喜多重左衛門
血糖値降下作用、健康・美容に良いこと
見出し画像

血糖値降下作用、健康・美容に良いこと

喜多重左衛門

血糖値降下作用、健康・美容に良いこと

(OMGT BEYOND MATCHAポリサッカライド抹茶の源葉は秋冬摘みの碾茶を抹茶にしたものです。秋摘みの茶には、一年を通じて一番ポリサッカライド(多糖体)、カテキンが多く含有しカフェインが少ないのが特徴です。ポリサッカライド(多糖体)の効能は、元富山医科薬科大学薬学部清水峯夫助教授(生薬学、とりわけ活性天然物化学が専門)天然で糖尿病に効く成分(たとえば、血液中の糖の値、血糖値を下げるような物質)がないかどうかを研究されていました。その結果血糖値降下作用の機能がポリサッカライド(多糖類)であることを発見されました。実験から低温で抽出したエキスが、最も血糖値を下げる働きが強いことを確認されました。しかし、ポリサッカライドは熱に破壊されるのが弱点です。

普段お茶を急須で淹れた場合にはそのお茶に含まれる栄養分の7割は茶殻と一緒に捨てています。カテキンも含有量の3割しか摂取できていないのですが、それが茶葉を粉末状にした抹茶ならば100%すべて摂取できるわけです。

そして、急須で入れたお茶では、摂取できないミネラル、ビタミンが摂取できるのです。抹茶の健康の源は、カフェイン、カテキン、ポリサッカライド、サポニン、テアニン、アミノ酸(グルタミン・アルギニン、ヒスチジン、メチオニン、チロシン等)ビタミン(C、 A(βカロチン)、B1, B2, E, K, ナイアシン)ミネラル(カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、ナトリウム、鉄、亜鉛、銅、セレン)、フラボノイド、 ポリフェノールの総てが含まれていて摂取できます。

そして、緑茶の科学的に立証されている効能/効果

1.心臓を守る2.免疫力アップ3.肥満撃退4.ボケ防止5.糖尿病予防6.コレステロール値の低下7.記憶力の向上があります。
海外でも話題を呼ぶ緑茶の効果 
「緑茶の抗ガン作用について
  科学誌「ネイチャー」に掲載」

1997年6月5日発行の世界的に最も権威ある
科学誌「ネイチャー」は、米オハイオ医科大学と
トレド大学の研究グループが発表した
「緑茶を飲むとなぜガンを防げるのか」

と題した論文を掲載した。

カテキン(エピガロカテキンガレート・EGCG)を茶葉から抽出する際80℃の熱湯で抽出が必要です。この矛盾を解決する方法は、秋冬摘み碾茶をそのまま抹茶にすることです。

ならば喜多重左衛門は、抹茶を摂取するのに有機栽培が必須だと考えました。
私の生活習慣では、昔から、餡が大好物です。よって、必ずおいしい甘いものを口にしたときは、濃いお茶を飲んでいます。
OMGT BEYOND MATCHAの秘密より。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
喜多重左衛門

宇治茶師の末裔です。私も緑茶の広報を世界に発信しています。喫茶道・喜多重左衛門として、日本人の身近にある緑茶の偉大なる効能を再発見中です。地球にも優しい有機宇治抹茶を推奨しています。よろしくお願いします。

喜多重左衛門
元12代松田桃香園当主、2000年カナダホリスティック医療を勉学に渡加、原発性アルドステロン症による脳内大出血により3ヶ月危篤その間2回の心肺停止。蘇生時左半身麻痺。帰国後慢性C 型肝炎を薬物と抹茶を使用後、1ヶ月でウイルス消滅完治。ホリスティック医療を実生活に活用し自立歩行可能