見出し画像

キッチハイク開催店舗に「辰家(ヂンガ)」が加わりました!

身近に韓国を感じることが出来る東京のコリアンタウン、新大久保。その中の新大久保通りと職安通りの中間付近の路地にあるのが、韓国料理店「辰家(ヂンガ)」。店名が大きく書かれた看板が目印です。

191128_辰家-02

「スンデ」と言ったらここ!

「スンデ」とは、豚の腸に野菜やもち米・春雨・豚の血などを詰めた韓国式ソーセージのこと。

191128_辰家-44

私たちが普段目にするソーセージとは少し違い、春雨がぎっしり詰まった断面や赤黒い色にインパクトがあるため、見た目で抵抗を感じる人もいるかもしれません。ですが一度食べるとクセになる不思議な味。ぜひ注文してみてくださいね。

画像3

ここ「辰家(ヂンガ)」は、地元で有名なスンデの専門店。もともとは「コリアスンデ家」という店名で、お店で作った自家製のスンデが自慢です。

191128_辰家-04

スンデを食べるためにやってきた芸能人のサインも、壁いっぱいに飾られています。

191128_辰家-56

191128_辰家-55

そのほか、やみつきになる「チヂミ」やフワッフワの「玉子チム」、韓国のお酒「マッコリ」など、定番の韓国料理も楽しめます。

画像15

191128_辰家-14

191128_辰家-09

191128_辰家-11

191128_辰家-18

また会いに来たくなる「オッパ」がいるお店

お客さんに「オッパ〜!(韓国語でお兄さんの意味)」と呼ばれ愛される店長さん。

191128_辰家-33

少しシャイなため愛想がないように見えますが、話しているうちに見せてくださるやさしい笑顔やちょっとした冗談に、温かい人柄を感じます。店長さんに会うために来店するお客さんもいるとか。

191128_辰家-54

美味しい韓国料理と店長さんに会いに、「辰家(ヂンガ)」へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

「キッチハイク」とは?

食べ友、飲み友が気軽にみつかるグルメアプリ「KitchHike(キッチハイク)」。都内で月500回以上のイベント開催、3,000人以上が参加しています!

画像8

「気になるお店」を選んで集まるので、食の趣味が近い人、交流を楽しみたい人と、気軽に食事を楽しむことができます。現在キッチハイクは100店舗以上のお店で開催しており、今後もさらにお店の数を拡大していく予定です!

画像9

だれかと一緒にごはんを食べるならキッチハイク!ぜひ、ダウンロードして見てくださいね!

飲食店の方へ

新しい外食体験を提供しませんか?「キッチハイク」を導入して食が好きなお客様をもてなしたい、ホスピタリティ溢れる飲食店を募集中です。

画像1

キッチハイクは、運営するスタッフだけでなく、ユーザーさんやお店の方と一緒にサービスをつくっていきたいと考えています。

画像10

画像11





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

\いつも応援ありがとうございますもぐ✨/ キッチハイク公式キャラ「もぐもぐ」ですもぐ。いただいたサポートは、みんなのおやつ代に使わせていただくもぐ。キッチハイクがもっと成長できるようにがんばるもぐ!🚀

うれしいもぐ〜!!
2
食でつながる暮らしをつくる。食コミュニティサービス「KitchHike(キッチハイク)」を運営する株式会社キッチハイクのnote公式アカウントです。https://kitchhike.com/

こちらでもピックアップされています

広報・PRまとめ
広報・PRまとめ
  • 35本

キッチハイク広報よりメディア関係者のみなさまへ最新情報をお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。