FREE FROM FREEDOM

19

201Q

年末年始といろいろな人と再会し,いろいろな話をした。仕事,家族,恋愛,趣味。楽しい話,悲しい話,苦しい話。あの頃と比べたら,その全てに厚みが増し,一人ひとり肩で背負っている荷物は重くなっている。あの頃両手いっぱいにあったキラキラしたものは,今は片手ですくえるものになり,残りのキラキラは分厚い包み紙でくるんで背負っている。

30代。中途半端な時代を生きる僕が思うことを詩に描いてみた。僕たちは水辺の

もっとみる
ありがとうございます♡
6

「いつだって」

ここ10年間、詩を書いている。いや、10年以上か。小学生のとき学校の授業で詩を書かされたことがあったが、担任の先生から「可愛げがない」と一蹴され、もう二度と詩なんか書くものかと思っていた。また、子どもが書くはずの詩に大人の手が加わって歪められていくことにも疑問を感じていた。

心境が変わったのは大学生になってからだ。良くも悪くも大学生デビュー。ありがちな「僕、ちょっと他のやつらとは違うぜ」みたいな

もっとみる
ありがとうございます♡
2