見出し画像

知って得する断捨離術 学びの部屋vol.50

「なかなか物が捨てられなくて困っている」

「大事なものかどうか区別がつかず捨てれない」

この記事はそんなあなたの悩みを解消する記事です。

購入するときは「便利そうだから」「おしゃれだから」とか衝動的に選んでしまいますよね。大体は大して悩みもせずに購入した物ばかりだから未使用のまま放置されたりあまり使われずに放置されたりすることが多いと思います。そうしているうちに家に物が収納出来ない状態となってあちこちに散乱してしまうようになるのです。しかしそれは根本的にしょうがないことで、物を購入するときは簡単に手に入ってしまうのですが、物を手放すときはその物の価値未使用という事実からくるもったいなさを考えてしまうからです。

ですから本来なら物を購入するときにしっかりと悩んで本当に使うのかどうかを考えてから購入するべきなのです。安く多量の優良商品を買える今の時代だからこそ本当に必要なものだけを選び、物を大事にしなければいけないのです。なのでそもそもの話として、最低限必要なレベルの物以外は購入しないようにしましょう。

ですが、この記事を閲覧しているあなたは既に多くの不用品を抱えて困っているはずです。どうすれば深く考えずに物を捨てれるのかを下記にて説明しましょう。

いま店頭に並んでいたら購入するかを考える

冒頭で記載した通り、大体は直感的に選んで購入してしまいます。なので捨てたいなと思っているけど捨てられない物が現時点でもう一度店頭にあったら購入するかどうかを考えてみてください。本当にいるものだった場合はまた購入したいと考えますが、いらないものだった場合はその時点で購入したいとは思いません。人間、本当に必要な物はいつ何時でも欲するものです。再度購入を検討した場合に少しでもいらないと感じるのならば捨てましょう。

それでも捨てきれない方へ

上記の記した方法でも捨てきれない方は、奥の手を使ってください。私の考える奥の手とは「迷うものは捨てる」というものです。これから先使うか使わないか分からないから迷っているということです。そして使うか使わないか迷っている物は現時点で使っていないから迷うわけです。ということは今のあなたの生活には必要のない物なのです。本当に必要な物は考えるまでもなく捨てようとしません。それはあなたの生活環境においてなくてはならない物だからです。なので少しでも迷いが生じた場合は迷わずに捨てましょう。


極端な話、物が大量にあるから迷うわけで物が少なければ迷わないのです。それは物のありがたみを深く感じて大事に使用するからです。捨てる際に多量の無駄なエネルギーを消費してしまわないようにしっかりと考えて物を購入するようにしましょう。

この記事が良かったら「フォロー」「スキ」をよろしくお願いします。コメントもお待ちしております。他の記事もぜひ見てくださいね!


広告

『【note初心者必見】noteマネタイズへの道』

画像1

実績なしの平凡な大学生がnoteでマネタイズするために行ったことやマネタイズした後に行った再現性の高いテクニックなどを執筆した、note初心者の方のための教科書です。

☑️総文字数5万越え
☑️定価1,980円

《閲覧はこちらから》
https://note.mu/kkk_jp/n/nb669796ca723


【登竜門マガジン】

登竜門最新

『効率的な集客方法』『効果的な販売手法』『実践的なマガジン戦略』『たった100記事でフォロワー1,000人獲得した方法』など、noteで長期的に成功するために必要な知識をお届けしています!私の約1年と5ヶ月の経験が詰まったマガジンです!

たった2,000円で既存のコンテンツからこれから追加されるコンテンツの全てを閲覧することができるのでお得です。

《購入はこちらから》
https://note.mu/kkk_jp/m/mcc0952e520f0


【需要大全-インフルエンサーが誰も公開しない需要の秘密を暴露-】

需要大全 サムネイル

☑️需要の探し方
☑️見られるコンテンツ作成方法
☑️1記事で307スキ獲得できたワケ
☑️豪華特典(需要のあるタイトルテンプレート)

1日の食費に満たない分で購入できちゃうので、あっというまに元が取れる内容になっています!初心者の方にはオススメです!

定価/980円

《購入はこちらから》
https://note.com/kkk_jp/n/n6e139886abea

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

note歴1年6ヶ月。 誰でも会得可能なビジネス関係の「良質」な情報をお届けします!noteで稼いでもらうことを目的とした強固なサポート体制により、効率的にあなたの価値を高めていきます! 「支える力」では誰にも負けません。

「Twitter×note拡散グループ」へのご加入お待ちしております!
98
note歴1年6ヶ月。正当な理由に基づき、情報開示が必要な方はご連絡ください。お仕事依頼→a3.c.vb.1@gmail.com Brain→http://brain-market.com/u/kkk_jp2

こちらでもピックアップされています

学びの部屋
学びの部屋
  • 99本

どうも、こんにちはKです。 このマガジンでは基本的にビジネス関係の情報をメインに記事にしており、その他にも、noteに関するノウハウや経済心理学についての記事も公開しております。 このマガジンはKの独断と偏見を含む考察を取り入れたものであり、情報の絶対性を伴うものではありません。そのため、このマガジンはあくまでも私の主観であり、情報の真偽を確定するものではありません。予めご了承ください。

コメント (2)
Kさんこんにちは。スキをありがとうございました。貴記事を拝読してちょっと想像してはいけないかもしれないことを考えました。SNSでの友達に置き換えました。自分は、ある時点からFBの友達上限を500人にしています。新たに友達ができると誰かとサヨナラするようにしています。記事を拝読して、今友達になっている人たち。今、友達申請したいかどうかって考えるとどうなんでしょうね。ゾゾっとしました。
こちんだ様
コメントありがとうございます!

その考えはとても恐ろしい...!
相手を知っていく上で嫌いな部分ももちろんでてきますしね。SNSの場合、簡単に関係性を切れるわけですからさらに恐ろしいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。