、YouTubeの公式パートナーに認定されているので、動画の品質も保証されています。

さらには、動画広告のPDCA改善率が平均50%と、納品後のサポートもしっかりしています。動画メディアへの広告出稿をおこないたい、動画制作をおこないたいが、費用や時間がかかってしまいPDCAがうまく回らないといった悩みをお持ちの企業におすすめです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!

こちらでもピックアップされています

Kaizen Ad Video Inside
Kaizen Ad Video Inside
  • 95本

【Kaizen Ad Video Inside】5G時代の動画コミュニケーション戦略をどう考えていくか? Kaizen Adチームがおくる、動画のノウハウ、トレンドから事例まで動画と動画広告のすべてがわかるマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。