見出し画像

【押し寄せる脱プラ化の波】

脱プラスティック製品の波、確実に押し寄せてますよね。
今日も報道で日清がカップラーメン容器の脱プラを発表したし、カナダは国の法律として制定する流れが・・・

持ち帰り提供しているお店としては、「わかっちゃいるけど、どうしよう」
的な感覚でプラスティック依存中です。

ストローに関して言えば、紙製はクオリティが低すぎる。
溶けちゃうのが困りもの。
他にも、竹製やら生分解するものなどなど・・・
市場には色々あるけど、どうせならストローなんかなくしちゃえとも思ってきてます。

歩きながら飲むには確かにストローがあると飲みやすい。
でも、ストローがなくても「少し立ち止まって飲めばいい」
立ち止まったからといって何か困る訳でもないだろうし!!

一番ありがたいのは「マイボトル」を持参してくれること。
なかなかいないですけどね。
今のところ、自分自身とご近所の超常連さんの2名・・・

ただ、これから先はこういった取り組みを理解してもらい、お客様にももっと意識してもらって受け入れてもらわないといけないなと思うんです。

日本にはない4つ目のR・・・「Refuse」やめるを推進していく流れを組まねばと!!
結局のところ日本は、リサイクルの量は増えはしたけど、製造量も増えて消費も増えてるという悪循環!!
日本には「やめる」という選択肢がなかったからこうなっちゃったわけですね。

いかにスマートなものに「置き換えられるか」がネックだなと。
北欧なんかは、基本的にガラス瓶に置き換えて「デポジット製」になっていて返却するとデポジットが戻ってくる仕組み。
ReuseとRefuseが同時にできているんです。

これは問題意識が高いからこそ成せる技。今の日本でやってしまえば、「じゃあ、買うのやめます」ってなりかねないのかなー。
「次来るときに持ってこよう」とはなかなかならないし、お店の立地もものすごく影響してくる。仕事場の近く、学校の近くなどなど。

そっか!!これこそ、「共有すべき問題」だ!!
同じような環境下にいる飲食店で一緒に考えて、一緒に悩んで、一緒に創り上げられれば、ロット数も増えて低コストでデザイン製の高いガラスの持ち帰り容器がつくれる!!

名古屋発信で率先してこの問題に取り組むチームを作っていけば、単独で悩むより解決に近づけるかもしれないですよね!!

近々、そんなコミュニティを立ち上げてみよう。
これは、ある意味人類全体に課された宿題ですからねーーー。

Have a good kombucha days!!!

ー名古屋 kombucha専門店 +Kombuchaー
OHP:https://www.plus-kombucha.com
ヨガの後のリフレッシュドリンク・スポーツ後のリカバリードリンクに最適!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
21
名古屋市千種区東山公園のKombucha専門店『+Kombucha』の代表です。Kombuchaとは、昆布茶ではありません!!欧米豪などの健康志向先進国ではポピュラーな発酵ドリンクの名称なんです。OHP:https://www.plus-kombucha.com

こちらでもピックアップされています

#お店 記事まとめ
#お店 記事まとめ
  • 1495本

思想を持ったお店をつくったり、運営、デザインをしているひとやその感想などの記事をまとめるマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。