見出し画像

マクラーレン720Sスパイダー試乗記

マクラーレン麻布にて、新型車のマクラーレン720Sスパイダーを試乗させて頂いたので忘れる前にインプレッションを書いておきたい。

まずはどういった車なのかをざっと説明。

マクラーレン720Sスパイダーはマクラーレン720Sという2人乗りスーパーカーをオープンカーにしたモデル。710馬力の後輪駆動で、0-100km/hが2.9秒というスペック。このタイムはクーペでもスパイダーでも変わらず、というのがマクラーレンのすごいところ。

通常、屋根のついた車のオープンカーモデルを作ると、屋根の補強が無くなる分ボディ剛性が無くなり、その剛性を補うために補強をする事で車重が重くなり、結果性能としては元のモデルからはどうしても妥協が伴う、というのがセオリー。しかしマクラーレンは剛性の高いカーボンモノコックボディを採用している事から、クーペからスパイダーへの構造変更でボディの補強が不要、すなわち重量増は屋根の開閉機構の分のみで、50kg以内に抑えられているのだとか。なのでクーペを買っても、オープンを買っても、性能としてはほぼほぼ同じものを味わえるという事、らしい。

自分が今乗っているのがロータスの「エリーゼ」で、同じくモノコックボディでオープンカーながらに高剛性で高い走行性能を実現している。カーボンではなくアルミだけども。同じモノコックで、同じミッドシップの後輪駆動で、同じ英国車。親近感と言うには格が違いすぎて失礼かもしれないけど、スケールは違えど同じ方角を向いた車だと思う。中学の頃から恋焦がれて今乗っているエリーゼと同じ方角を向いているのだから、気になって当然なのかもしれない。

とは言ってもエンジンが後ろにあって2人乗りのオープンカーなんていくらでもある。今回惚れたのはもっと色々理由があって、まずはボディの独特なデザイン。エンジンが後ろにある車は側面に吸気口があるのがセオリーなのだけど、この720Sスパイダーは側面から見て穴らしき穴が見当たらない。

ではどこにあるのかと言うと、ドアと窓の間に隠されている。ドアが二重になったようなデザインで、フロントからの気流がこの溝に沿って流れてエンジンルームに届くというデザインになっている。この機能美に惚れ込んでしまった。

これほどまでに曲線美を感じたのはエリーゼぶりかもしれない。

他にも気になるギミックがある。

これはオプションなのだけども、マクラーレン720Sスパイダーは屋根の透明度をボタンひとつで変えられる機能がある。これだけでロマンを感じる。

屋根が自動で開閉するにとどまらず、屋根を閉めた状態の中でも開放感を感じたり太陽光を閉ざしたりできる。更にはスパイダーは後方の窓を開けたり閉めたりできるので、エンジンサウンドを積極的に聞くこともできる。とにかく選択肢が多いというか、その場で最大限に快適性を保ちながらお好みの加減で五感を刺激できる。単に車に乗るという行為の中にも遊び心が随所に散りばめられているのは良いなと思う。とても高級車らしい。

この車はスピードメーターも楽しい。エンジンをオンにすると、こういったメーターがせり上がってくる。このギミックだけでも楽しいのだけど、720Sはこのメーターが変形する。

サーキット走行用のトラックモードに入れると、メーターが寝たポジションになり余計な情報が閉ざされたバーのみの表示になる。格好良すぎる。もちろん、モード切替とは別に独立してすべてのモードでこれら2種類の表示を切り替える事も可能。どこまで行っても選択肢の多い車だと思う。

ちなみにコンフォート・スポーツ・トラックの3モード切り替えは足回り用とエンジンの2種類のダイアルが用意されていて、それぞれ独立して操作可能。足だけ電子制御に守られたスポーツに留めて、エンジンだけトラックモードでガンガン回したりといった設定ができる。ここも選択肢だらけだ。

というわけで、実際に首都高で試乗させてもらえたので運転した感想を。

・700馬力オーバーは速すぎて踏める場所が無い
・コーナリングは安定しすぎていて試せる場所がない
・が、ハンドリングは好み
・とにかく速い車
・ブレーキのタッチはちょっと分かりにくい気がした
・アクセルとブレーキの感触が似ていて分かりにくい
・ペダルがっつり踏めるまでシートを前に出すとステアリングが近い
・調整機構は付いてるけどそれ以上近くはできても遠くにはできない
・エリーゼより近いかも
・シートの調整機構のボタン類がセンター側に隠れていて分かりにくい
・エンジンブレーキよく効くなぁ

