野外作品展_この世界にふれる時

4
記事

野外作品展「この世界にふれる時」を終えて

昨年末に基山さんから「里山」という場所についてお話があった。その時はまだ展覧会をするなんて想像もできなかった。それから少し経って、今年の春になる前、確か3月にギャラリーのみんなで里山に初めて行った。ここで何ができるか、その時点でも、僕は具体的なイメージを持てなかった。そして月日は流れ、夏が過ぎて秋になった。やるならば、個人的なことをやらねば 意味がない。オーシャンやっ

もっとみる

油絵?上等だ

書くこといっぱいあるのに、すぐに月日は流れます。忘れてしまいそうで嫌だな。かなり嫌だ!すぐに書くのを心がけたい。

最近の関心は、里山のこと。これは徐々に情報解禁されていくと思います。おたのしみに。そして、里山きっかけにしてやろうかなと思っているのが、油絵。さいきん油絵に興味が湧いてきてます。というのも、オーシャンやって、大分絵を描くのが楽になってきたんです。絵というか、四角いキャンバスに描くこと

もっとみる

手入れする、野外作品展に向けて

▷ 11月19日開催 野外作品展「この世界にふれる時」

里山での野外作品展に向けて会場整備を行いました。

草を刈って、橋をかけて、土を固めました。皆で作業をしたら、みるみるうちにキレイになりました。あんなに混沌としていたのに、、、やったぞ!作品展の会場ができました。でも、初めてここに訪れる人は、手つかずの、ぽっかり空いた、”自然のまま”のスペース、だと思われるんでしょうね!しかし真実は違ってい

もっとみる

野外作品展「この世界にふれる時」

奈良の生駒の里山で野外作品展を開催いたします。

詳細▷ この世界にふれる時

生駒市は、大阪と京都と奈良の境目にある。名前はなんとなく知っていたけど、、どこにあるのかあやふやでした。初めて行ったのは、今年の3月。京阪の私市駅から出発して、歩いて行きました。一時間くらい。迷いながら辿り着いた里山は、ものすごく、のどかな場所でした。

里山は広大です。道路脇の細い道をずっと登っていくと、田畑がいくつ

もっとみる