スクリーンショット_2020-02-25_17

なんの会社かを説明するのが難しくなってきたので整理してみた

自社の事業をいいあらわす言葉を整理

今の会社を立ち上げ、今までの広義な制作業務から、事業領域を「暮らし」ということに絞ったはいいものの、会社の紹介をする際、何をしている会社なのか一言で言いづらいなぁと不便に感じていましたが、ようやくしっくりくる言葉が出来たので、ホームページも少しリニューアルしました。

それは「暮らしに関する課題を解決し、社会をアップデートする会社」です。

今までは、「様々な制作やプランニングの経験を生かして、クライアントである〇〇や△△のプロジェクトとかで、プロトタイピングを元にPoCを行ったり、自治体や不動産オーナーさんからの依頼で地方創生やエリアリノベーションなどをパートナーさんと連携して行ったり、他にも自主プロジェクトで...」と全部語ろうとすると、まとまらなかったので、時には「制作会社です」とか「平たく言えばコンサルです」とか言ってたりしましたが、今後は迷わず、ズバッと宣言できるようになりました。

それに伴い、現状とこれからの事業も整理してみました。

ここから下は事業戦略に関わる内容含むため、有料とさせていただくのですが、お付き合いある方々にはお会いした時にでも、ご案内させていただきます。

この続きをみるには

この続き: 1,042文字

なんの会社かを説明するのが難しくなってきたので整理してみた

深津康幸 / know Inc.

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
テクノロジーやデバイスを用い、アイディアを掛け合わせた独自のプロジェクトを数多く手がけてきた経験を活かし、暮らし全般の事業を中心に、業界の垣根を超えた、仲間と共に、新たな価値を創造する会社「know」代表。