見出し画像

花火

夏になり、花火を見る機会が増えた。

人が花火に惹かれるのは、その華麗さと儚さに人生を見るからではなかろうか。

花火はいい。

打ち上げ花火でも、線香花火でもよい。

そして、夜の闇の中でこそ、美しい。

昼に上げる馬鹿がいるのか?!といえば、現代はこぞって昼に花火を打ち上げ、打ち上げた本数を競っているかのようだ。

一発でよいから、会心の火花を散らせたい。

花と火を愛しやまない思いあり我が憧れよ夜空に散らん


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

人の世に熱あれ、人間(じんかん)に光りあれ。

ありがとうございます!
3
読書や詩作、武術、芸術を通じて強さや美しさ、愉しさを探求しています。強く影響を受けた人物は桜井章一、執行草舟、成瀬雅春、野口晴哉、狩撫麻礼。 https://twitter.com/kmbxd991
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。