怒りと利益の関係。
見出し画像

怒りと利益の関係。

怒らなくなった。怒りが湧いてこない。そして面白いことに、怒らなくなってからの方が、会社の利益も増えている。何か関係があるんだろうか。ちょっと考えてみる。怒りと利益の関係。

まず、なぜぼくが怒らなくなったか振り返ると、いくつか理由がある。

第一、姿勢が良くなった。意図的に背筋を伸ばすようにしている。歩くときも、見栄えを意識し、背筋伸ばしやってる。だいたい怒ってる人は肩をいからせているけど、猫背だったりする。猫背で肩をいからすと、その姿勢が怒りを生み出す。

第二に、期待しなくなった。だいたい人間というものはあかんやつで、アホで、期待してはいけないと思ってる。

怒りというのは感情の顔をした頭脳の働きだ。脳が「期待する」から、「外れて怒る」。ファーストクラス、高級ブランド、高級ホテルのお客さんほどクレームが多い。期待するからだ。ぶつぶつ言ってるのはたいてい「いい席」「いい部屋」のゲストである。エコノミークラスや安いビジネスホテルのお客さんで怒っている人は珍しい。「期待との落差」これが怒りを生み出す。

期待しない代わりに、「すべては与えられている」ととらえる。何か不足を感じたとしても、それは気のせい。あるいは、「伸びしろが見えている」。だからもっと力をつけなきゃ、と思う。

第三に、朝ごはんを抜いてる。前夜の夕食は8時には終えているから、お昼食べる11時か12時まで断食しているのと同じだ。毎日プチ断食してる。これが腸にとても良い。腸が快適だと、健康になる。健康だと、怒りが湧いてこない。

姿勢が良い、期待しない、朝ごはん抜きのプチ断食による快腸・・・これらと利益がどう結びつくのか。

ここでおなじみ潜在意識地下2階が出てくる。「姿勢が良い、期待しない、朝ごはん抜きのプチ断食による快腸」だと、口にする言の葉がプラスになるのだ。プラスの言葉しか言わないようになると、それらが潜在意識地下2階に深くふかく沈殿する。現実は潜在意識地下2階が創造している(あなたはまだ信じてないかもしれないけど、これは信じる、信じないの域を超えた真実なんです(笑))。利益を増やしたい、と願っているならその通りの現実が生まれる。逆も真なりで、利益を減らしたい、と願っていたらその通りになる。だから「口癖」ってとてもとても重要で、「うちは借金体質だから」というのが日常になっていると、借金がいつまでも消えない現実が生まれてしまう。

怒っていいことは何もない。怒らないようにしましょう。

昨日はJOYWOW仲間の中島かなよちゃんが新しく始めたクラムチャウダーのお店へ。OSAKA FOOD LAB内。

画像1
ちよちゃん、あゆみちゃんも応援に駆けつけて

ぼくはスタートアップを心から応援しているので、あれこれ作戦立てた。きっとうまくいくよ! 楽しみだねー!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
大吉どーーーーーーん!!!!
ビジネスの世界に「JOY+WOW+LOVE and FUNの総量」を増やしたい作家・哲学起業家(フィロソフィー・アントレプレナー)です。JOYWOW創業者。https://twitter.com/kjoywow 僕のnoteは全て無料です!