Mellow
【Mellow】新型コロナウイルスとワークスタイル
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

【Mellow】新型コロナウイルスとワークスタイル

Mellow

みなさんこんにちは、Mellow採用担当の長﨑です。

最近、新型コロナウイルスが流行しており、小中学校が休校になる中、特に小さなお子さんのいる方は生活に大きな影響が出ているかと思います。
各企業柔軟な働き方が求められる中、みなさんの会社ではどのような対策を取っていますか?

満員電車を避けるための時差通勤、リモートワークを推奨している企業も多いのではないでしょうか。

Mellowはというと、多様な働き方に合わせて、元々フルフレックスタイム制を導入していたため、新型コロナウイルスによって、社内で特別に対策を取る必要はありませんでした。

そもそも なぜフルフレックスタイム制を導入したのか?

Mellowでは、仕事は生活、人生の一部として捉えており、仕事もプライベートも同じように重要であると考えています。そのため、定められた出勤時間の中で仕事をするのではなく、自分の生活スタイルに合わせた形、時間で働けるようフルフレックスタイム制を導入しています。こうすることで、仕事の効率・生産性を落とすことなく、プライベートも仕事も両方大切にできるような組織づくりを行なっています。

Mellowのワークスタイル

社内コミュニケーションツールとしては、slack、Discordなどのチャットアプリを使用し、働く場所に関係なくリアルタイムに情報が得られるような仕組み作りをしています。毎日行われるミーティングや商談に関しても、社内外問わず全ての議事録を情報管理・共有アプリであるNotionを使って残しているため、会議に参加していなくても情報を得ることができ、疑問点があればリアルタイムにコメントを書き残すこともできます。そのため、今どんな案件が動いていて、それに対し、どういった話し合いがされているかが、オープンに見られるようになっています。したがって、情報が属人化し、特定の担当者がいないと業務が進められないということもありません。

このように、アウトプットもインプットも全てツール内で完結させることで、リモートワークでも柔軟に対応できる組織体制を取っています。

画像1

採用面談とコロナウイルス

また採用面談に関しても、候補者さんの置かれている状況を配慮し、元々対面だけでなく、ビデオ面談形式での対応も行なっていたため、今回の新型コロナウイルスの一件での採用フローへの支障は出ていません。

とは言いつつも、私個人としては、候補者さんと実際にお会いした時の雰囲気や表情を大切にしたいという気持ちがある中で、お会いできづらくなったことや、毎月開催していた、Mellowに興味がある人なら誰でも参加できるオープンオフィスイベント「Hello Mellow」が中止になったことで、Mellowという会社や事業、実際に働いているスタッフの想いなどをより深く知ってもらえる機会が失われていっていることは正直残念です。

デジタル化すると効率的にできる部分も多いですが、こと採用に関しては、全てをデジタル化するのではなく、アナログな部分を今後も大切にしていきたいです。

画像2


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Mellow
Mellowのこと、フードトラック(キッチンカー)の情報を発信していきます。