見出し画像

VLOGはじめる方法 機材について


こんにちは。
きんぱつさんぽです。

今回の記事ではVLOGを始める方のためにどんな機材が必要なのかを書きました。
どんなVLOGを作りたいか考えながら読むと余計な出費が掛からなくて済むと思います。
良ければ参考にしてください。

この記事を開いてくれた方で
僕のYoutubeチャンネルを見たことはありますか?

よければ僕のチャンネルにぜひ遊びにきてください。
[日常をシネマティックに表現]をテーマにVlogを撮影して
映像を作っています。


カメラ

まず動画を撮影するために確実に持ってなくてはいけないカメラを紹介していきます!

▶︎iPhone
定番になりつつあります。
最近では高画質に撮影できるので低コストで始められます。

このあと紹介しますが、手振れをなくすためのジンバルを併用すると最強です。

編集と投稿も同じデバイスでできるのでこれ1台で完結できます。
まずは持っているスマホから始めてみては??


▶︎一眼レフ
Youtuberや映画業界でも使用者が多いです。
センサーが大きいのでボケ感が出て美しい映像が撮影できます。

レンズ交換式なのでレンズにお金がかかります。
あっという間に30-50万円は超えてしまうのでカメラだけで予算オーバーになる方も...

自撮りする場合は広角レンズの購入がおすすめですが、10万を超える価格帯になるのでレンズのラインナップを絞って検討してください。


▶︎高級コンデジ
コンデジは工事現場で作業員さんが記録用として使ってるイメージが個人的にあって抵抗がありました。

実は高級コンデジはセンサーが大きいのにコンパクトで邪魔にならないというメリットがあり、高性能と携帯性のバランスが良く、スマートフォンと一眼レフの中間に位置します。

10万前後で買えるのも魅力的です。

バリアングルモニター(背面モニターが前に向く)が付いていた方が
Vlogは撮影しやすいです。


▶︎アクションカメラ
小型で耐水で価格が安い。
スポーツなどのアクティブなシーンでとても活躍してくれます。
みなさんご存知のGoProはHero7より手振れ補正が強くなり最新モデルHero8ではVlog用の追加アクセサリーが充実しています。

屋内などの暗い場所では画質が悪いのが
デメリットです。


▶︎360度カメラ
僕も使っている360度カメラ。
名前の通り360度方向を全てを撮影してくれるので、後から編集で好きな部分だけ残したり、全ての映像を視聴者に見せることもできます。
このカメラでしか表現できない映像があるので人とは違う映像を求めてる方はおすすめです。

編集工程が増えるので面倒なのがデメリット。
6万円前後で買えます。


↓↓↓きんぱつさんぽが編集を開設した動画がこちら↓↓↓


▶︎シネマカメラ
BlackMagic Design社のPocket Cinema Cameraはその名の通りシネマカメラをポケットに収まるサイズで製品を作っています。

映像クリエイターがBMPCC4K / 6Kと言っているのはこれのことです。
映像フォーマットや色情報を豊富な状態で記録することが可能です。

  良いデータで記録できる反面、容量が莫大に使うのでPCの環境や記録するメディアに注意が必要です。


▶︎Drone
ドローンは飛行場所に気をつければ免許不要で操縦可能な空撮カメラです。

最近ではDJIがMavic Miniという199gの国内での重力をクリアしたドローンを発売してさらに気軽にドローンを飛ばすことができるようになりました。

上位モデルになると衝突を避けれらたり、電波やバッテリーの問題で墜落することは少なくなります。

カメラについては以上です。


マイク

VLOGをする上で会話や現地の自然音などを映像とともに伝えることも大事なことです。
カメラにはマイクが内蔵されていますので必須ではないですが、よりいい音で記録したい方はここにお金を投資してください。

Vlogをやってる方ほとんどがマイクどうしようって必ず言い出します。

▶︎iPhone用直付けマイク
マイクブランドでは知らない人はいないShureのMV88。
高音質で録音できるのはもちろん、専用アプリで指向性を変えられるので周辺の音を取り入れるのか声だけ録音できる状態にするのか調整できます。
プロミュージシャンも愛用してます。

充電端子が塞がれるので電池がないときに不便


▶︎アクセサリーシューマウント型
一眼レフなどのフラッシュなどを取り付ける上の部分(アクセサリーシュー)に取り付けるタイプのマイクです。
Rodeという会社が有名で価格も1万〜3万円で買えます。

いろんなメーカーが安いのを出しているのでYoutubeのレビューで調べてみると失敗しません。


▶︎ワイヤレス型
カメラの位置から離れて撮影する場合に指向性が高いマイクでも声を録音することが難しい環境があります。
そんなときにワイヤレス型をつかうと、話している人は大きな声を出すことなく話し続けることができます。
インタビュー映像などでも活躍してくれます。
RODE Wireless Goはかなり評判がよく、私も欲しいマイクです。

ワイヤレスなので値段が高いのがネックです。


▶︎ハンディレコーダー
コストを抑えつついろんな環境下で録音したい方はハンディーレコーダーがおすすめ。
映像編集のソフトウェアによっては映像で入ってる音声と別撮り音声でタイミングをマッチさせる機能があるので、データは別でも簡単に編集できます。
ZOOMのH1nはコスパ最強です。

編集ソフトに便利機能があるけれど、音声データとして別に保管されているのでデータは大きくなりがちです。


▶︎卓上型
USB接続やオーディオインターフェイスが必要な場合がありますが、家でチュートリアルやレビューなどをする際は本格的なマイクがおすすめ。

Blue Yeti NanoはUSB型で僕も最近手に入れました。(音がめちゃくちゃ最高)
ガチ勢はShureのSM7Bがおすすめ。(オーディオインターフェイス必須)

ゲームのライブ配信をやる方ほとんどが持っています。
Podcastが流行りそうなので要チェック!