友達が2車種乗り比べするので2周試乗させてもらえる話だったのだけど、1周で満足したので友達が2台目を運転している間に自分はそれ以外の所を見てみた。

Bowers&Wilkins製のオプションの12スピーカー。L'Arc~en~Ciel好きなんですよ〜と話したら営業さんもラルク好きだったらしくラルクを流してみたりした。BluetoothもUSBの有線接続も試してみたけども、正直なところ拍子抜けだった。悪くは無いけど、本当に3000〜4000万円の車の更にオプションを追加してこの音?みたいな感じ。僕のエリーゼに積んである社外スピーカー(+サブウーファー)の方が良い音出すなぁと思った。残念だけど。

僕はドライブのBGMには拘りがあって、快晴の晴れの日のオープンドライブ、雨の中の街乗り、深夜の海岸ドライブ、それぞれ似合う曲が全然違うし、映画のワンシーンのように、その時その時に一番マッチした音楽を良い音で流したい。なので音が悪いとそれだけで全てのシチュエーションの解像度がガクっと落ちてしまう。どんなドライブも台無しになってしまう。それぐらい音は大事。

合格点ではあるけれど、最高の車で最高の音楽を流しての最高のドライブになるか?って言うと、最高ではない感じがする。走りに振ってるマクラーレンにそういうの求めるなって話かもしれないけど、自分もっとスパルタンなロータスにすら求めて改造してるからなぁ。

ちなみにカーナビは日本の特殊な道路事情ゆえに本国で採用されている数バージョン前の物しか積めないらしく、CarPlayなどの最新機能はついていない。とはいえ今年の720Sは去年までのカーナビからはかなり良くなっているらしい。

やはりこの車を楽しむには、選択肢を楽しむ人生の余裕があると良い。屋根を中心に無数の選択肢が用意されているけど、その日の気分や環境に応じてひとつひとつを楽しむ心の余裕が欲しい。そもそもこの車を選ぶ時点でライバルのランボルギーニとフェラーリという二大有名スーパーカーブランドをあえて選ばずに硬派なマクラーレンという選択肢を選んでいるのだから、買った時点で選択肢を楽しんでいると言う他にない。

結局欲しいの?欲しくないの?って所だけど、欲しい。コンセプトは大好きだし、ここまで欲しいなと思った車はエリーゼ以来かもしれない。けど今すぐ購入に向けて全速力で走って頑張って買う車かって言うとそうでもなくて。

今日は仕事する?ドライブ行く?ドライブ行くならロータス乗る?マクラーレン乗る?それとも天気悪いしベンツで出かける?って選択肢の一つとして選べるような余裕が出来てから改めて買いたいなと思った。エリーゼの完全上位互換を想像して乗りに行ったけど、魅力のポイントが全然違った。良い所もあればそうでもない所もあって、選択肢の一つとして選べると幸せになれそう。

今回の試乗はマクラーレン720Sスパイダーの走行性能の高さや魅力を垣間見る事ができたと同時に、今の自分にとってはエリーゼが最高の車だなぁと再確認できたのが良かった。マクラーレンの強烈なパワーをオブラートに包んで提供される感じより、ロータス・エリーゼの最小限のパワーに電子制御を介さないで生で触れる感じの方が圧倒的に気持ち良いと思った。

試乗の目的のひとつとして、夢の車のマクラーレン欲しさをバネにして明日から頑張ろう!という思惑もあったのだけども、その狙いは呆気無く外れてしまった。オープンカーなのにクーペと同じ性能で市販車最速だなんて文字だけ見れば夢の車なんだろうけど、実際乗ってみるとネガは感じられた。でもそういったネガを受け入れても選択肢の一つとして選べるような余裕を持てるよう頑張りたい、という別の方向でやる気が出る一日だった。ガレージに並べられる日が来るといいな。

おわり。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
ガジェットショットというブログを書いている中の人です。http://gadget-shot.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。