スクリーンショット_2019-11-29_16

1月18日(土)13時〜15時 農福連携についての講演会を行います【参加無料】

こんにちは。

先日、農福連携の講演会を開催し、250名ほどの方にご参加いただけました。ご参加いただいた方や、紹介をしていただいた方、大変ありがとうございました。

続いて第2弾として、1月18日(土)に、「新しい福祉を農業から考えてみませんか?」をテーマにした講演会を橋本大二郎氏をお招きし開催します。

お話をするのは、前高知県知事の橋本大二郎氏、当団体農スクールの代表である小島希世子となります。

16年間県知事を務め、様々な行財政改革への取り組みや新たな政策への提案を行ってきた橋本氏からは、大きな視点からの今後の農業や福祉の進む道についての話を聴けるのではないかと楽しみです。

また、農業と働きたくても働けない方とを結ぶ活動を10年間行ってきた小島は、現場での苦労や小さく活動を始める方法を話すとのことです。

福祉や農業、またその連携について、マクロからもミクロからも考える機会になると思います。

今回も藤沢市との協同開催で参加費は無料にしています。藤沢市以外の方でも、特に福祉や農業の分野に関わってない方でも、誰でもご参加いただけます。多くの方にご参加いただけたら嬉しいです。

1、登壇者

橋本大二郎氏

スクリーンショット 2019-11-29 16.36.26

■橋本大二郎氏の経歴

橋本龍伍(はしもとりょうご:大蔵官僚であり、のちの厚生大臣・文部大臣)の次男(長男は橋本龍太郎元首相)として東京都に生まれる。
学習院初等科(鳩山由紀夫首相と同級生)、麻布中学・高等学校を経て、慶應義塾大学(経済学部・法学部)卒業。日本放送協会(以下NHK)に入局し、福岡放送局の記者を皮切りに、大阪・東京で主に社会部畑を歩む。

「NHKニュースTODAY」の社会部門キャスターとして昭和天皇の闘病、崩御、今上天皇の即位など皇室報道を担当する。
平成3年(1991年)8月にNHKを退局し、同年11月に行われた高知県知事選挙に立候補。同知事選挙史上最多の31万6968票を獲得し史上初めての戦後生まれの知事として、当時の知事の中では最年少の44歳で当選。

以後、4期5選16年同県知事を務める。
知事在任中には、組合が人事に介入してきた、人事諮問制度や闇専従の廃止に続いて、「わたり」と呼ばれる役所特有の給与制度を是正し、労使関係を県民の視点で見直す。また、官官接待の廃止や、「公設民営」という新しい方式での大学(高知工科大学)の開校の他、全国の自治体で取り入れられた森林環境税の導入や、1.5車線での道路整備の予算化など、地方自治体の新たな試みを、全国に情報発信した。

あわせて、減反政策に対して県は関与をしない旨の表明をするなど、国に対しても積極的に発言した他、国民体育大会の在り方にも疑問を呈し、無理な強化や資金調達を控えることで、国体のスリム化を果たした。

こうした、行財政改革への取り組みや新たな政策への提案は、元祖改革派知事との評価を受けた。
近年は、国が地方の隅々にまで目を配る、現在の中央集権型の体制を改めて、財源と権限の移譲を受けた地方が、自らの知恵と努力と責任で、自らの将来を決めていけるような、「地域自立型の国づくり」を目指して、TVや講演会活動などを精力的に進めている。

橋本大二郎オフィシャルサイトより
http://daichanzeyo.la.coocan.jp/prof.html


小島希世子

スクリーンショット 2019-07-21 10.46.29

特定非営利活動法人農スクール 代表
株式会社えと菜園 代表

当団体農スクールの代表を務めています。

農スクールは、働きたくても、働けない、ホームレスや生活保護自給者、ひきこもり、ニートなど、さまざまな方々のための就農支援プログラムです。

小島がどういった考えで活動を行っているか、こちらの記事ですっきりとまとめていただいております。

2、申し込みなど

興味を持たれた方は、誰でもぜひご参加ください!
参加される方は、メールに、名前、1月18日(土)参加希望、を書いてお送りください。

日時:1月18日(土) 13時〜15時
場所:Fプレイス 神奈川県藤沢市本町1丁目12−17
https://www.fujisawa-fplace.com/access/
参加費:無料
申込方法:電話 0466 (21) 7285
     メール info@know-school.org

#農業 #福祉 #農福連携 #有機農業 #障害者 #ホームレス #引きこもり #生活困窮者 #うつ病 #メンタル #メンタルヘルス #リワーク #発達障害 #精神障害 #健康 #働き方 #生き方 #暮らし方 #農業女子 #就農 #仕事 #会社 #コラム #エッセイ #神奈川 #藤沢

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
12
生活保護を受けられている方や長く引きこもられている方、働きづらさを抱える方など様々な方が、“農”を通じた様々なプログラムを体験を通して「やりがい」や「仕事観」「自己肯定感」を得ながら、基礎的な農業のイロハを学ぶことで、農業界への就労機会を生み出していく取り組みです。

こちらでもピックアップされています

スタッフブログ
スタッフブログ
  • 24本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。