グリップ

カメラを持って撮影する場合に安定性や、長時間の撮影を助けてくれるのが専用グリップです。


▶︎ハンディタイプ
携帯性が高いハンディタイプ。折りたためばグリップで開くとミニ3脚になります。
一つは持っておくとなにかと便利。

数百円の激安で買えるのもありますが、3脚が不安定だったり壊れやすいのもあります。


▶︎ゴリラポッド
ハンディと似てますが、こちらは足が特別な仕様です。
足をグニャグニャと曲げて柱に固定したり角度を変えたりとできます。
曲げられるのに安定性は抜群と素晴らしいクオリティなのでYoutuberにも人気です。

割とかさばるので鞄は大きめのを持っていた方が良いかも


▶︎スマートフォン用ジンバル
スマートフォンを持ちやすくして電子制御のスタビライザー機能で手振れを最小限に抑えることができます。
ただ、縦の振動には弱いので歩くときには歌舞伎役者のような歩き方(ジンバル歩き)をすると映画のような映像が撮影できます。
私もiPhone11Proをつけて愛用中!!

専用のアプリを使うとハイパーラプスなどの特殊な撮影も可能になります。


▶︎一眼レフ用ジンバル
こちらは一眼レフ用のジンバルです。
DJIがRONIN-Sを発売してから安価で買えるようになったので使ってる人が増えてきました。
もっと安いのだとミラーレス用ですがMOZAのAircrossなどがあります。

マウントする際にレンズによってバランスが取れなかったりバリアングル使えないなどデメリットもあります。


▶︎360度カメラ用自撮り棒
私の使っているinsta360 ONE Rというカメラは360度の撮影時にこの棒だけレタッチされたかのように映像内では見えなくなります。
テクノロジーってすごいなと感じます。

3mの棒を使うとドローン映像のようになって、ドローンが飛ばせない環境でもそれ風な映像が撮れます。


ライト

動画撮影で見落としがちな分野は照明です。
一眼レフなどはセンサーによって暗所でも明るく撮影できますがノイズが出てしまう場合があります。
自然光があればどのカメラでも最高の画質を出せますが屋内での撮影ではそうはいかないのが現実です。


▶︎コンパクト型
照明はどうしてもかさばるイメージをLumeCubeは解決してくれます。
家の照明よりも明るくしてくれたり専用のフィルターを使うと色温度の違う明るさで照らしてくれます。
Aputure AL-MCをきんぱつさんぽは愛用してます。
様々な色を出力できるので間接照明としても使えます。

コンパクトでハイパワーなゆえ、それなりに高いです。


▶︎自立スタンド型
VLOGのスタイルは色々とありますが、自宅で機材のレビューなどをしたりする方は正面から照らしてくれるライトがおすすめです。
下記のリンク先のライトは1万円以下でコスパが良いと言われている商品です。

場所を取るので狭い部屋の方や家族のいる方は覚悟が必要です。


最後に

長々とご覧いただきましてありがとうございます。

VLOGを始めるにあたりいろんな準備が必要になっていきます。
最初はiPhone1台から始めてもいいかもしれません。

大事なのは、今自分が限られた環境でどう表現するのか考えて行動することです。

最初からいい機材を買っても良い作品ができる人はいないと思います。
いろんなチャレンジをして失敗をして楽しみながらVLOGを作っていきましょう!

ぜひ私のやっているYoutubeチャンネルも参考にしてください。
ご視聴と面白ければぜひチャンネル登録お願いいたします!!


それではまた次の記事もお楽しみに!!


この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

noteでの記事は無料でみなさまに提供していこうと考えています。 もしサポートしたいと感じていただけたらとても嬉しいです。 Youtubeチャンネルの動画に興味あれば、ぜひチャンネル登録していただけると今後も頑張れます! 次の記事も楽しみにしていてください。

「スキ」ありがとうございます!興味あればフォローもお願いします!
5
iPhoneとinsta360 ONE R(360度カメラ)を使って日常をシネマティックに映像にしてます。Youtubeで公開しているVlogでは東京の街やコーヒーショップなどを紹介します。noteではvlog初心者の方への情報を書いていきますので、よろしくお願いいたします。

この記事が入っているマガジン

VLOG MAGAZINE
VLOG MAGAZINE
  • 4本

VLOGについての基礎知識を書いていきます。

コメント (4)
確かに、現在マイクどうしようと思っるところです。。
コメントありがとうございます!
僕はめっちゃ悩んだ結果、BlueのYeti Nano買いました。
Podcastもやりたいのでガチ感のあるほうがやる気も出るかなと思いまして笑
性能は完璧でとにかく見た目がお洒落です!
https://amzn.to/3b31vXy
これは確かにガチ感すごい。笑
僕はもっとライトにiphoneで環境音を綺麗に撮りたいので
https://www.amazon.co.jp/IK-Multimedia-iRig-モバイル用アナログ接続マイク-ポケットサイズ【国内正規品】/dp/B07Z6FKKF4/ref=pd_ybh_a_3?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=FC9AX0EWT4STR35GVAV1
これいいなと思ってます。
これYoutubeでdrikinさんが紹介してましたね!
Cast HDって16000円の方だったんですけど、安いのもあったんですね!
使い勝手良さそうです!もし買って動画撮ったら教えてください!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。