美味しくプロテインを摂取しよう。こんなやり方もある!?

日々、私たちの体づくりをサポートしてくれているプロテイン。今では、コンビニなどでプロテインドリンクやプロテインバーを当たり前のようにあります。

しかし、その一方でプロテインの味がどうにも受け入れられないという方も少なくありません。ちなみに、僕も味が好きではありません。笑
最近では種類の増加に伴い、さまざまな味が登場していますが、中にはやはり好きになれないという方もいるでしょう。

そこで今回は、プロテインが苦手な人に向けておすすめのアレンジレシピをご紹介していこうと思います。
プロテインの味があまり好きではない方、是非この記事を読んでみて頂けると嬉しいです。

○そもそもプロテインは調理しても大丈夫?

プロテインといえば水や牛乳に溶かして飲むのが一般的ですが、実は調理に用いるという手もあります。加熱することで栄養価が壊れてしまわないか、混ぜてはいけないものはないのかなど、気になる点を調べてみました。

画像1


 

→熱を加えても栄養価に変化はない

プロテインの持つ栄養価は熱を加えても変化することはありません。

もともと、プロテインパウダーは牛乳からたんぱく質の部分だけを分解して取り出したものなので、それを熱風で乾かすことで粉末の状態にしています。たんぱく質には「熱変性」と呼ばれる現象があり、熱によってたんぱく質が凝固することはありますが、その場合でもアミノ酸などの成分が失われたり、変化したりすることはないです。

※ただし、プロテインを調理の過程で焦がしてしまった場合、炭化によって栄養価が損なわれてしまうことがあるのでその点だけ注意しましょう。

 

→料理に加えてもOK

プロテインの成分は熱にも耐えられるため、料理に加えることも可能です。飲むだけでなく、食べるという摂取方法もあるということが分かりました。

料理にしてしまえば調味料などで味も変えられるため、プロテインの味そのものが分かりにくくなったり、味が苦手という方でも摂取しやすくなると思います。また、料理に加えることで特有の粉っぽさや匂いも消えるので、苦手な方は食べる方で摂取するという方法を試してみてはいかがでしょうか?

 

○プロテインを簡単においしく摂取する方法

ここまではプロテインにさまざまな可能性があることを紹介してきました。

次は、どうおいしく摂取していくのか、その方法について見ていこうと思います。

 

→まずはいろいろなフレーバーを試してみる

上でも少し触れましたが、近年はトレーニングジムの流行などもあり、プロテインの需要も高まった為、さまざまな種類とともに味も増えてきています。

今ではプレーン以外にもバニラやチョコレート、バナナといったお菓子やアイスのようなフレーバーもあり、メーカーによって様々な味があります。プレーンが苦手という方は、まずは味を変えてみるところから始めてみるのが良いとおもいます❗️

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
フットサル/サッカー/北海道/神奈川/東京/コンサドーレ札幌/エスポラーダ北海道/湘南ベルマーレ記事は500~です。僕の記事は、初心者の方でも読みやすいように最初はざっくりとした所から入り、内容を細かく区切っているので沢山のnoteをご覧頂ければと思います。