見出し画像

総資産の意味とは

~むかちんのなんとな~く学べる会計ノート~


むかちんです♪


今回は用語の意味を
サクッと簡単に解説したいと思います。


資産
負債
純資産

については
何度か説明してきました。



今回は総資産についてです。


一度は聞いたことがある方も
多いかと思います。



読んで字のごとく

総資産です。

資産総額です。


貸借対照表の左側である
借方のトータルの金額です。


これですね。



資産合計が総資産の金額となります。


貸借対照表は
左と右側が必ず一致する

貸借が必ず対照するから
貸借対照表ということを以前お伝えしました。


つまり

左側を示す借方の合計額が
総資産ですが


右側を示す貸方の合計額も
総資産額と一致します。



まとめると


総資産=資産の総額

総資産=負債+純資産


となります。



ちなみに

総資産と純資産は言葉が似ていますが

負債の金額分だけ異なります。

なんとな~く
総資産について学べたでしょうか。

次回も会計用語について
解説したいと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
小さい頃から経営と会計に興味があり、公認会計士試験合格後、監査法人に3年勤務。会計のおもしろさを伝えたいという想いが強くなり、監査法人を退社。 会計は難しそう、会計を勉強したいけど、どう勉強すればいいかわからない、という方に、なんとな~く会計を理解できるように解説していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。